車中泊

車中泊が好きで、あちこち回ってる。
最大のメリットは、宿泊場所を選ばないこととすぐに移動できること。
できればSAや道の駅を利用することにしているが、その日は、ちょっと暑かったんだ。

平地では寝苦しくなることが予想されたので、一夜の宿を求めて山へ向かった。
標高の高いところならば比較的涼しいかなって、これは経験から。
とはいえ、人家がまるでないような山中はさすがに怖い。
20kmぐらい登ったかな?小さな集落のはずれに、公園のようなものがあった。
街灯がないため、はっきりとは分からないが、数台分の駐車スペースがある。
たぶん公園だろう。
人家の灯りが見えるのは心強い。ここを宿に決めた。

シートを倒し、カーテンを取り付け、マットを引いたら出来上がり。
暑いのでタオルケットを被り、スマホ眺めながら横になった。
長時間運転していたので、すぐに眠くなる。

何時ごろだろうか、小さな物音で目がさめた。
ガサガサというかゴソゴソというか、車の周辺に気配がするんだ。
カーテン越しにぼんやり映ってた人家の灯りは消えている。
車が通る音も聞こえない。
カエルや虫の声はかすかに聞こえるが、それらとは異質の気配だ。

警官の職質だろうか?それとも近所の人が不審に思ったのか?
そういうケースなら懐中電灯でこちらを照らそうとするものだ。
起き上がって怪しい者ではないことを説明しなければならない。

だが、灯りはまったくない。真っ暗だ。
ガサガサ、やっぱり音がする。
地面を這ってるような、車を撫でているような、そんな音。
それだけではない。「ぅぅぅ」といううめき声みたいな声が小さく聞こえる。
おれはパニック状態に陥った。

まんじりともせず体を固くして、眼だけはカーテンのほうを見ていた。
するとカーテンが揺れた。風かな?風が入るように少しだけすべての窓を開けている。
だけど、風になびくのとは明らかに違う。
風なら全体がなびくのに、上部だけが盛り上がるようにして揺れている。
しかも、左側だけでなく右側も、同じように揺れ出した。
違う、これは揺れているんじゃない。
空いてる窓の隙間から、誰かが何か(棒?指?)を差し込んで突いているのだ。

限界だった。叱られても構わない。110番しよう。
スマホの灯りでパッと周辺が明るくなった。
すると、音がピタッとやんだ。カーテンの揺れも徐々に収まった。
え?なに?なんだよ!気配は完全にやんだ。
カエルと虫の合唱だけがのどかに響く。

おれは勇気をふりしぼって運転席へ移動し(運転席は倒していない)、エンジンをかけ、パワーウィンドウですべての窓を閉じた。

異常はないが、もはや暑さどころじゃない。
よし!逃げろ!ヘッドライトをつけてから、バックシートにもどりすべてのカーテンを引っぺがす。
何もない!ないことにしよう!絶対なにもない!

再度運転席に戻る。駐車場を飛び出すと、少しだけ落ち着く。
しばらく山道を下ると、コンビニが見えてきた。
とにかく人に会いたかった。おれは迷わずコンビニに飛び込む。

「いらっしゃいませ!」元気な声がする。
涙がでるほど嬉しい。だが、店内に入るなり泣き出す男がいたら不審者だ。
おれはできるだけ平静を装った。
しばらく店内を回ったらようやく気分が落ち着いてくる。

カプチーノとビール(もう帰る!帰ってから飲む!飲まなきゃ眠れない!)とつまみを買った。
勘定を払いながら、店員に聞いてみる。

「この先の公園、もしかして、昔、何かあったの?」
「はぁ?」きょとんとしている。
「2~3キロ先で、分かれ道を左に曲がったすぐ先」
「・・・ああ」納得している様子だ。
「○○円のお返しです。えっと、あそこは公園じゃないです。」
「え?」今度はおれがきょとんとなった。
「慰霊碑です。10年ぐらい前の大雨で、土砂崩れが起きて、あの辺りの家が何件が埋まったんです。」

おれは無言で商品を受け取ると店を出た。
「あ・・・」つい声が出る。降りるときには気がつかなかった。
店の灯りに照らされた愛車を眺めると、ボディも窓も、うっすらと泥で汚れていて、いたるところに泥の手形がついていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR