向かいの借家に引っ越してきたオジサン

通りを挟んだ向かいの借家。
早朝、最近引っ越してきたオジサン(40才位)は、フィアット500に乗ってる。
あっ、ルパンがカリ城で乗ってた奴じゃなくて最近の車ね。
四国(愛媛)から短期で転勤してきたとか母が話していたけれど。
朝練で6時に起きて新聞取り頼まれて家の門まで行くと、オジサンが、車の屋根に居座ってる 野良(最近よく見る)に話しかけてた。

オジサン「なぁ、頼みますよ~、そこ退いてくださいよ~」

野良「ナ~~~」

オジサン「いや、もう本当に解ってますからお願いしますよ~」

野良「ナァ~~~」

オジサン「だから、浮気しませんて、アナタだけですから」

オジサン「今夜は速く帰ってきてお土産に高いの買わせて頂きますから、ホントお願いします。仕事いかせて下さい、頼みます拝みます昨夜のことは誤ります、このとおり」

野良「ナァ~~~~~ペロペロ(オジサンの指舐めてる)」

オジサン「あぁぁぁ、ありがとう」

オジサン「僕もお酒は嫌いなんですよ、だけどこの顔だと飲めないと舐められるから仕方ないんです、迷惑掛けてごめんね」

野良「ナァ~~~~~ペロペロ(オジサンの指舐めてる)」

野良が車の屋根からヒョイと飛び降りるとオジサンは車に乗った。
その瞬間、私と目と目があった。

顔にゴツイ傷があり、ものスンゴイ厳い顔と身体したオジサンが車の中で顔真っ赤にして、エンジン掛けるとタイヤ鳴らして出ていった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR