ベランダの物干し竿に乗ったカラス

怖いかどうかわからんが少し不思議な話

カラスのこと。
俺は以前癌告知を受けたことがあった。
医師からまず癌であることがわかり、その後また一週間調査した上でどんな癌なのか詳しいことがわかるという話だった。
自分で調べたところ自分の癌は重く、絶望的な気持ちでその一週間を過ごしていた。

その一週間のこと。
俺の部屋に沿ってあるベランダにカラスが来ていた。今まで全く来たこともなかったカラスが、ベランダにおいてある物干し竿の上に乗ってこちらを向いて朝に必ず鳴く。

そのカラスを見ながら思い出したのは友人の話だった。
父親が病に伏せ、家族親戚がみんなで看病したが結局死んでしまったときのこと。
看病している本人たちは気づかなかったが、近所の人の話だと、父親が死ぬ前の数日間その家に物凄い量のカラスが止まっていたとのことだった。

自分もその父親のように死ぬのかもしれないと、死ぬ人間の気配をカラスに察知されたのかと思い、一週間そのカラスを少し空恐ろしいような気持ちで見続けていた。

そして一週間後に詳細を聞く。結果は手術をすることで治療することができるものであったことが判明した。
今までの緊張がとけ、全てが上手くいくような楽観的な気持ちになって家に帰った。
その翌日からカラスは来なくなった。

カラスは死ぬ人に来るというが、死ぬ人というより、生きることに絶望した人間の陰気みたいなものを関知する能力があるのではと何となく思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR