隣人のイギリス人が玄関前で円を描いて回っていた

ある夏の日、隣人のイギリス人が玄関前で円を描いて回っていた。
なにをしているのか尋ねると、コワイコワイと震えながら言う。

とりあえず親から届いた野菜を分けてやるから待ってろと伝え、汗が気持ち悪かったのでシャワーを浴びてから部屋を出ると、イギリス人はまだ玄関前でグルグル回っていた。
とりあえず話を聞いたところ「オバケ!ゴースト出タヨ!」とのこと。

なんでも部屋でくつろいでいると、床の間に幼女が座っていたらしい。
知らんがなと思いつつ、蚊にたかられ始めたので部屋にあげてやった。
ついでに自分だけ、イギリス人の部屋に凸したが幼女には出会えず。

「なんもおらんがな」「オッタガナ」のやりとりの後、埒があかないのと、蚊に刺されたところが痒くてイライラしたので、家にあった愛宕山の火事除けお札と野菜を渡して追い返した。

「これは愛宕山の霊験あらかたなお札である。選ばれし者しか手に出来ない貴重なものだが、あんたは友達だから貸してやる。ついでにこの野菜はムノーヤクであるから、神への捧げ物に最適だ」
と適当に言ったら、「oh!あなた親切ネ!日本人ダイスキ!」と喜んで帰って行った。

次の日、目の下に隈をつけたイギリス人が
「オフダ、凄カタヨー。コレ、オスソワケ」とお礼を言いに来た。
貰った料理はまずかったので、イエスに捧げてから捨てたと見せかけて食べた。
お腹壊した。
なんだあの筑前煮。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR