衝撃の事実

父がシンガポールへ単身赴任して三年振りに家に帰って来たその日の夕食時の事。
母が父に子供が出来たから離婚して欲しいと何の感情もこもってない平板な声で言った。
父も私も絶句。
その時母は39歳で私は中学3年で、中学1年の弟がいた。
父は変な笑いを浮かべながら「相手は?」って聞くと
「僕・・・」と弟がぼそっと。

父は( ゚д゚)ポカーン
私はもっと( ゚д゚)ポカーン

母の話だと弟の中学受験の際にそういう関係になったらしい。
私は呆気にというか呆れ果てて母と弟を見てたが父はなぜかホッとしたかのように落ち着き払って
「堕せばいい」と母に言った。
途端に母が「中絶なんて絶対嫌。この子が最後の子になるかもしれない」と。

私はやっと喋れるようになって
「自分の息子の子供産むなんて正気じゃない!」抑えて喋ったつもりだったけどほとんど絶叫してた。
母は平然と「大事な息子の子供が産めるなんて幸せな事よ」
私はまたまた絶句。
父はジーッと弟を見てたが「おまえもう父親になる気か?」などと訳のわからん諭し方。
弟は俯いたまま「お父さんが日本に居るならお父さんの子供として育てて欲しい」
私は(゚Д゚)ハァ? (゚Д゚)ハァ? (゚Д゚)ハァ?
すると母が「うん、お父さんがそうしてくれると離婚しなくても済むね」
父「分かった」

四年前の話です。
私は大学入学と同時に家を出て自活してます。
今実家には高校生の弟と3歳の弟(甥?)が居ます('A`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR