無職歴2年を採用したおかげであんなことになるとは

僕「前職やめて2年間空白がありますが…」

イケメン「お恥ずかしい話ですが体調を崩していましてなんたらかんたら」

僕「ふむ。それでは最後に何か自己PRをお願いします」

イケメン「はい。履歴書に書いてある通り、私はたいした経歴も資格もありません。ハローワークを通しての求人なので、お言葉ですが『変な人材がくるかも』という偏見もあるでしょう。ですので私は真摯に仕事をすることで約束いたします」

僕「なるほど、はいありがとうございました」

人事「だれとる?」

僕「イケメンをとろう」

こうして、新しくイケメン(無職歴2年)が加わった。
まさかこのイケメンのお陰であんなことになるとは、この時はまだ知る由もなかったのだ。

僕「お、イケメンくん早いね」

イケメン「はい!」

僕「……何してるの?」

イケメン「就業まで時間あるんで(30分くらい)ちょっと掃除してきます」

僕「ふむ」

イケメンくんは何故か外に出て、道端におちてるゴミを拾い始めた
とりあえず僕もそれに倣うことをしてゴミ拾いをはじめた。
気がつくと社内でゴミ拾いブームになった。

マスコミにとりあげられた 。

僕「うーん、広告と売上を、ねぇ」

イケメン「……先月、アプリ作ったじゃないですか。サービスアプリ」

僕「うん」

イケメン「アレ実際に自分も使ってみたんですけど(ピー)を(ピー)した方が目に見えて結果でるんじゃないですか?」

僕「……なるほど一理ある。」

詳しいことは言えないが、イケメンくんのこの提案は確かなものだった。
しかし問題が一つある。プログラミングに詳しい人がいないのだ。あれは外注だった。

イケメン「あ、自分あの程度なら余裕っすよ」

こうして、イケメンくんが改良を重ね、売り上げが改良前と後で18倍になり、驚くことに1月で1年分の稼ぎをしてしまうほどになってしまった。

これがきっかけで社内の人数は倍になった。
といっても、もとは20人しかいなかったのだが。

社長「新しく事業をはじめる。時代は野菜じゃー!!!!」

僕「ははー!」

イケメン「はーい」

取引先のつてで農地を紹介してもらった。
しかし、ここは猪が出没する事で有名だった。

僕「猪でるらしいよ」

イケメン「本当ですか?それってどうするんですか?」

僕「うーん、駆除するのにもお金かかるしなぁ」

イケメン「……(猪を)殺したら好きにしていいですか?」

僕「うん……あ、そういえば」

イケメン「はい。無職の期間は銃を返上していましたけど。今は手元にありますよ」

イケメン「もし出来たら、なんですけど。食肉加工の業者とかそういうのと連携してなんたらかんたら」

社長「なるほどおもしろい。やってみぃ」

そう、イケメンくんは猟銃を免許をもっていたのだ。
イケメンくんは地元の猟友会と連携をとり、あたらしく事業をおこすことになった。
ちなみに野菜はそれに伴い一応やっているが、今では野菜よりジビエのがメインなレベルである。

今年で創業して10年。
しかしイケメンが入社したのは07年。彼が入社してから売り上げは40倍になっている。
間違いなくこのイケメンが入社してから会社の流れはかわった。

僕はおもう。無職でも優秀な奴はいる、と。
そしてこのイケメンの才覚を見抜いた僕こそが真に優秀なのだ、と。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR