震災発生当時、自動車の路上教習中だった

震災発生当時、自動車の路上教習中だった。
サスペンションが効いてるせいか結構マイルドな揺れで
「うはww結構でかい地震っすねww」
とか教官と談笑してたら、目の前の塀が轟音を立てながら崩落。
俺も教官も黙り込んだ。

その後、塀や納屋が道路に崩れ落ちて進路妨害しまくりの、信号機も全部停電で機能してない中を
「うーん、、向こうが優先道路だから気をつけて出てね」
「あれが予告信号だよ、消えてるけど」
「あー、地割れかな?結構大きいよね、習ったとおりよけて」
「この交差点障害物増えてるね。気をつけてね、それからクラッチはもっと丁寧につないで」
「そういえばうちのカミさんがさ、肉じゃがは豚肉だって言い張るんだけど…」
と、この状況下でごく平然と教習続行するのに衝撃受けた。

教習所帰ったら教習所自体が大破してた。
「あれー、やっぱり相当大きかったみたいだね」
って悠然としすぎだろ教官。

結局復旧の目処が立たずに転校するはめになった。
まあでも、緊急時の実践的運転なんて体験しがたいことを練習させてもらったし、これはこれで貴重な体験かも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR