こうして初恋のバイクは蘇った

初めてのバイクを買った頃の憧れたバイク。

とある場所に錆び錆びでボロボロになって放置されていたんよ。
もう何年も放置されていて、タイヤもカチカチ。
チェーンも錆び錆び。
メーターの走行距離は奇跡的な低走行で止まったまま、土に帰ろうとしているところだった。

オーナーを探し出して頼み込んで、少ない小遣いから少なくない金を出して引き取ってきました。
プレミアがついてるだのなんだの吹っかけられたけど、少しだけ値切って引き取ってきました。

妻には「ゴミ買ってきてどうするの!!」と叱られ、仲間内では「目利きできてねぇww」と笑われたたけど。

たしかにチェーンはタルタル、スプロケもツンツンでタイヤもツンツル。
大事に扱われてなかったのは誰が見ても明確だものね。

惚れてる弱みかもしれないが

「こいつ、まだ走りたがってる」

って見た瞬間思ったよ。

思いが叶わなかった初恋の人がボロボロになってるのを見たような心境。
しかも悪い男に捕らえられてるなら、なんとかしたくなるじゃないか。

錆を落として、部品をかき集めて、睡眠時間削って、エンジンの中まで磨いて整備する事3ヶ月。
もう誰も、10年屋外放置されてたバイクとは気がつかないだろう。

こうして初恋のバイクは蘇った。

歳相応にくたびれてはいるけど、思ったよりよく走る。
片思いの時の想像を遥かに超えた走りだった。
惚れていて良かった。

プレミアとか、稀少車だとか、旧車だとか、世間の評価はどうでもいい。
毎日、雪でも雨でも通勤に乗ってるし、休日は泥まみれにしている。

ビカビカでガレージの飾り物より、泥にまみれて走ってる方が何倍も美しいと思う。
プレミアに囚われて腐らせるより、過走行で事切れさせたい。

乗りっぱなしで少し乗って飽きた前のオーナーとの日々と放置された10年を思うと、少し泣けてくるのは俺だけで良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR