泣けた修羅場

昨日はカーチャンの誕生日だったので、日頃の感謝の気持ちを…と思いメールした。
『いつもありがとう。一人暮らし始めて、カーチャンのありがたみに気付きました
ダメ息子でゴメンナサイ、これからもずっとトーチャンと仲良くしてください』的なことを。

送信した2時間後、両親が血相変えて自分の住むアパートに乗り込んできた。
話を聞くと、どうやらカーチャンは、社会人一年目の自分が
「仕事疲れるわー残業ばっかだしー」と愚痴っていたこともあり、セルフあぼんしたのではないか、さっきのメールは遺書だったのではないかと思い込み慌てて自分家に向かったそうだ。

わざわざ来なくても電話でもなんでもすりゃいいじゃねえかと言うと、かけたけど出なかったと、そういやメールしてすぐ手ぶらでコンビニ行ってそのままだった。

その後両親にフルボッコにされカーチャンに泣かれとんでもないことになった。
メールの最初に『誕生日おめでとう』と入れ忘れたのが最大の原因だったと今になって思う。
自分がマヌケだったせいでカーチャンにとっての(たぶん)修羅場を作ってしまった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR