津波いろはかるた 昭和32年12月作

昔のマニュアル

■津波いろはかるた 昭和32年12月作

(い) 一度逃げたら二時間お待ち

(ろ) 老人子供の避難を先に 

(は) 初めて安心警戒解除

(に) 逃げ口必ずふだんに用意

(ほ) 防波堤で一村安心     

(へ) 下手な思案より先ず退避 

(と) 遠い地震でも油断はするな

(ち) 地震の後は津波の警戒  

(り) 流言ひ語に惑わされるな  

(ぬ) 盗人よりも暴れる津波  

(る) 留守と津波に心の鍵を  

(を) 終わりにしよう津波の災害 

(わ) 忘れるな津波の大きな被害 

(か) 各戸に備えよ懐中電灯  

(よ) よしましょう,ためらい,あわて,よくばり

(た) 高い所に津波なし    

(れ) 例年手入よ防潮林   

(そ) そろって避難終わって点呼 

(つ) 常に備えよ非常袋    

(ね) 眠る夜半にも津波来る  

(な) なんにもならない迷信すてよ 

(ら) ラジオで知らせる津波警報 

(む) 無理して怪我すな大事な体 

(う) 海を背に近道にげよあわてずに 

(ゐ) ゐろりの火も消せ地震の避難

(の) 延ばすな津波の防災対策

(お) 沖の船舶避難は沖へ

(く) 苦しい経験記念碑に

(や) 薬品,食料非常袋に

(ま) 毎年つづけよ津波の訓練

(け) 警報文は「ツナミオソレ」「ヨワイツナミ」「オオツナミ」

(ふ) V状湾奥最大の津波

(こ) 子供の時から津波の教育

(え) 映画も津波の啓蒙宣伝

(て) 天災は今すぐにでもやってくる

(あ) 上げ潮にまさる引き潮の威力

(さ) 三陸海岸津波の本場

(き) 近所の人を誘って避難

(ゆ) ゆらゆら地震津波の警戒

(め) 滅多に起こらぬ津波を忘れず

(み) 見張人たて海の警戒

(し) 震災よりも火災を防げ

(ゑ) 演習通りに津波の退避

(ひ) 避難道路は低地を避けよ

(も) も少しと思う心がけがのもと

(せ) 正式の発表以外は信ぜずいわず

(す) す早く避難定めたところへ

(ん) 運より準備
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR