林間学校の思い出

小学6年の林間学校で、当時好きな男の子がアユのファンだったので、自由時間にアユの真似して女豹のポーズをしてみた。
かなり地味な存在だったので隅っこの方で一人おとなしく。
「○○君、気付いてくれるかな」と心の中で呟きながら。

そんな私に気付いてくれたのが、同じ地味グループの自称霊感少女Aだった。
彼女は「〇子ちゃんが悪い霊に取り憑かれる!」と叫び、注目された私は身動きが取れなくなった。

「これは狐だ!」「出ていけ!出ていけ!」と背中をバンバン叩かれ
痛さのあまり「ぐえっ!」と声を出す私。
「悪霊が苦しがってる!もう少しだ!」と盛り上がるA。
「〇子ちゃん!しっかり!」と泣き出す地味グループの他のメンバー。
ドン引きするクラスメイト。

騒ぎを聞きつけた先生に怒られ、私が泣きながら正座している時、大好きな○○君はリア充女子と仲良く自由時間を満喫していた。
それ以来、アユを見ると肋骨が痛い。
そんな日々もあったねと笑える日はまだ来ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR