シンクロ

昔昔、あるところにおじいさんとおばあさんがいました
二人は幸せに暮らしていましたが、ただ、ひとつ、子宝に恵まれませんでした。

ある日。

おじいさんは山へ芝刈りに
おばあさんは川へ洗濯に行きました

おばあさんが川で洗濯をしていると
おじいさんが山で芝を刈っていると

なんと川の上流の方から
なんと森の奥の方にある

大きな桃がどんぶらこー どんぶらこー
竹の一節が、金色にぴかぴか ぴかぴか

流れてくるではありませんか
光っているではありませんか

おばあさんは桃を捕まえ
おじいさんは竹に近づき

スパッと中を割ってみると

桃の中からかわいい男の子が
竹の中からかわいらしい女の子が

子宝に恵まれなかった二人は大喜び

おばあさんが急いで家に帰ってみると
おじいさんが家に帰りしばらくすると

おじいさんはすでに家に帰っていました
おばあさんが帰ってきました

おばあさんは桃から出てきた男の子を見せて
おじいさんは竹から出てきた女の子を見せながら

「あなた!それはどこの泥棒猫のガキよ!!」
「おまえ!それはどこの馬の骨のガキだ!!」

おばあさんはナタでおじいさんを真っ二つにしたそうな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR