ナントカに刃物ならぬ…

大学一年生の時の修羅場。
当時弓道部に入っていて、部の先輩と付き合ったが別れた。
でも二人とも部活は普通に出ていて、でも会話しない状態だった。

んで、当然だが、弓道って
矢を発射→それを誰かが回収しないといけないのね。たいてい下っ端の仕事。
回収するときは、手をパンパン!と頭上で鳴らし、「入ります!!(的の前に)」という合図をし、先輩方が弓を下ろしているのを確認して回収作業をする。

私もその合図をし、的やら土やらにぶっ刺さった矢を抜いていたら、自分が回収中の隣の的(無人)に矢がバシッッッ!!って刺さった。
は?えっ?はぁ?状態。状況飲み込めず。
道場の方に目をやると、元彼が取り押さえられ、なんやら大騒ぎになっていた。


なんでも
私(=1年生)が元彼(=先輩)振る→そのうち戻ってくるさ→戻らない→許せない→ぬっ殺す
という思考回路だったらしい。

普通は矢を番えてから射るまでに数十秒かかるし、それでも下手な人ははずしまくる。
しかしその先輩はメチャメチャ上手くて、さらに重い弓(力は要るけど真っ直ぐ飛ぶ)を愛用していた。
後から聞いた話だと、すごいスピードで矢を番え、膝立ちの姿勢で戦国武将よろしく射ったそうだ。
それで的の方向にちゃんと飛ぶとか・・・。
死ぬかと思った。

先輩は退学、警察沙汰になり私・その他部員も色々聞かれ(私が浮気したと向こうは証言したらしいが濡れ衣だコノヤロー)、めでたく塀の中。
3ケタ万円の慰謝料を先輩の両親から頂いた。

死ななくてよかった。夏を目前にすると思い出す修羅場でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR