カナブンとお姉さん

昨日、横断歩道で信号待ちをしていたとき、前にスーツ姿のお姉さんが立っていた。
後ろ襟に何か丸いアクセサリーのようなものをつけている。
よく見るとカナブンだった。

カナブン、モソモソと上り始め髪をアップにしたお姉さんのうなじに触る。
くすぐったかったのか、手を後ろ首に伸ばしたところで指先がカナブンに触れ、お姉さんの動きが止まる。
お姉さん、騒ぐこともなく冷静にカナブンの位置を探り、そっと摘み取る。
周りを見渡し、近くにあった植え込みの上にカナブンを落とそうとする。

が、勢いよく手を振りおろしてもカナブンが指からはなれない。
再度振る。まだカナブンは落ちない。
もう一回振る。カナブンがっちり。
カナブンがしがみついた人差し指をじっと見て、途方にくれる。
そのまま数秒、カナブンが自分で飛んでいくまでじっと待っていた。

カナブンごときに気を使う冷静なお姉さんに、思わず告白しそうになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR