もしコミケがテロに占拠されたら

つうかさ、某巨大同人誌即売会を舞台して「ダイハード」みたいな映画造れば面白いと思うが・・・・・・・
「沈黙のコミケ」とか。
テロリスト集団に占拠されたビックサイトを奪回するため、孤軍奮闘する男の姿を描くオタクサスペンスアクション。
あらゆる方面に無意味に詳しいのがワラワラいるから、そいつらの力を結集して悪のテロリストを倒すと。

「アイツ、すげーテロリスト集団相手に一人で戦っているぜ。助けなくていいのか??」

「でも、テロリストは武装しているんだぜ。俺らにできることなんて・・・・・」

「・・・・・・・・・」

そのとき、声優が○○タンの声で呼びかける!!
「あきらめないでお兄ちゃん!!皆の某巨大同人誌即売会を守って!!お兄ちゃんたちならできるよ!!」
一瞬の沈黙の後のざわめきが・・・・
「○○タンだ」「○○タンが!!」「○○タンが俺たちに!!」
ざわめきがどよめきに変わり
「○○タンの為なら!!!」「○○タンの頼みなら」「○○タンが助けを求めているのなら」
「俺たちは死ねる---------!!!!!!!」
そして、絶叫!!!!!!!
「○○タン萌えっ---------------!!!!!!!!!!!!」

一斉にテロリストに襲い掛かるオタクたち。無情にも無差別に発砲を始めるテロリスト。凶弾に倒れるオタクたち。
「おいっ、大丈夫か」「バカ野郎、俺なんかに構うな、○○タンを守るのが先だ!!!」
「しかし、その出血では・・・・・・」「死ぬわけないだろう、限定トレカをげっとするまで死ぬ訳ないだろうww」
「あぁ、そうだな。そうだよな。後で必ずスタッフを呼んでやるからな」「よし、行け 振り返るんじゃないぞ!!」

「なんだ、こいつらは。撃っても撃っても後から沸いてきやがる」
「銃弾が怖くないのか、死ぬのが怖くないのか」
カチッ
「た、弾がっ。こちらチャーリー、弾がなくなった。至急増援を頼む。うわー、くっ来るなーーーやめろ、その変なTシャツはやめろ」
「どうした、チャーリー。なにがあった、報告しろ」
「うわー、肉の壁が襲ってくる。やめろ、暑い、臭い、苦しい、たっ助けてくれ。隊長ーーーーー」プチッ

「なにが起きているんだ。ハッ、無線が回復した。おい、何があったか報告しろ!!」
「次はお前の番だお。○○タンをいじめる奴はゆるさないお。VIPPERをなめるなお」
「なっ、なんだと」
「今からブッ殺しに行くぜ、小便すませたか?神様にお祈りは?部屋のスミでガタガタふるえて命ごいをする心の準備はOK?まぁ、自殺する時間はあるかもしれないから死ねば?オススメ」ブチッ

「一体、なにが起きたんだ・・・・・ なっなんだこの振動は・・・・」
その時、隊長が見たのは決して走ってはないが(走る事は禁止されている為)限りなく駆け足に近い最大戦速で襲い掛かるオタクたち。
「こっこれは、伝説の開幕ダッシュ。あれに巻き込まれたら、ひとたまりもないぞ」
発砲するが、しかし銃弾に倒れたオタクを踏み潰しながらも、ダッシュをやめないオタクたち。
「なっ、なんだ、これはなんの悪夢だ。俺はどこで判断を間違えたんだ。うっうわーーーーー」
「お前の敗因は唯一つ、○○タンをいじめたことだ、味方にすると頼りないが、敵に廻すと鬱陶しい。それがオタだ」
「○○タン、お兄ちゃんたちは、がんばったお」

かくして有明の平和は守られると。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR