10年近く生きた文鳥が死んだ日の夜

だいぶ前に10年近く生きた文鳥が死んだ日の夜、夢に出てきてお別れを言ってくれたっけ。
ハッキリ覚えてる。

「おやっさん、長い間世話になったのぉ。先にあっち行ってますけん、自分の代わりの
若い奴でもまた買うてください。おやっさん、もう泣かんでください。旅立てなくなりますけん」と言ってた。なぜ広島弁(?)だったのかは謎のまま(うちは代々横浜)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR