時代劇が語る、日本人の心

<桃太郎侍>
「許さんっ!」と言って激怒しておきながら、悪人の所に直行せず一度家に帰って着替えてくる、「冷静さ」

<水戸黄門>
「こらしめてやりなさい~そろそろいいでしょう」と、どつき回すだけどつき回してから最終兵器の印籠が登場する、「奥ゆかしさ」

<遠山の金さん>
「その遊び人の金さんを出してもらいやしょうか」「キンを出せキンを!」などど、高いところに上げておいて、桜吹雪で獄門に落とす、「背中押し」

毎週毎週お奉行の刺青を見ているのに、デーンと大見得を切るたびに一応、驚いてみせる、両側にいる書記の「心配り」

<必殺仕事人>
悪銭を大量に持っているにもかかわらず、先手を打って仕事人を金で買おうとしない、「倹約の精神」

<鬼平犯科帳>
なぜか夜の8時40分になると、ボスのところにゾロゾロ集まってきてお上の手を煩わせることなく一網打尽になる、「公共心」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR