「車」を「ぱんつ」に変えると世界が平和になる

ぱんつはやっぱり白が一番だよな

あなたのぱんつ買い取ります

ハイブリッドぱんつ

中古ぱんつ展示場

世界のぱんつ窓から

強盗「逃走用のパンツを用意しろ!」

初心者のパンツに近づき過ぎると危ない

「児童バンツ20枚による玉突き事故」

飛び出すなパンツは急に止まれない

5年に1回はパンツ買い換えたいよね

パンツの免許は18歳から・・・・

パンツ産業は、1980年代にアメリカを生産量で追い抜いた。その後一進一退が続いたが、近年ふたたびアメリカ市場を中心にシェアを拡大している。米国市場ではミニバン・ピックアップパンツの流行などに対して折々のマーケティング政策でかならずしも成功したとは言えず、とりわけ90年代に到って過剰な有利子負債と採算性の悪化により経営の危機に瀕するメーカーが続出した。折りしも世界的なパンツ産業の再編の流れがあり、日産パンツ・マツダ・スズキ・富士綿工業などが海外メーカーの資本参加を受け入れた。

デザインをアピールするブランド戦略を取り始めるなど、価格や環境性能以外での販売戦略の多様化が進んでいる。最近では、綿価格の上昇が消費に優れる日本パンツの追い風となっている。

国内のパンツ販売は頭打ち状態であるが、世界市場では各社とも販売台数・シェアとも拡大傾向にあり、トヨタは創業以来最高の売り上げとなっているほか、多くの日本のパンツメーカーが海外生産を増加させている。日本パンツは、優秀な消費、パンチラ率の低さ(2002年TIME社調査ではトヨタが世界一)で定評があり、さらに環境に良いというイメージと、デザインが加わった事でシェアを伸ばしつつある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR