パセリ畑

祖父母が昔、大好きな信州に移り住んだんだけど、最初のお家の前がパセリ畑だった。

畑所有してるおじちゃんが良い方で、泊まりがけで遊びに行った帰りに持ってきなよ!って80リットルのゴミ袋満タンでパセリ5袋頂いたのは衝撃的でした。

しばらく味噌汁とかパセリだらけだった・・・。
(´・ω・`)
スポンサーサイト

結婚10周年パーティー

職場の上司の修羅場。
フェイク入れたので矛盾してるとこはスルーで。

上司のA氏は結婚して子供がいる。

ある日、友人から
「■月▲日に○○夫婦の結婚10周年パーティーがあるので絶対に参加するように」とのお達しが。
A氏も是非ともと思っていた矢先、急に周囲の友人たちがバタバタし始め、だんだん付き合いが悪くなり、「なんなんだ?」と思っていた。
それに加えて、A氏の奥様もやたらと外出が多くなったりしていた。

そんなある日、友人から
「パーティーの出し物で某アイドルのダンスをしよう!」
と提案されてA氏も練習に参加。
しかし、「あとは個人で練習で」ってのが多く、「きちんと全体で練習しないと○○夫婦に失礼では?」と思っていたようだ。

そしてついにやって来た■月▲日の「パーティー」当日。
会場入ろうとしたA氏は何故か別室に案内されそこで待たされた。

で、友人に促されて会場の扉を開くと、眩しすぎるスポットライトと共に盛大な拍手。そして「今日の主役です!」とのアナウンス。
会場を見ると明らかに○○夫婦とは面識すらない友人・知人。
そしてA氏とA氏奥様のご両親。
そして高砂席には○○夫婦ではなくウエディングドレスを着たA氏奥様。

そう、これは○○夫婦の結婚記念パーティーではなく、A氏夫婦の披露宴だった。

元旦那の不倫で離婚した奥様のお子さんに
「俺が君のパパになってやる!」
と言って結婚したものの挙式、披露宴をやらなかったA氏夫婦。

そこで友人、知人、奥様、奥様友人、双方ご両親達が結託してサプライズで披露宴を開いたとのこと。
つまり、知らなかったのはA氏だけ。

「個人練習」のはずだった某アイドルのダンスも実は友人達が綿密に練習していたようで完璧な踊りっぷりだったそう。

「やられた~」
と笑いながらA氏は披露宴を行い、現在幸せな家庭を築いている。

電車の中で

すみません。
私的には衝撃だったんですけど、先程電車に乗り席が空いてたので座ると向かいに座っている男性が袋に手を入れて何か食べていました。
蒸しパンか何かの様で一口食べるごとに指先に付いた食べ物を歯で取るというちょっと見てて気持ち悪い食べ方だったので、違う席に移ろうと立ったら食べ物が入っている袋が見えて「うどん」て書いてあったんです!
生まれて初めて電車の中でうどん玉食べてる人を見ました。

金持ちでセンスの良いイケメン

会社の同期で、とても残念な奴がいる。黙ってると「金持ちでセンスの良いイケメン」なんだけど、喋ったら馬鹿さ加減がハンパない!そういう訳で仕事の方も推して知るべし、という感じ。実際すごい金持ちな家らしいけど、それをひけらかすことしないから周りも自分も嫌ってはいなかった。

んで昨日の休日出勤の時、同期がデカい新車で会社に来てた。どうしたんだコレ?と聞いたら 「〇ちゃんがこの車好きで乗ってみたい、って聞いたから」親に買ってもらったらしい。
ちなみに〇ちゃんとは、自分らの後輩ですごく良い子。まさか狙ってたのか?と思ったんだが、その場はスルーして行こうとした時、〇ちゃんも出てきた。
「あ!ハチロクだー!」
「いいでしょう!俺のだけど、乗ってみない?」
「・・・え、いいんですか?」
同期の誘いかけに戸惑いつつ、そそられてる感じの〇ちゃん。
「〇ちゃんみたいなかわいい子なら大歓迎!どうぞ!どうぞ!」

じゃ、ちょっとだけという〇ちゃん。迷わず 運 転 席 に乗った。
乗り心地やら前面のパネル部分やら色々確認した後、満足げに降りてきた〇ちゃんは、丁寧に頭を下げて同期にお礼を言った。「やっぱり同期さん位体格良くないと、この車厳しいですね!」とも言ってた。職業体験の中学生と間違えられたこともある位ちっちゃいからな。
ここまで、自分達はただ立ち尽くしたまんまだった。放心してる同期をなんとか慰めて、二人ともそのまま帰宅。明日から〇ちゃんを見る目が変わりそうな予感。

後日談ってほどじゃないけど、報告。ランチの時に〇ちゃんと話す機会があったから、さりげなく色々聞いてみた。
「好きな人があれで迎えに来てくれたら嬉しいけど、あの車に乗ってるからって、恋人候補になる訳じゃないですよ?」・・・うん、まぁそうだよね。ちなみに同期のことは「愛車の運転席に快く乗せてくれた良い人」だと。
どうやら、かなりガチで車好きみたいで「整備士になりたくて、専門学校を受験したけど落ちた」から、うちの会社(自動車関係)に就職したそうだ。「ATとCVTの違い」をすごい分かりやすく教えてくれた。
人間、見た目じゃわからないって言葉を実感したよ。

トンガリ

ミジンコは敵に襲われると身を守るために頭を尖らすが、特に効果もないうえ尖らせるのに半日かかる

プッチンプリン

さっき旦那が風呂に入ってる隙にプッチンプリン食べようとして、ふと出来心で口に直接プッチンしたら喉に詰まった。
窒息して悶えてる音を聞きつけた旦那が風呂から飛び出してきて、すぐに吐き出させてくれたので助かった。
まさかプリンが喉に詰まるとは思わなかった。
三十路にもなって馬鹿なことはやめてくれと、しこたま怒られた。

じいちゃんが倒れてた

小学生のとき、帰ってきたらじいちゃんが呻きながら倒れてたことがある。親は共働きだったからいなくて、ばあちゃんも友達とでかけてた。
親に連絡するということも、パニックで抜けちゃって泣きながらじいちゃんにどうするか聞いて、一緒に救急車に乗った時が修羅場だった。
ちなみに原因は、家に一人っていう状況にテンション上がって、急にマツケンサンバを踊りたくなって、やったら、腰いわしてしまったらしい。正月に帰省してじいちゃん本人から真実を聞いたので、書き込もうと思いました。自分で書いてて嘘臭いと思うけど、本当にあった話です。

押し売り詐欺

昔、小売業に勤めてた。

ある日、店で一人で店番(小さな店、同僚は昼休憩で不在)中、見たことない中年の男性のお客さんが入ってきた。

おじさん「おまえのとこの社長に昨日飲み屋で頼まれて一晩かけて書いたんだ!一枚三千円!」

よく町中に貼ってある、金属の板にペンキで書いた近隣の家の名前とか書いてある看板見せられた。

おじさん「地域活性のために役立てたいってな!三千円!」
自分「あー、すみませんけどそれはないです」
おじさん「なんでだよ!店の名前を特に大きく書いてくれっていうから書いたんだぞ!」

自分「いや、明日この店閉店するので、ありえません」

おじさん「」

10日前にいきなり普段顔見せない社長がいきなり来て「こんな売れない地域で店やってもしょうがないから潰しちゃおう♪」って言って、いきなり閉店が決まって。
「閉店セールとかで安くなった時だけワーッと買いにくるお客をみるのが嫌だ」って閉店のお知らせもしなかったんだよね・・・。

おじさん、あれ?隣の店だったかな?とか慌てて逃げていったが初めてどうしようもないタイミングで詐欺師を見た修羅場(なのか?)。

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年(昭和63年)3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートに会社員(当時31歳)の男性が帰宅。室内で妻である臨月の妊婦(当時27歳)が殺され、赤ちゃんが泣き叫んでいるのを発見した。

妻は両手を縛り上げられており、首に電気コードを巻かれ、絞殺されていた。
死体は、薄い鋭利な刃物で、みぞおちから下腹部にかけて縦38センチにわたって切り裂かれていた。
彼女の足元には、赤ん坊が、へその緒をつけたまま泣き叫んでいた。
犯人は妊婦を絞殺後、胎児を生きたまま取り出してへその緒を刃物で切断し、子宮にコードを切り離したプッシュホン式の電話の受話器とキャラクター人形のついたキーホルダーを入れた後、妻の財布を奪って逃走した。

取り出された胎児は男の子で、太ももの裏、ひざの裏、睾丸の3箇所を刃物で切りつけられていたが、病院で約1時間の手術を受け一命を取り留めた。

なお、絞殺の凶器は別の物であり、首に電気コタツのコードが巻かれたのは死後とされている
(コンセントが刺さっていた状態で発見された)。

有効な手がかりがないまま2003年(平成15年)3月18日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。
世間の好奇の目にさらされ続けた夫と子供は1999年(平成11年)に日本国外に移住している。

赤城神社主婦失踪事件

1998年5月3日、千葉県白井市の主婦志塚法子さん(当時48歳)は、家族(夫・娘・孫・叔父・叔母・義母)と群馬県宮城村三夜沢(現前橋市三夜沢町)の赤城神社へツツジ見物に訪れていた。

あいにくの雨のため、神社へ行く夫と叔父以外は駐車場に停めた車の中で待つことに。
しかししばらくして法子さんは「折角だから、賽銭をあげてくる」と、財布からお賽銭用に101円だけを取り出し、神社への参道を登っていった。
その時の格好は赤い傘を差し、ピンクのシャツに黒のスカートという目立つもの。
娘は駐車場から法子さんが境内とは別方向への場所でただずむ姿を目にしている。
これが家族が見た法子さんの最後の姿となってしまった…
 
戻らない法子さんを心配した家族はあたりを捜すも見つからず、警察へ通報。
10日間で延べ100人あまりで付近一帯を捜索するも見つからなかった…
参道は山道ながらもよく整備され、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もない。
また、ゴールデンウィーク中で神社には沢山の人が訪れていたが、不審な人物や物音を聞いた人はいなかった。
群馬県警にも20件ほどの情報提供があったが、発見に結びつく有力なものはないという。

失踪から7か月後、失踪当日の同じ頃の赤城神社で偶然撮影されたホームビデオが撮影者によってテレビ局に提供された。そこには法子さんとおぼしき人物が、何者かに傘を差しだすような姿が小さく写りこんでいた。
しかしその人物からの申し出が出ることはなかった。。
 
また失踪後、数回無言電話が自宅にかかってきている。
その局番は「大阪」と「米子」であった。
家族は必死に法子さんの行方を捜し、テレビ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」等にも出演したものの、解決にはいたらなかった。
 
失踪から10年後の2008年には、群馬県警が顔写真等を掲載したビラを500枚配布。
情報提供を呼びかけた。

 尚、2008年6月、法子さんの失踪宣告がなされている。

福島女性教員宅便槽内怪死事件

郡山から車で1時間ほどの阿武隈山地に位置する福島県田村郡都路村(現田村市)。
山間の静かな村にある教員住宅で事件は起こった。

平成元年2月28日の18時ごろ、村内の小学校に勤める女性教員のAさん(23)が、住まいとしている小学校に隣接した教員住宅に帰宅し、トイレに入って何気なく中を覗くと靴のようなものが見える。
(※靴のうち1足が頭部付近にあった。もう一足は自宅付近の土手で発見された)
驚いて外の汲み取り口へ周ると蓋が開いていて、中を覗くと人間の足が見える。
 
Aさんはすぐに教頭先生ほか同僚の教員を呼び、同僚の先生が警察へ通報した。
まず近くの駐在から警官が駆け付け、続いて村の消防団員と三春署員が到着した。
署員らは便槽から中の人物を引っ張りだそうとするが狭くて出すことができず、周りを重機で掘り起こし、便槽を壊してどうにか出すことができた。
(便槽は後にSさんの父親が復元して保存している)
便槽の中の人物はすでに死亡していた。遺体は真冬というのに上半身裸で、着ていた上着を胸に抱えて膝を折り、顔をやや左に傾けた形で固まっていた。

遺体はその場でホースの水で洗われ、さらに運ばれた消防団の詰所で洗われ、医師による検案が行われた。
検案で死因は「凍え兼胸部循環障害」と判定された。狭い場所で圧迫され凍死してしまったという見解である。
体にはヒジ、ヒザにすり傷がある程度で目立った外傷も無かった。争った形跡も無い。
死後硬直の状況から26日頃に死亡したものと思われた。
 
遺体の身元はすぐに判明した。現場から車で10分ほどの村内に住むSさん(26)だったからである。
警察はSさんが覗き目的で便槽内に侵入し、狭さで出れなくなって凍死したものと判断した。

事故死として警察に処理されたこの事件だが、村内では疑問を呈する声が囁かれた。
死亡したSさんは村に両親と祖母の4人暮らし。スポーツと音楽が好きな好青年。
高校時代は仲間とバンドを組んでギターを弾き、自ら作詞もして、自作の詩を書いたノートを何冊も残している。

(「俺の言葉に泣いた奴が一人/俺を恨んだ奴が一人/
それでも本当に俺を忘れないでいてくれる奴が一人/
俺が死んだら、くちなしの花を飾ってくれる奴が一人/
だがみんなあわせてたった一人/それは、誰、誰、誰なのだ」)

仕事は隣町の原発保守を行う会社で営業主任を勤めていて、村では青年会のレクリエーション担当部長として中心的存在。
明るく人望もあり、結婚式では司会をよく頼まれ、村の村長選挙では応援演説を頼まれるほどの存在だったからだ。
そんなSさんが覗きをするために便槽に忍び込むとは考えられない、
彼を知る誰もがそう話していた。

また、住民のAさんは大喪の礼などで二十四日から二十七日まで休暇を取っており、県内の実家へ帰省しており留守だった。後述するようにSさんとAさんは知人であり、Aさんが留守という事を知っていた可能性がある。
もし知っていたらこのタイミングに覗き目的で便槽に侵入することはありえない。

Sさんの足取りにも疑念が残る。
遺体で発見される4日前の24日(昭和天皇の大喪の礼当日)から足取りが途絶えていたのだ。
5日前の23日に先輩の送別会に出席、翌24日深夜1時ごろに店を出た。
その日の午前10時ごろ、父親は居間でテレビを見ていると、
「ちょっと行ってくるからな」というSさんの声を聞いたのを記憶している。そこから遺体発見までの4日間、Sさんの足取りはプッツリと途絶えてしまっているのだ。車は教員住宅近くの農協駐車場で、カギを付けた状態で発見されている。
それに靴の片方が土手で発見されているのも不可解だし、そして死亡推定日が26日。行方不明から2日程は生きていたことになる。
Sさんはその間何処でどうしていたのか?
 
それにマンホールの直径は36cmに対し、25-29歳男性の平均肩幅は40.4cmである。(※経済産業省2004-2006調査)
Sさんんの体格は不明だが、女性並に小柄だとしても(同年代女性の平均肩幅は36cm)ギリギリである。
肩をすぼめれば入れないことはないが、かなり困難であることは明白であり、常識的に考えて自らの意思で入ることが躊躇われるので狭さである。
仮に侵入を試みたとしても、その狭さから途中で諦めそうである。
それでもSさんは最後まで侵入し、その結果身動きが取れなくなり命を落としている。
そこまでして覗きをしたかったのだろうか?

事件後、村内ではある噂が囁かれていた。。
事件直前に行われた村長選挙は、近年まれに見る非常に厳しいものであった。
その選挙に絡んでSさんは殺されたのではないか?という噂だ。
Sさんが応援演説に途中から出てこなくなったことが憶測を呼ぶことになる。
(Sさんは金のバラまきに嫌気がさして関わることをやめたらしい)
 
噂が噂を呼んでしまいには「だれだれが怪しい」といった名指しで疑いを口にする者が現れるにいたって、真相解明を求める署名活動が起こり、1ヶ月あまりで集まった4000人程の署名が、三春警察署に提出されている。
しかし警察はあくまで事件性が無いとして取り合わず、捜査が行われることはなかった。
たしかに村長選挙が原因で殺人が行われたと考えるのは、いささか突飛すぎるであろう。
それに、仮に第三者が意識不明状態や死後に無理矢理押し込もうとしても、
マンホールの狭さからして自分で入る以上に困難をともなうことは想像に難くない。

もうひとつ気になる事実がある。
Sさんと教師のAさんとは、Aさんの恋人男性を通じて知り合いだった。
そして、以前Aさんがイタズラ電話に悩まされていたことがあり、Sさんは恋人男性と一緒にそのイタズラ電話を録音して、警察に届け出ていた。
結局この件で警察は動いてくれなかったが、Sさんの知人によると、Sさんは犯人が誰だかほぼ突き止めた様子だったという…
 
はたして突き止めたというイタズラ電話の主はどこの誰で、そしてこの件に関係していたのであろうか?
今となっては確かめるすべはない。。

ガチャガチャ

オカルトやないけど、昨日深夜三時頃、部屋の電気消してスマホでネット見てたら、いきなり部屋のドアノブをガチャガチャされてビビったわ。
鍵かかってるって分かったら次々と隣の部屋に移ってって、結局どの部屋も鍵空いてなかったらしく、何もしないでそのままそいつはどこか行ったみたいや。
鍵かけてなかったらどうなってたんやろな。

叔父さん「とてもやりなおしたい」

大学生の時、友達と飲みに行ったら変な人に会った。
一瞬こっちを見てぎょっとした顔されたんだけど、すぐに顔をそらし微妙に距離を取りつつチラ見してくる。

多分初対面だしおかしいなと思ってこっちから声かけてみたら、知り合いかと思ったがそんな事はなかったぜ!
じろじろ見て本当にごめんなさい失礼しましたすんませんでしたと謝られた。
悪い人じゃなさそうだったんで一緒に飲んだ。

その後仲良くなってたまに遊んだりするようになったんだけど、ある時申し訳なさそうにとんでもない事言われた。

実はスーツにネクタイにひらひらフリフリのミニスカートで、頭にレースのリボンみたいなのつけたケバい化粧の男が後ろにいる。
見た目は完全にヤバイ霊だけど何故か悪い感じがしない。
むしろ人が良さそうな感じで一体何なのかわからない、と。

ああ それは たぶん わたしの おじさんです/(^o^)\

超ノリのいい叔父さんが家に泊まりがけで遊びに来た時、酔った勢いで化粧してヘッドドレスつけてスカートはいて女装ごっこーwwww
とかやって盛り上がりつつそのまま寝た。
そして翌朝起きてすぐに脳溢血で突然倒れそのまま亡くなった。
そのまま、つまり女装ごっこのまんまで。

叔父さんには小さい頃からよく遊んでもらってた。
色々心配してくれたり相談にのってくれたり、本当に良い人だった。
だから死後も気にかけてくれてると思うと嬉しい…んだけど…
あの格好のままらしいのが居た堪れない。

で、今日数年振りにあの霊が見える友人と遭遇したので飲みに行った。
念のため聞いてみたけど叔父さんは色んな意味でそのままらしい。
一度墓前にメイク落しを供えてみたけど効果はなかったようだ。
私には霊感がないようで全く見えないから本当かどうかはわからない。
けどもし本当なら叔父さん何もできずにごめん。

今年の正月、初めて露出狂に遭遇 ※

今年の正月、初めて露出狂に遭遇。
壁際に後ろを向いてた男性がクルリと華麗な動きで振り向き、おもむろに自分の一物を掴んで見せつけながらニヒルな笑いを浮かべてそのまま横歩きで移動、角に差し掛かると身を翻して走り去った。
それが意外にもいい男だったからか、呆然としながら一応交番に行ったものの、お巡りさんが
「大丈夫?他に変なことされなかった?触られたり殴られたりしてない?」
と心配してくれたのに
「そんなこと言わないでください!全ての露出狂が犯罪者って決まった訳じゃないでしょう!?」
と泣き崩れてしまった時。

心の底から東大出には敵わないと思った

俺が心の底から東大出には敵わないと思った話をする。

うちの職場に東大出の奴がいるんだけど、そんなに激しく勉強出来るふうにも見えない。
俺は最初、なんだ、東大出って俺と変わんないじゃん、とか漠然と思ってた。

ところが、そいつを含めて職場のメンバー数人で仕事帰りにおでんやで飲んだ時のことだ。

クルマの話になって、誰かが「ディファレンシャルギアっていまだに仕組みが解らん」
みたいなことを言った。別の誰かが「内輪差を吸収するんだよ」とか何とか言って
「そりゃ知ってるけど、内部がどうなってるのかが解らないんだよ」みたいな話になった。

聞いてくれ、その時だ。その東大出が、いきなりおでんの串の両端に丸いつくねを一個ずつ刺して、それを二枚の丸い紙の皿で両側から挟んで、「このお皿が両輪だよ」と言っておでんの串を皿の回転方向に回し始めた。
なるほど、左右の皿は串の回転に合わせて串と同じ方向に回転するが、片方の皿の回転を手で押さえて止めると、串の回転に加えてつくねが回転するので、手で押さえたのと反対側の皿は二倍の速度で回転し始める。

俺だって勉強すればディファレンシャルギアの原理を理解することは出来たと思う。
だけど、おでんやでテーブルの上にある物を使って即興でディファレンシャルギアを組み立てて原理を説明する機転と着想は、俺には真似出来ない。

東大出には敵わないと思った。
つくねはぐちゃぐちゃになりテーブルはタレだらけになった。

盛大に屁をこいたら音がすごかった

こたつに足だけ入れて横向きに寝てた。
尻はふとんから出ていた。
盛大に屁をこいたら音がすごかった。
臭いはしないやつだった。
なんとなく尻のほうを見たらねこが尻のまん前で目を真ん丸くして尻付近を凝視してたwwwwwwwww
ちょwwwwwwいたのwwwwwwwwwwwww
鈴つけてないほうのねこだったから全然きづかんかったわー
くさくない屁で良かった・・・
でもかけちゃってごめんwwwwwww

犬散歩してたらスクーターに当て逃げされた。連れてたハスキー大興奮!

犬(シベリアンハスキーとゴールデンレトリバー)の散歩してたらスクーターに当て逃げされたんだけど、ハスキーの方が興奮しちゃってスクーター追いかけてって飛びかかって倒し、犯人?の顔ベロベロ舐めてた。
見てた周りの人が警察やら救急車呼んでくれた。
ゴールデンの方は自分のそばにいて、普段ほとんど吠えないのにずっと吠えてた。
スクーターは3人乗りしてたけど、みんな打ち身くらいで済んだらしい。
自分も少し痣ができたくらい。
ハスキーは興奮おさまらず再び走り出し、丸一日行方不明に。
昨日、ジョギング中の隣のおじさんが公園で寝てるのを見つけて連れて来てくれた。

私が男だったらなああああぁぁぁぁぁ

二人目の部下が来た。可愛い。正当派美少女。二十歳超えてるけど。
一人目の部下も実は超可愛い。自宅にビックマンあるが外見は美女。
二人とも彼氏居ない。「○○さん」「○○さん」と頼ってくれる可愛い奴ら。

あああああああ私が男だったらなああああぁぁぁぁぁ
セクハラすんのになああああ

「怪獣使いと少年」に並ぶウルトラマンシリーズ屈指の鬱回

※ウルトラマンレオ第40話「MAC全滅!円盤は生物だった!」のネタバレ注意
















































「円盤生物 シルバーブルーメ」
ブラックスターから体を縮小した円盤形態でMAC基地に接近し、奇襲する形で襲撃。
そのとき基地内では松木隊員の誕生日パーティーを行っている最中だった為、ゲンは寸前でレオに変身して脱出したものの、 その他の隊員たちはマッキー2号、3号で脱出しようとするが、基地ごと呑み込まれ全員殉職。
モロボシ・ダン(=ウルトラセブン。本作ではある事情から変身能力を失っている)もゲンに脱出を命じ消息が途絶えてしまう。
更に地球へと飛来し、その日偶々デパートに買い物に来ていたゲンの恋人の百子、友人であり弟分でもある猛、そしてトオルの妹カオルら多数の人間を殺害する。
ここまで名前の出ている人々は、全てレギュラーだったキャラである。

その後、エネルギー充填形態に変化して街中に紛れ込むが直後にトオルのクラスメイトの少年3人組によって学校に持ち込まれてしまう。結局担任教師に見つかり没収されるのだがその夜、性質を調べようとガスバーナーで熱しようとした担任教師を溶解し殺害、逃亡。
その翌日、大嵐のなか再び巨大化して学校を襲い始めるが、そこにレオが登場。
レオは小学校の生徒を助ける為の時間稼ぎをした後体内から呑み込まれたマッキー2号を引き出し、スパーク光線を浴びせ、遂にシルバーブルーメを倒したのだった。

このエピソードは「MAC全滅!円盤は生物だった!」のサブタイトルが示すようにウルトラシリーズにあるまじき防衛チームの全滅、さらに他レギュラーキャラも尽く死亡(生き残ったのはトオル少年だけ)している為、屈指の鬱回といわれている。
なまじ中盤に入ってから初期のハードな作風や描写が薄れ、ヒーロー番組らしい明るさが出て、またこの話の前は、ババルウ星人の陰謀でウルトラの星と地球が衝突する危機とレオとウルトラ兄弟同士の仲間割れと言う緊迫かつハードなストーリーで、その危機を乗り越えババルウを倒しレオも真のウルトラ兄弟として認められようやく落ち着いたと思っていたら、このような暗い話が出てきてしまったというのも視聴者に大きな衝撃を与えた。

また話だけでなく演出もかなり狂っており、

・戦闘機ごと飲み込まれるMAC隊員の演技とは思えない恐怖の絶叫

・デパートが押し潰され百子、猛、カオルが 圧死する様をやけに執拗にねちっこく描写

・3人が圧死した直後、動く者がいなくなった瓦礫の中で壊れた人形が
『お勉強しなくちゃ駄目よ 先生に叱られるわよ お兄ちゃん 私眠くなっちゃった 子守唄を歌って』 と喋る

・病院の壁一面に張り出された死者の名前に人々の 絶叫と号泣がオーバーラップし、必死で名前を見ていくゲンとトオルが 3人の名前を見つけてしまう

・ブルーメから ドロドロに溶けたマッキーを引きずり出す。戦いが終わった後、レオはそれをただ見つめるだけで、機体の中は映さない
……と目を背けたくなるものばかりになっている。

おかーさんこっちです!

犬の散歩中にうんこ拾おうとした瞬間ギックリになって、バランス崩してうんこ踏んで倒れた・・・
そのまま犬が逃げて行ったので、もうダメだと絶望していたら、母ちゃんを呼んで戻ってきた。
色んな意味で数年ぶりに号泣したw

俺様の美技に酔いな

【跡部景吾流疑問詞】

Why→なぜだ、アーン?
What→何でだ、アーン?
When→いつだ、アーン?
Which→どっちだ、アーン?
Where→どこだ、アーン?
Who→誰だ 、アーン?
Whose→誰のだ、アーン?
How→どうなんだ手塚ァ!

悲しき自我

1 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:10:51.93 ID:RqPSyzmZ0
40キロで走ってたら右側から原付に抜かれたんだがwww
すげえ時間掛けてwwww

2 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:11:18.59 ID:ZPsezwmW0
お前ボルトかよw

3 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:12:02.01 ID:SWjrzNx70
足速いなお前wwww

4 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:12:03.32 ID:onShpZRQ0
お前やるな

5 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:13:28.84 ID:RqPSyzmZ0
ちげえよwww
俺は車だっつうのwww

6 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:14:16.34 ID:a+wDRzlM0
車も2chする時代か


7 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:14:49.34 ID:rNjuqPu30
タイヤでタイピングとか器用な車だな

8 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:15:15.93 ID:DWGjOCn40
人格搭載の車か

9 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:15:28.10 ID:/eHGIC560
車がしゃべった!

10 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:16:18.15 ID:RqPSyzmZ0
ちげえよwww
俺は車に乗ってたんだよwwww

12 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:17:04.39 ID:pooIRm6w0
車が車に乗る時代か...

14 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:17:43.59 ID:rNjuqPu30
どんだけ運転席デカいんだよ

17 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:19:18.22 ID:RqPSyzmZ0
だから違うってwww
俺は人間で車の運転席に座って時速40キロで走ってたんだっつうのwwww

>>17
運転席の中で座ったまま時速40キロで移動とかどういうことだよ
お前はツェペリさんか

29 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:22:31.03 ID:RqPSyzmZ0
だから車じゃ無いって言ってるだろwwww
俺はヒューマンだっつうのwwwww

31 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:23:05.64 ID:3ubscZMm0
ヒューマノイド頭脳搭載車か
お前やるなぁ

32 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:23:07.29 ID:6yEq1agO0
車がスレ立てとはすごい時代だな

36 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:23:59.92 ID:CtXtaaTa0
日本人じゃねーのか?
ヒューマンって名前も珍しいな

39 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:24:59.71 ID:RqPSyzmZ0
よく考えろwwwww
車がVIPやってたらかしいだろ?www
そこを踏まえてもう一回考えろwwww

44 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/24(木) 13:26:01.96 ID:B3VWGR4I0
>>39
このご時世おかしいことでもないな

51 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:27:00.03 ID:3ubscZMm0
>>39
え?だから40キロで走れるなんて
お前足早いねって言ってんじゃん

48 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:26:26.26 ID:rXM7vddn0
ヒューマンお前さんは車だよ
誰か言ってやれよ… オレ涙出てきたわ

52 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:27:19.58 ID:/Lrkldkd0
トランスフォーマーか?

53 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/24(木) 13:27:30.74 ID:B3VWGR4I0
>>52
>トランスフォーマーか?
それだ!

56 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:27:40.14 ID:pooIRm6w0
>>52
そーゆーことか

62 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:28:37.35 ID:rNjuqPu30
>>52
車を運転できるってことは小型の奴かな?
となると、運転してる車はコンボイあたりか

55 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:27:37.54 ID:RqPSyzmZ0
素直に納得して驚いてるんじゃねえよwwww
俺は車じゃなくて人間なのwwwwww
何で分かってくれないんだよwwwww

65 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:29:35.48 ID:3ubscZMm0
>>55
お前の人間の部分は知能だけだ
認めろ

61 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:28:18.72 ID:DWGjOCn40
ここまでのまとめ

・人工知能搭載車
・未発表だが、名前はヒューマンというらしい
・自分が人間だと思い込むエラー発生
・香椎由宇でCM打つ予定だった?

77 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:32:54.45 ID:RqPSyzmZ0
何で車って前提なんだよwwwww
しかも何で段々ハイテクになってんだよwwww

81 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:33:47.52 ID:rNjuqPu30
>>77
全部お前が言ったことだろうが

85 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:34:34.58 ID:onShpZRQ0
すげえハイテクなのに原付に抜かれてんだよなあ

101 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:37:20.57 ID:dvgI15590
そんなことより聞いてくれよ
この前40キロで走ってたら原付に抜かされたんだよ

106 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:38:17.60 ID:DWGjOCn40
>>101
それはお前がのろのろ運転してたからだろ

110 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:38:52.68 ID:rNjuqPu30
>>101
どんだけトロい運転してんだよ

154 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:48:50.15 ID:RqPSyzmZ0
だからwwww
もう一回1から説明するぞwwwww

俺は車の運転席に座ってアクセルを踏んで時速40キロで走ってたのwww
そしたら右側から原付が時間を掛けて追い抜かしたのwwww
分かったか?wwww

163 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:51:37.54 ID:73GBa5E/0
>>154
混乱してるようだから文章を訂正するぞ

俺は車
時速40キロで走ってたのwww
そしたら右側から原付が時間を掛けて追い抜かしたのwwww

177 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:56:54.90 ID:onShpZRQ0
5 名前:VIP774 :2013/01/24(木) 13:13:28.84 ID:RqPSyzmZ0
ちげえよwww
俺は車だっつうのwww

179 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:57:35.27 ID:3ubscZMm0
>>177
わりと初期に認めてた

180 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:57:35.57 ID:RTahtjV20
>>177
これが全て

183 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:58:11.36 ID:DWGjOCn40
>>177
嘘ついてるようには見えんな

185 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:58:27.01 ID:RqPSyzmZ0
だから車は俺が所有してる車でその車

189 :VIP774 :2013/01/24(木) 13:59:31.91 ID:RTahtjV20
>>185
>だから俺は車が所有してる車でその車

車じゃないか

お菓子

105円以内で一番満足出来るお菓子



1 名前:びぷます 投稿日:2007/12/15(土) 16:57:41.75 ID:HPIO0w/rO
50円+50円等の組み合わせでもおk
俺はウエハース



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/12/15(土) 16:58:26.07 ID:jz6X144K0
うまい棒*10
俺は人間



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日:2007/12/15(土) 16:59:48.22 ID:KD314eP30
>>2のせいで>>1がウエハースにしか見えなくなってきた

昔クリニックの受付やってて「浅利さん」という患者さんがきた。

昔クリニックの受付やってて「浅利さん」という患者さんがきた。
別の受付嬢がその人の会計呼ぶときに大声で
「しじみさーん。」って叫んだ。
きっと彼女の脳内で何かが変換された模様

組の名前出したからにはただではすまん

前に深夜のファミレスで見るからにチンピラっぽい奴が店の料理について因縁つけてた。
髪の毛みたいなのが入ってたとかで店長呼べだの誠意を見せろだの大声上げてた。
しばらく見てたら警察が来た。それも尋常じゃない数で。
パトカー3台覆面1台その他バイクのおまわりさん数人・・・

チンピラ「なんだ?警察は関係あらへん!帰れよ!」
って言ってたけど、私服着たコワモテのおじさんが怒鳴り返した。

「お前が○○組って言うたんか!組の名前出して脅したからにはワシら暴対がわざわざ出てきて面通しせなあかんのじゃ!お前らがホンマに組員かどうか今から組事務所に確認いかなあかんのじゃ!ホナ行こか!立て!ここら辺の組事務所回るぞ!」

チンピラ「冗談ですねん!そんなことしたら殺されますやん」
ほとんど泣き顔になって懇願してた。
「そんなこと関係ないわい!組の名前出したからにはただではすまんってこっちゃ」
って強引に連れて行かれてた。

もめごとの最中にひと言でも暴力団を口にしたら大変なことになるらしい。

120kgある俺

俺120キロぐらいあるデブなんだけど。
3年ぐらい前に近所のデパートで電池だったか何かを買って、んで帰るためにちょっと狭めの階段降りてたら、背後から何か悲鳴が聞こえて ?? と思って振り向いたら人が突撃してきて、俺とその人は折り重なる感じで階段から落ちてしまったのだが、見事にその人を押し潰す形で……ずどーん。

あんまりにもびっくりしててよく覚えてないんだが、どうやら万引きが見付かって店員ぶん殴って逃げたババアだったらしい。
しばらくして俺は事務所で怪我がないか待機みたいな形で、ババアは何か気絶してて救急車だったと思う。
逮捕されたらどーしよ!?みたいに思ってたけど、殴られた店員さんと店長っぽい人が出てきて超絶感謝されたわ。
若い男の店員だったけど目の下にでっけー痣ができてんの。
店長も俺に怪我がいって知るとなんか楽しげ。
どうやらあのババア、万引き常連の上に捕まえて出禁にしても全然反省しないクソババアだったんだとか。

心配してたけど警察からアレコレ言われることもなかったし、暴力ではなく事故、しかもババアが一方的に悪いという形で憎きババアに制裁が下った、と大喜び(見た目は丁寧だったがなんか雰囲気的に)
店員さんの顔は痛々しかったが溜飲は下がったらしく、散々に感謝された上に、商品券を5万分も貰ってホックホクやったわ。

迷惑メール「おい貧乏人ども」

件名:泥を食べて生きている貧乏な貴方にお願いがあります。

突然のメール申し訳ございません。
月収200万以下の貧乏人とうかがったのでメールしました。
そんな収入で一体どうやって生活しているのでしょうか?
道端の草や泥、昆虫を食べて飢えをしのいでいるというのは本当でしょうか?

私は小野さおりといいます。
「金持ち女の会」という裕福な女性が集うサークルの代表をつとめています。

ここがサークルのサイトです。
実は貴方にお願いがあります。サークルの女性は、金銭的な余裕はあるのですが
性的には満たされていない日々を送っています。
そこで、貧乏な癖に性欲だけはあり余っている貴方に協力して頂きたいのです。
彼女たちと身体のみの関係を持ち肉体の欲求を満たし、
その代わり貧乏な貴方は謝礼を受ける。 お互いに満たし合う関係になって欲しいのです。

もちろん、謝礼以外の費用、
デート代・食事代なども全て私たち女性側が負担します。
貴方が普段食べているものは、私たちには食べ物とは言い難いものですので
とてもじゃないですが任せられませんし。
貧乏人である貴方は、ただベッドの上で腰を振ればいいだけです。
難しい事は求めていませんので、是非協力してください。
貧しい民である貴方の協力を切実にお待ちしております。

おれ外科医だけど

おれ外科医だけど、肛門にキンチョールが入ってるのとハーモニカが入ってるの見たよ。
膀胱に釣りで使う疑似餌(ワーム)が入ってるのも見た。
釣りの準備してたらつるっと滑って入ってしまったといっていた。


ど ん な 準 備 か い っ て み ろ

シゲさん

もう十数年前になるが、レースにのめり込んでいた。
スーパーカップやエリア選手権など、全日本の一歩手前っていう感じのシリーズ。
成績はあまりパッとせず、それでも3年目にはランキング5位って所までこれたんだ。

成績が上向いてるのに比例して、極貧生活はフル加速w
田舎町で実家暮らしだったから、食うには困らなかったが遊ぶ金なんて1円もねぇ。
楽しみといえば給料日にはラーメン屋に行くって事ぐらい。もちろん彼女もいないし。
もうね、ローン・信販・サラ金あらゆる所の常連wでも夢をみていられたから、まぁ幸せだったのか。
昼は土方、夜は配送のバイトでなんとか凌いで来たが、でもそろそろ限界。
せっかくここまで来たのに、これからなのに、エンジンOHする金もない。

で、ワープロで企画書作ってスポンサー探し開始。

当時、今ほどバイク業界は冬の時代ではなかったと思う。でもブームは完璧に過ぎ去っていて年々参加台数は減っていってる。
することもないから、休みの度に企画書持って地元の会社に飛び込みしてた。
そんなに大きくない街なんで、知人がいたり親父の知り合いだったり、結構ある訳よ。
そういうのが嫌なんで、関係のない所ばかり行ってた。

でも、そんな俺個人のつまんねぇ拘りに乗ってくれる企業なんて、あるはずも無い。
たいがい門前払い。中には応接室で話聞いてくれる所もあったが、金を出せとなると話は別。
「頑張って下さい。」は聞き飽きた。頑張ってるっつーの。

そんな中でも「○○タイヤ」という小さなタイヤ屋さんの先代の社長が、俺の親父の事を知っていたらしく、タイヤを2セットサポートしてくれた。
なんでも、その先代の社長の息子=現社長が若い頃結構グレていたらしく、親父に大層世話になった、と言っていた。 親父は当時市の民生委員をしていた。

そんな事をやりながら、開幕戦まであと2ヶ月をきった頃、その人と出会った。
雪がちらちら降っていたのはよく覚えている。

今シーズン出れるかなぁと、不安になっていた。
このままなら、2戦くらいで確実に潰れる。絶対ムリ。
途中で止めるくらいなら、初めからやらない方がいい。1~2年我慢して借金減らしてからまたやった方がいいか?なんて悩んでいた。

その日はめずらしく平日休みになって、前から目を付けていた車屋に行ってみたんだ。
今で言うチューニングショップ程ではないが、走り系の店で板金塗装も出来る店。
隣町のショップのチームに入っていたから、そこ以外のバイク屋にはもちろん行けない。
車なら関係ないだろうと思って、結構車屋には行ってた。
でも「バイクかぁ、ウチ車屋だからねぇ」 って必ず言われたな。

店に入ると、常連のようなお客さんが2人くらいいたかなぁ、でもいいやと思って
「社長さんいらっしゃいますか?」 と声をかけた。
で、色々とそのお客さんと4人位で話していると、どうやら他の人から聞いてたらしく、印象が良かったのか、オイル交換と塗装するならブース使わせてあげると言ってくれた。

メッチャ嬉しかった。
で、そのお客さんの中のシゲさんという人が食いついて来て、バイクも大好きだと。
シゲさんはそこそこ金持ちで会社を経営しているらしく、ケンメリRとか持ってるエンスーな親父w
バイクのレースは生で見たこと無いから、ぜひ見たいと言ってくれた。
でも、シリーズ通して出れるか分からないことなどを正直に話した。すると
「出来なくなったらその時やめれ。可能性が残ってんならやれ」 と。
なんか背中を押してくれた気分。サバサバしててすげーいい親父w

これで4年目だ。25歳の早春だった。

オイルとタイヤは何とかなった。でも金が無い。ホントに無いw
スペアパーツの中からまだイケるシリンダーやらピストンやらで組んだエンジン。
足回りだってシール類とオイルだけ。真っ白のカウルに「○○タイヤ」と「○○自動車」のカッッティング。
そんな状況での第1戦。 ツナギもボロだ。

「おっいたいたwおお~い○○」
振り向くと、バイク海苔みたいなカッコのシゲさんと小学生くらいの男の子。
「どうしても見たいって言うから連れてきたわw」
って、恥ずかしそうにwktkしながらマシンをマジマジ見つめる親子w
でも良く見ると、男の子の歩き方がおかしい。 
義足だ。
その時は聞くに聞けなかったが、あとで教えてくれた。
名前は「勇気」。 生まれつきインスリンが分泌されない、いわゆる糖尿。
3年前に左足を切断した。今はもうひょこひょこ走り回ってるらしい。

予選は確か11番手くらい。
「いや~シゲさん駄目だわw」 「せっかく来てくれたのにごめんねw」
なんて言ったのを覚えてる。
決勝はというと、やりましたよロケットスタート。
3列目から3~4番手くらいで1コーナーへ。路面温度が低くて2台くらい前でコケた。ペースも速くない。
これはイケる! と思ったが、ラスト3周最終コーナーの進入でいきなりロック。

焼き付き。 オワタ。

呆然と凹んでいる俺に勇気は 「凄いカッコ良かった」 と言ってくれた。
シゲさんはにこにこしてて、何も言わなかった。

もうスカスカのエンジンしかない。どうすんべ?
と思いながら、店に挨拶と報告に行く。
「シゲさんから聞いたわ。惜しかったなぁ。」 と。
「活躍できずにすいません。おまけにエンジン壊しちゃいました。」って言うと
「そんなの期待してないよwそんなんでウチは儲からんw」
「でもなぁ、お前のお陰でウチの若い連中も変わったんだ。草レースでちょっと早くて調子こいてた奴らがお前の姿勢を見てみんな真面目にレースする様になった。それだけでもウチにとっては良かったよ。何でバイクにサポートして俺らには何もしてくれんの?って今でも言われるけどなw」
って言われた時には泣きそうになった。

でももうシリンダーもピストンも買えない。クランクも終わってるのしかない。
「ああ、そういえばシゲさんが家に来いって言ってたよ。いつでもいいから来いって。」

何だろう? いい所見せれなかったからなぁ、会いづらいなぁ・・
なんて思いながら行ってみた。
シゲさんの家は電設工事の会社を経営している。3階建ての新しめの家で、一階がガラス張りの会社だ。
晩飯を食っていけと言うのでご馳走になった。
俺は酒が飲めないが、シゲさんは酒豪も酒豪w飲めなくなったらいつでも死ねると言うw
「自慢のガレージを見せてやる」
と言われついて行くと、ケンメリとロータスの何だかって車。ピカピカだ。
その傍らに古いXL250が。フロントがぐしゃぐしゃだ。
壁を見ると工具がきれいに掛けてあり、コンプレッサーやフライス盤もある。
その中に、小さなトロフィーと古ぼけた写真。 シゲさんだ。
「へぇ~シゲさん、オフやってたんだ?」
「あぁ若い頃なぁ。 でも事故ってから磨き専門だw」

写真の中のシゲさんは、今と同じ人懐っこい顔でにこにこ笑っていた。

「次はいつよ?」 とシゲさん。
「一ヵ月後だけど、ムリだわぁ。」
もうね、なんて言っていいかわからんです。こんなに良くしてくれる人たちに恵まれ、しかし自分のふがいなさで期待に応えられない。自分でスポンサーになってくれって言っておきながら、だ。
弱いくせに酒が入って、色んなことを話したと思う。
シゲさんはにこにこと笑っていたのは覚えている。
勇気と一緒に風呂に入って、その晩は泊めてもらった。

10日くらい経ったある日、店に寄った。
活動中止の報告をするためだ。
店に入るとシゲさんがいた。
「あらっ、丁度いいトコにw」 と社長。

「今日マシン置いていけ。あと必要なパーツ、注文しとけ。1年分な。」
「???」
わけわかんねー。
「これはウチの店からじゃない。シゲさんからだ。そのかわりエンジンはきっちり組んでやる。」
シゲさんなんで?と詰め寄ると
「何よ、○○電設工事じゃ不満か?」
次の瞬間、俺は生まれてはじめて土下座した。声をあげて泣いた。

「一杯宣伝してくれやww」
シゲさんはいつもの様に、にこにこと笑っていた。

後で社長に聞いた話だが、シゲさんにはもう一人息子がいた。
生きていれば俺と同じくらいの歳らしく、事故で亡くしていた。
そう、あのXRだ。
それ以来シゲさんはバイクを降りた。いい車は持ってるが、あまり乗らずに、でも程度は極上らしい。
俺とダブったのかな、なんて思った。
で、諦めていたところにやっと勇気を授かり、夫婦で涙を流して喜んだそうだ。
だから勇気がかわいくて仕方がないという。
そんな勇気が 「またお兄ちゃんのレース見に行きたい。」
と言ったんだそうだ。

なんか背負うものが大きくなった。
そして、「○○電設工事」 のカッティングが増えた。

何とかマシンは間に合った。問題は人間だ。
シゲさんと勇気はまた来てくれた。 あ!し、社長!
「お前、勝つんだべな?」
「いやっ、あの、そ、そんな・・」
とは言えず、あたりめーですみたいな事を言ったような気がするw
でも予選は6位だったかな?トップとのタイム差は1秒以上あったと思う。

「わぁ~、うちの名前はいってる~ww」と勇気。
シゲさんはカッティングを見てにこにこ笑っていた。

迎えた決勝。まずまずのスタート。
バイクが速い。トップにも引けをとらないくらい速い。
途中のことはあまりよく覚えていない。でもトップが見える位置でチェッカーを受けたのは鮮明に覚えている。

結果は3位。初表彰台だ。
もう少しで勝てたかも、ってのと嬉しいのと混じってなんか複雑だった。
でもみんなの前で表彰台に立てたのは嬉しかった。

勇気がひょこひょこはしゃいでいる。社長も写真を撮ってくれている。
シゲさんはにこにこ笑っていた。
「惜しかったな~、行けたべ~?」 と社長。
俺の頭をつかんでわしゃわしゃしながら、
「でも、マシンがかっこ悪w」
「車よりおもしれーなw」
って言ってくれた。すげーうれしそうだった。

シゲさんがカウルを買ってくれた。社長は色を塗ってくれた。
ピカピカな俺のマシン。 TZ250。
もう足を向けて眠れませんよw

そんな調子でその年はシリーズを終えた。
結果はランキング4位。結局勝てなかった。
表彰台もその一回きり。あとは4位とかリタイヤとか。
転倒だけはしなかった。まだカウルはピカピカだ。

店に挨拶に行く。今までホントに良くして貰った。
たぶん来年はこんな事はないだろう。全日本でもないのに、そんな面倒みてくれる筈も無い。
社長曰く
「来年チャンピオン取れ。そしてその次は全日本だろ。違うんか?」
「全日本に行ってもウチのステッカー貼ってくれよ。小さいのでいいから。」
何ていい人なんですかあなたは。
シゲさん曰く
「勇気がモトクロ乗り始めたんだ。ちっこいヤツ。お前みたいになりたいってよ。」
「一緒に走るんだってな。あいつに教えてやってくれや。」

もう涙は出なかった。
借金はまだ減ってない。キツい。でもこう言ってくれる人達がいる。
来年は絶対チャンピオン獲る。 マジで。

その年のオフシーズン、3月。勇気が入院した。
社長から聞いて、あわてて病院へ飛んで行った。
奥さんが付き添っていて、話を聞いた。
このところ、あまり調子が良くないこと、幼い頃病気が判明した時に医者からは成人は出来ないだろうと言われていたこと。

何か聞いたことがある様な気がする。
大人の、いわゆる贅沢病の糖尿とは違う、先天的なもの。
2~3日おきに人工透析に通い、好きなものも食べられない。
いくらカロリーコントロールしていても、徐々に蝕まれていく。
聞かなけりゃよかった。 勇気は弟みたいなモンだ。

「慌てて来たから何も買ってこなかったわ。何か欲しいもんあるか?」
すると勇気は
「帽子がほしい。」
「黄色いダンロップのやつ。お兄ちゃんが被ってたやつ。」
あれだ。表彰台に立つときに、タイヤサービスが用意してるやつ。
去年1個もらったが、無くしてしまっていた。
ここで、お前のために獲ってきてやるとか言えば良かったんだろうが、確か言えなかったと思う。
貰えたらあげるよ、くらいだったな。

やる気は満ち溢れていたが、軽々しく勝つとかは言えなくなっていた。
今にして思えば、開幕戦が近づくにつれ、ナーバスになっていた。
今までのような80点主義的な走りじゃ、今年も絶対勝てない。
コケてもいいや位の勢いで、もうひとつ壁を越えないとならん。

開幕戦の1週間前に、勇気は退院した。

迎えた開幕戦。みんな応援に来てくれた。奥さんまで。

なにげに思う。カウルはピカピカだ。
これがスポンサーの看板を背負って走るって事なのか。
「○○自動車」
「○○電設工業」
そしてキザなんだが、メーターの所に「勇気」といれた。
他人からダサいと言われた事もある。
スポンサーついてるの?いいねー。 と言われた事もある。

うるせぇ。もはや俺の家族だ。誇りだ。
お前らには絶対負けねぇ。

予選2位。人生初のフロントロー。2/100秒で負けたのを覚えている。
勇気はすごく喜んでくれた。
で、決勝スタート。やっちまったorz
スタートは得意のはずなのに、フロントあげちまったいw
もう何位なんだか分かりませんw
でも順調に追い上げ、結局3位でフィニッシュ。 悔しくてあまり笑えなかった。
それでも勇気に帽子をあげるとすげー喜んでくれた。
でかくてスポスポだがwずっと被ってたなぁ。

社長はそんな俺の心情を察したのか
「悔しいのは分かるが、冷静になれ。お前はあの集団から抜け出してトップに追いついた。つまり、それだけの速さは持ってる。あとはその速さをどう使うかだ。タラレバは無いが、スタートさえミスらなければ勝ててたよ。その手のタラレバは自身に変えることができる。シゲさん、涙うかべてたぜ。」
って言われたのははっきりと覚えている。

シゲさんはいつもの様に、ただにこにこと笑っていた。

勇気は入院することが多くなった。
その後の2戦くらい、遠征してたので勇気は来れなかった。
結果は4位と優勝。 やっと勝てた。
でも勇気もシゲさんもいない。嬉しかったが淋しくもあった。
その頃は携帯なんて今みたいに普及してなかったので、帰った次の日、仕事終ってからすぐに病院へ。 勇気は寝ていた。
いつ来るかと俺を待っていたが、疲れて寝ちゃったんだ。
俺は枕元に帽子とトロフィーを置いて、病院を後にした。
後でシゲさんが言ってた。寝てる間に来て起こさないで帰っちゃったから、何で起こしてくれないのって泣きじゃくったそうだ。
バイクに乗りたいって泣く事もあるらしい。
でも看護婦さんにトロフィーを自慢するそうだw

大丈夫だ。また元気に走れる時が来るよ。
そのときは一緒に走ろうな。いろいろ教えてやるからな。
漠然とそう思っていた。


その2週間後、暑い真夏の日 勇気は死んだ。

正直言ってそれからの事はあまり覚えてないんだ。
人間て防衛本能かなんかで、本当に辛い事やきつかった事やなんかの記憶を早く忘れさせるようにできてるってTVかなんかで聞いた事がある。
本当にそうなのかも知れない。

でも勇気の棺の中にダンロップの帽子とトロフィーをいれたのは覚えてる。
シゲさんが勇気の頭に被せてくれたのも覚えてる。
たぶんあのタレ目の、人懐っこい顔は一生忘れられないんだろうな。

それからもシゲさんは俺をかわいがってくれた。
レースの時には近くなら来てくれた。
後から社長から聞いたんだが、懐に勇気の写真を偲ばせていたそうだ。
俺の気が散ってはいけないと、黙っていたらしい。

いつもいつもただにこにこ笑っていた。

みんなの前で勝てた時は嬉しかった。
勝って泣いたことなんてなかったけど、あん時ぁ泣いた。みんな泣いてくれた。
まわりから変な奴らと思われていたと思うw
それくらい嬉しかった。

ランキングはトップだ。次の最終戦で3位以内に入ればチャンピオンだ。
チャンピオン決めて全日本に行く。絶対に。

最終戦。予選は4位。なんかイマイチ。
力入りすぎてるなーと思いつつ、決勝スタート。
おっしゃ、ホールショットと思った瞬間、

ドン!

背中に激痛が走った。 突っ込まれた。
あまり覚えてないんだが、3台くらい絡んだらしい。
転がる俺の目の前を、見慣れたマシンが跳ねていった。
でも次の瞬間、他のヤツのマシンが降ってきた。

鎖骨と大腿骨の複雑骨折。 オワタ。

もうそれでレースは引退。今でも足は不自由だ。
ゆっくり歩けば気づかれないが、走ると痛みが出る。
シゲさんと社長には世話になった。本当に世話になった。
返しても返しきれないくらいの恩がある。本当にありがとうございました。

それから土方もできなくなり、出稼ぎに出た。
今で言う派遣てヤツだ。
とにかく借金を返さんと。当時は結構給料良かったな。

地元を出る時、シゲさんに
「バイクはどうした?」 と聞かれた。
激しくコケたわりに、ダメージはひどくなかった。
でも直すのも馬鹿らしいし、金も無い。そんなバイク売れるはずもなくて納屋に置いてある。と言うと
「じゃあ俺が買う。」
と言って100万ポンと。
ちょwちょっ、シゲさんアフォですか?20マソでも売れませんでしたよ?
「いいんだ。」
と言って、受け取れないって言うのに、無理やり売らされた。
あんたって人は・・

そのにこにこした顔が涙で見えなかった。

それから4年くらい車造って、今の嫁と知り合った。
借金も返し終わる頃、結婚した。
で、俺の足が悪いのを見かねてか、北海道に行こうと言う。 嫁は北海道出身なんだ。
実家は事務機などの卸会社を経営している。女姉妹2人で跡継ぎがほしいらしい。

そんなこんなで北海道に来て数年たった去年の年末。
俺の親父から電話がきた。



シゲさんが亡くなったと。


年の瀬で忙しかったが、義父さんに無理を言って地元に帰った。
嫁もどうしても会いたいと言うので、2人で帰った。
お通夜には間に合わなかったが、葬式には間に合った。
社長も来ていた。


肝臓ガン。

マジかよシゲさん。酒にやられちゃったのかよ。
勇気が亡くなってからは、酒の量が増えたと奥さんが言ってたけど・・

「飲んで死ねるんなら最高だべやぁw」
って笑ってたシゲさん。 何も言わず、ただにこにこ笑ってたシゲさん。
発泡酒なんて飲むな。男ならビールだべ。 って言ってたシゲさん。
ごめん、俺いまだに味の違いわかんねぇよ。


葬儀のあと、社長と話をした。
「ちょっと来い」
と言われ、社長と会場を出た。
シゲさんの家だ。なんかガラス張りの事務所が光ってる。

俺のバイクだ。 ’93 TZ250。
キズひとつ無いピカピカの俺のバイク。 いや、シゲさんのだな。

もう枯れた筈の涙が溢れて止まらん。俺干からびるんじゃね?ってくらい。
嫁も泣いてた。わんわん泣いた。
俺が出て行ってからずっと飾っていたらしい。
「○○電設工事」
ってはいったバイク。ピカピカに直してあった。

近所の小僧どもが寄ってくるらしい。その度に
「かっこいいべ?乗ってたヤツ速かったんだぞw」
って自慢してたみたい。
シゲさんあんたって人は。

次の日、嫁と2人で勇気の墓参りに行った。
近付いていくと、何やら墓石についている。
確かあれだよなぁ、何かなぁと思いながら近づいた。



「DUNLOP」



俺の帽子だ。 いや、勇気のだ。
濡れないようにビニールで包んである。
風で飛ばされないようにくっつけてあった。

兄ちゃんや父ちゃんとと会えたか?バイクのってるか?
教えてやれなくてごめんな勇気。ホントの兄ちゃんにたっぷり教えてもらえな。

シゲさんは半年くらい前から体調を悪くしたらしい。
わかった時にはもう手遅れだったそうだ。
病院では看護婦さんに、酒が飲みたいと言っていつも怒られていたそうだ。

今度来る時はアイスクリームいっぱい買ってくるからな。
お前大好きなのに、あんまり食べれなかったもんな。
シゲさんは何がいい? ビールか?焼酎か?w

こんな俺に、あなたたち家族や社長、○○タイヤさん、沢山の人達が良くしてくれました。
俺の一生の心の財産です。誇りです。
結果は残せなかったけど、代わりに多くのものを頂きました。
本当にありがとうございました。

いままで読んでくれたおまいらありがとう。
朝になっちゃったなぁ。俺休みだけどw

全日本スレにスポンサーの話が出てたんで、思い出してしまった。

おまいらも見守ってくれている人がきっといる筈だ。
その人達を悲しませる事だけはしないでおこう、お互いに。
そんな俺も今年からまた、バイク乗ろうかなって思ってる。
スクーターかカブがいいな。

お互い安全運転で楽しもうぜ。

……ねぇ、くれないの??

娘(3歳)とおままごと中

娘「ごめんくださーい」
私「はーい」
娘「ごめんくださーーい!」
私「はーーい」
娘「……ねぇ、ごめん、くれないの??」


お茶くださーい!と同列だと思ってた模様ww
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR