疑惑の一品

今日電気屋で、ダイソンの羽根のない扇風機を見て、おばちゃん軍団が「これでどうして風が出るのか」を推理していたんだけど、

中の1人の
「もともと風が吹いてる所にこれを置いて、ここから出てるような気にさせてるんじゃないか」
という天才的発想の答えが、ずっと頭から離れません。
スポンサーサイト

ちっとも痩せない

毎日欠かさずビリーズブートキャンプ見てるのにちっとも痩せない
何でだろう?(´・_・`)

トップハム・ハット卿

某田舎駅の車掌さん、喋り方に特徴がある人で、アナウンスがいつも
「ドーア閉まりまぅぇぃすご注意ください」
みたいな感じ。
さっき、その電車を降りてそれを聞いた子供
「!!お母ちゃん!『トーマス参りますご注意下さい』って!」
お母さん
「あら大変!」

「ここの支払いは俺に任せろ」バリバリ

小5の時にヨーカドーで1050円の財布買ったら、残金50円になって財布いらねえじゃんと感じたことを思い出した。

それ以来、大事なのはガワより中身だと知って今の財布はジップロック。

めざましテレビ

占い師と中島のニュースで占い師を批判したあと、今日の占いカウントダウンもないよなw

道産子の温度耐性

道産子の温度耐性

-50℃ ~ -40℃ さすがの道産子も家に引きこもる
-40℃ ~ -30℃ 用事がなければ外に出ない。外出時もフル装備。
-30℃ ~ -20℃ 寒さを感じるが、外出を控えたいと思うほどでもない。
-20℃ ~ -10℃ ちょうどいい温度。道産子の活動がもっとも活発化する。
-10℃ ~ - 0℃ 半そでで出かける。「今日はあったかいですね」と挨拶しあう温度。
- 0℃ ~  10℃ 家で冷房をかける温度。暑くて外に出たがらなくなる。
10℃ ~ 20℃ 暑さで体の弱い道産子が死に始める。
20℃ ~ 30℃ 暑さで町から道産子の姿が完全に消える。道産子の1/3が死に絶える。
30℃ ~     灼熱で道産子が絶滅する危険性がある温度。

厳しくて優しくて

昔、役者を目指して劇団の俳優養成所に通ってたことがある。
その時出会った講師の先生が超厳しかった。

・5分前には全ての準備をして、いつでも始められるようにしろ。
・遅刻、忘れ物をするような奴は信用できない。帰れ。
・稽古場に入ったら荷物を一箇所に集めろ。
・ゴミはすぐに拾って自分のポケットに入れ、後でゴミ箱に捨てろ。
・席を立つときはパッと立て。気をつけはキチンと背筋を伸ばせ。
・会釈は15度、敬礼は30度、最敬礼は45度で!
・座面の3分の2に腰掛け、背もたれを使わず腰を伸ばす。
・女子は座った時に股を開くんじゃない。膝をしっかり閉めろ。
・語尾を無駄に伸ばした頭の悪い話し方をするんじゃない。
・「~で~で」とグダグダ話すな。きちんと「ですます」で要領よく。
・おまえらは一般教養もなければ礼儀作法もできていない。悔しかったら、きちんと勉強して、せめて人並みになれ。


こんな行儀や礼儀から始まり、稽古でも厳しかった。

・1日2時間の自主練習も出来ないようなら、さっさとやめてしまえ。
・ミスを笑ってごまかすような人間は、さっさとやめてしまえ。
・台詞を覚える知性も備わっていないなら向いていない。さっさと(ry
・相手役のためにも出来る限りを頑張れ。出来ないならさっさと(ry
・言い訳をして恥じない人間は向いていない。さっさと(ry
・仕事をサボったり手伝わない人間は向いていない。さっさと(ry
・男子は力仕事を、女子は細かい仕事を率先してやれ。出来ないなら(ry
・男子で機械の結線や操作を出来ない奴は(ry
・女子で衣装の裁縫仕事や差し入れの弁当づくりも出来ない奴は(ry

正直、とんでもないところに入ってしまったと後悔した。
体育会系には全く縁のなかった自分には本当に苦痛だった。
ここまでうるさく厳しいと、本当に続々と生徒がやめていく。
入ったのは28人ぐらいだったが、前期で8人がやめていった。

後期になると、より厳しさは増して行った。
卒業公演の前など毎日のように怒鳴られた。
結局、卒業公演まで残ったのは、俺を含め18人だった。

卒業公演を終え、そして劇団研究生の選抜試験で、俺は残れなかった。
こんな厳しい世界でやっていくことなど無理だと思い、
俺は役者の道を諦め、就職することにした。

それから3年後、養成所時代の同窓会をやることになった。
演劇の世界を諦めた俺は気が重かったが、仲間に会いたくて行ってみた。
同窓会に来ていたのは、卒業公演まで残った18人全員だった。
お互いの近況報告や思い出話をしているうち、話題は先生のことになった。
「鬼のように厳しい先生だったよなー。毎日、地獄だったよ」と言うと、
「え? あんなに優しい人いないよ」「わかってないよ、おまえ」

・自分から相談に行けば、2時間でも3時間でも付き合い、真剣に話をしてくれた
・家族のことでも相談に乗り、病院を紹介してくれたり、役所の制度を教えてくれた
・酔って暴れて警察に保護された時、真夜中なのに先生は来てくれて、警官に何度も何度も頭を下げて保釈手続きをしてくれた
・アトピーが酷いのを見て、アトピー治療の専門病院に紹介状を書いてくれた
・途中で辞めた子が介護の勉強で某派遣会社に通おうとしたのを真剣に止め、公的な訓練所を調べてくれて、手続きの仕方などを教えてくれた(その子はきちんと介護の上級資格を取り、公的施設に就職している)
・途中で辞めて料理人になるといった子に、有名なフレンチレストランを紹介
・途中で辞めた後、サラ金地獄に落ちた子の話を聞きつけ、債務整理の弁護士を紹介した
・卒業後、酔っ払いを車ではねた卒業生のため、最後の示談まで相談に乗った

俺は全然知らなかった。怖いと思って、先生を避けていたのだから。
個人的に相談に行くなんてとんでもないし、下戸だから飲み会にも参加しなかった。

「先生も誘ったんだけどさ、俺が行くとおまえら緊張するから、おまえらだけで楽しく飲めばいいよって遠慮しちゃってさ。あ、それから… おまえのことも心配してたんだぜ。就職できたのかなって」
「え… 俺なんか出来が悪かったから、そんなことないだろ」
「おまえ、ホントわかってないよな。今さ、就職して会社で行儀や礼儀で困ってないだろ?優しい人じゃなかったら、あそこまでうるさく言わないよ。俺たち、あんなに素晴らしい大人に会えて、幸せだったんだぜ」

俺は泣いていた。
劇団に残れなかった時も出なかった涙がとめどなく流れた。

今度、先生を囲んで飲みに行ってくる。
そして、今度こそちゃんとお礼を言おうと思う。

受験の時、親にまんが一切止められた

受験の時親にまんが一切止められた。
一生懸命我慢して無事合格。
合格発表をみとどけて家に帰ったら、学習机の上に止められていた間の愛読誌が全月分そろって並べられてた。
母が毎月買って保管しておいてくれたらしい。

その夜はほとんど徹夜で狂ったように読み続けたが、親は叱らなかった。

お米の国日本じゃないんだな

昨日、都内のパン屋さんの外で黒人の夫婦?を見かけました。
旦那が凄い勢いでレーズンパン?をもりもり食ってて、隣で奥さんが一口頂戴とパンをむしりっ

夫「やばい、パンが旨すぎる。もう一個買ってくる」
妻「もう少しで晩御飯の時間でしょ、レストランにいくんでしょ、もーーーっ」
夫、パン屋店内に。世に言うワクテカ状態で念入りに吟味、トレイに一個だけのせてレジへ。で妻の待つ外へ。

夫「フレンチトーストー!……だと思うw」
妻「もう、晩御飯たべるんでしょ……でも美味しそう。あったかいー」
夫「暖めてくれた! (もぐもぐ)やっぱりフレンチトーストだ。これも美味しい」
妻「一人でばっかり食べないでよもうっ」
夫「そろそろレストランにいかなくちゃなぁ……(じーっと店みてため息)どれもこれも美味しそう、困ったなぁ」
妻「もうっw だったら私も選ぶから買って帰ろう。で夜に皆で食べよう(仲間がいるらしい)」
夫「日本のパンが美味しいなんて……大発見だ、お米の国日本じゃないんだな、大発見したぞ俺!」

妻、店に突撃トレイとトンクもって、目キラキラ。旦那に向かって手招きしていた。

擬音おかん

おかんが電話かけてきて「そっちは雪降ってる?こっちはワリワリ降ってるけど」

うちのおかんはこの手の擬音語?擬態語?がいつもヘン。
「ぺきぺき寒い」とか「おなかがこんもりしてる(満腹)」とか、
「ジャージがうんにょろりん(着古して伸びきっているさま)」とか、
「やかんがへいへいしてるから止めてきて」といわれたときは何のことかわからんかった。
要するに沸き立ってふたがヘイヘイ!って感じでぱくぱくした状態になっているのでガスを止めろ、そう言いたかったとのことだ。
おかん、もうすぐ兄貴に嫁が来るのだからあんまり混乱させないようにな。

すっかり日本に染まったな

「今、クリスマスツリーの飾り付けをしてるんです。短冊を飾るんですよ。お願いごとの。子どもたちがしようよって言うから。よければ皆さんもお願いごとを書きませんか?
一日から門の横で短冊を配ってますよ。配ってるというか、置いてるだけですけど。
あ、それとここって門松は売ってますか?
予約します。どうせなら大きいのがいいです。
いいんですよー、僕の私物を道に置いておくってことで。神様もお怒りになりませんよ、たぶんですけど。お正月はね、佐藤さん(仮名・神主)がおみくじを引きにこいって言うんですよ。大吉引いてきます。大吉。根性で。
イースターで当たりを引かれましたからね、仕返しです。
お神酒も配ってくれるって言うんですよ。うちもクリスマスに何か温かいものを配りましょうかね。
お正月といえば、このお店は破魔矢と熊手と、どっちを飾ってます?僕は破魔矢にしようかなと思うんですけど、迷ってるんですよ。
やっぱり教会ですしね。熊手は違和感ありすぎますよね。じゃあお世話様でしたー」

と、うちの花屋の常連の神父が語っていった。
すっかり日本に染まったな、神父。
初期は布教しようと頑張ってたのに、逆に洗脳されておる。

アタイはナタリー

小さい頃、英会話教室でのイングリッシュネーム(教室ではこの名前で呼びあう)がナタリーだったので、いまだに一人の時は自分はナタリー。
「ナタリー、トイレ行こうかな~」
とか
「ナタリー、納豆が食べたい気分」
などと独り言を言う。
この前、電話に出る時に「はいナタリーです」と出てしまい、切られた。

父のトラック

ウチの父は長距離トラックに乗っていて、丈夫なことがうりだった。
短気だけど情に厚く、近所の子供とかに人気があった。
でも、50代前半で癌であっさり他界してしまった。

少し前、人間関係がうまくいかず、おちこんでいた。
とぼとぼ歩いていて、ふと顔をあげると、見慣れた車。
前方から、父のトラックが走ってくる。
ステッカーとか、ランプとか、確実に父の車。

他界後、縁のあった会社に引き取ってもらった車。
もう、7年も前なのに。

ちょっと、前向きに考えてみようと思った。

痛いぃぃぃ。腰擦ってぇぇぇ

二人目を出産した時、陣痛室の隣のベッドの人が促進剤投与中で相当痛いらしく
「痛いぃぃぃ。腰擦ってぇぇぇ」とダンナさんに頼んでた。
ダンナさんもいい人で「ここか?」とか「あともう少しだぞ」とか言いながら腰を擦ってる模様。
当方のダンナも3分間隔の私に「オレも腰擦ったりした方がいい?」と聞いてきたので「ううん。何もしなくていいよ」と言うはずがちょうど陣痛のピークが来ていて
「ぬぅぅぅぅ…そこで…そっと見守って…おれ」
と思いがけない返事をしてしまい自分でもおかしな返事に
「フヒヒッフヒヒッ」と笑ってしまったのを思い出した。

明日は嫁の誕生日

明日は嫁の誕生日。
早めに仕事終わって子供達とケーキを買いに行く。
家族で誕生会だ。
現実の嫁の年齢は32で止まってしまったけどロウソクは34本立てよう。

子供達が眠った後、愛してると言ってみるよ。
返事はないけど聞こえてるよな。
何でおまえはいないんだよ
なんでだよなんでだよ
おまえが一番悔しいよな

おれはずっと愛してるぞ 
俺がそっちにいったら返事を聞かせてくれ。



昨日は妻の両親も我が家にやってきてみんなでお祝いする事になった。
ケーキと妻が好きだった俺手作りの明太子パスタ。
全然うまくないんだが、妻はいつもこれがおいしいって言ってくれた。
味じゃないんだと。
狭いテーブルにケーキ置いてみんなでパスタを食べた。
妻の分は減らないんだけどね。

食事の後、妻の両親が持ってきてくれた妻の子供の頃のアルバムをみんなで見た。
産まれた時の妻、子供の頃の妻。
子供達は自分より小さいお母さんを見て大喜びだった。
中学正、高校の妻。それから妻が我が家に忘れていった社会人時代のアルバム。
やがて俺と出会い結婚し出産し・・・
みんなであーだこーだ言いながら妻の秘密を暴いたみたいで楽しかった。
もしかしたら妻は俺達の後ろで怒ってたかな。

妻の両親が帰って子供達が眠った後、妻の写真を持ってベランダに出た。
頑張って言葉を出そうと思ったけど込み上げてきて涙が溢れてきて、もう感情が抑えきれなくなってうずくまって泣いてしまった。
もう泣かないって決めてたのにごめんな。
自分じゃ「愛してるよ」ってなんとか言ったつもりだが聞き取れたかな。

子供達の為にもしっかりしなきゃならんけど本音じゃ寂しいよ。
おまえに会いたい。おまえの声が聞きたい。
おまえが一緒にいた時に何故言えなかったのか。悔やまれる。

来年の誕生日はもっとはっきり言えるようにしよう。

このエロ小僧め!

このエロ小僧め!
出かけるたびにデパートの店員さんやらウェイトレスさんやらお菓子屋のお姉さんやら通りすがりのお姉さんにまでニコニコとアピールしやがって。
母の手をふりほどいて何してるかと思いきや、子供服売り場のお姉さんの顔をのぞき込んでは走り回るの繰り返し。
2才児のくせに新手のナンパか!!
お姉さんにも失笑を買ってるのにいい根性してるな。


もうおまえなんか連れて外出してやらねー!
家で本でも読んでもう少しおりこうになりやがれ!

絵本に載ってるおまえが指さしてるのはトミカだ。車だ。
「クルワー(・∀・)」
日本語も満足に話せないくせに何が廓だ!!20年早いわ!!
くそして寝ろ!!

中学の体育祭にて

組体操ってあるじゃん?
あれでさ、「3人1組になって下に2人が四つん這いになってその上に1人が立ち上がる」
っつー演技あるじゃん。
それで3人1組になったんだけど、
俺と、腹にぶっ刺さった奴と、あと女子が1人余っちゃってその女子と3人組になったわけよ。
こーゆーとき普通は女子が上になるんだろうけど、ぶっ刺さった奴、前にも書いたけど張り切るから。
上がいいとか言い出して、結局そいつが上になったのね。

で、体育祭本番の組体操で、3人1組になってその演技をする時になったんよ。
で、ちゃんと出来たんだけど、上の奴張り切るから。
上の奴が親か誰かにに手を振って、そいつが運動神経良くない事と下の1人が女子だってことが重なって、またこけたんだよ。
女子が仰向けになって、その顔面に上の奴の尻がズドーンッ!ってなる形で。
周りの親とかキャーとか言って、そいつ気絶して病院行き。
でも、上の奴の尻がズドーンてなった事が気絶の原因じゃないんだ。

これは近くにいた俺だけが知ってることなんだけど、ズドーンてなったときまだ彼女の意識はあった。
手で「早くどいて」みたいな感じで上の奴の尻を叩いたから。
間違いないよ。俺見たんだから。

でもその時だよ。
俺は聞いたんだ。明らか屁をこいた「ブッ」って音を。
上の奴びっくりしたんだろーね。ズドーンてなった衝撃で屁こきやがった。
彼女は奴の屁で意識を失ったんだよ。
これは俺と奴と彼女しかしらない。
ていうズドーンより恐ろしい屁の話。

学校で起こった事件

小学生のとき。
 
休み時間に皆で竹馬して遊んでた。
で、休み時間終わったから竹馬片付けに体育用具室に行ったんだけど、まだ小学生だからさ、
体育用具室着いてもちょっと竹馬で遊んでたんだよ。
んでそろそろいこーぜーっつって俺とか皆竹馬片付けたんだけど、クラスのリーダー的なやんちゃな奴がいてさ、そいつだけまだ竹馬で遊んでたのね。
皆もおいてくぞーなんて言いながらまあ一応待ってたんだけどさ、そいつなんか竹馬乗ったまま片付けよーとしてんのね…
竹馬をしまう用具?みたいなのがうちの小学校は下に穴が空いてて、壁に立て掛けとくタイプだったんだよ。
それでそいつは竹馬に乗りながら、穴に竹馬の足を上手く通そうとしてるわけ。

んで、そいつあんま運動神経良くなくてさ。いるじゃん、運動神経良くないのにサッカーとかではりきるやつ。
そいつまさにそのタイプでさ、バランス崩してこけたのね。
竹馬立て掛ける壁の隣にボール入れるカゴみたいなのがあるんだけど、そのカゴの4方の棒が異常に出っ張ってんのね。
立体の4角形の体積計るときの「縦×横×高さ」でいうと「高さ」の部分の棒ね。
その棒が異様に出っ張ってて、そいつ竹馬でこけてその棒に思いっきり腹からドーンッ!って突っ込んだわけよ。

いやー、死んだかと思ったよね。
腹貫通してんだもん。
そいつももう「D!△□?×$俺死んだ!俺死んだ!」とか言って半狂乱。
俺たちも「うわああ腹腹腹腹かかかかか貫通かか」とか言って半狂乱。
すぐに先生来たけど先生も「きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅ救急車!救急車!」とか言って半狂乱。

もう皆で
「〇×$△!□?!D×!」ってパニック状態。
んでそのぶっ刺さってる奴がいきなり
「ごめんなさい!ごめんなさい!」って謝りだしたのね。
「生きてます!生きてました!」って。
先生も「うん生きてる!生きてるけどこのままじゃ死ぬから!死にますから!今生きてるのは わ か っ て ま す か ら !」
ってなんか説教ぽく言いだすし。
カオスだよね。
で、ぶっ刺さってる奴が「違うんです!刺さってないです!腹に刺さってるけど腹には刺さってないんです!」


よく見たら服を貫通してるだけで肉には擦り傷だけで済んだという話。

かめはめ派は遊びじゃねえんだよ!!

起きぬけになぜかかめはめ波が撃てる気がして、やってみたんだけどダメだった。
でも同時に家の外でキュルルルガシャーンて聞こえた。
窓開けたらバイクの兄ちゃんが転倒しとるがな。
急いで外出たら意識はあって、転んじゃいました~とか爽やかな様子だけど、体吹っ飛んでるしなんか責任感じたので救急車呼んだ。
事故初めて見るし近所の人集まってくるしで朝から大騒動。
兄ちゃんを乗せた救急車が去って一段落…と思ったらチャイムが鳴った。
うおー警察官じゃないっすか!
何事!?何事なの!?と本日2回目のパニック。

警官「事故のことご存知ですね?」
私「はははい…」
警官「バイクの方とはお知り合いですか?」
私「え?いえ違いますけど」
警官「あの、ご近所の方からあなたが執拗に謝っていたと伺いまして」
私「……………へ?」
うん、確かに謝った記憶あるわー縋り付く勢いで謝ったわー
そりゃ何かしたと思われるよ!ばか!!

私「すいません…寝起きで…タイミングがあれで…」
警官「はあ」
私「ちょっと魔法とか使ってたもんで…」
警官「はあ?」

ここで無線が入り、兄ちゃんが自分でスリップしたと別の警官に言ったっぽい。

警官「で、結局寝ぼけてたってことですかね?」
私「結局その通りです…」
警官「ご注意くださいね」

一応これで終わったっぽいけど、朝から疲れすぎたので今日は有休取った。
もう二度とかめはめ波は使わない。

『仕事をするために生きている』

次期経団連会長、キヤノン酒巻が2009年度の入社式で放った言葉

「『生きるために仕事をしている』という言葉すら、私に言わせれば甘えています。
生活という逃げ場を無意識で作ってしまっているからです。
これでは24時間100%の力など到底出せる訳がない。
どうか皆さん、『生きるために仕事をしている』という意識で仕事をしないでください。

『仕事をするために生きている』という意識でこれからは生きてください。
倒れるまで働いて起き上がれる分だけの睡眠をとって、また倒れるまで働いてください。
本来、仕事というのはそうやって覚えていくものなのです。

もう一度だけ言います。あなた達は生きる為にこのキヤノンで働いているのではないのです。
このキヤノンで働くために生きているのです。どうかそれを忘れないでください」

花火大会

親友に彼女を奪われた。

ビルの屋上で花火観賞をしていた。

「あいつを奪うみたいになって悪かったな」

『しょーがない』

「怒ってないのか?」

『別に。あいつがお前を選んだだけ』

「なら良かった」

『あいつが待ってるから早く行けよ』

「ありがとう。応援してくれ」

俺は親友の背中を力強く押した。

ふりーだむひなまつり

今日のできごと。
お雛様を見たら三人官女がいない。
代わりに都バスが乗っていた。

三歳男児を呼んだら「お雛様にバス見せた」
三人官女の行方を聞いたら「電車待ってる」
プラレールの駅の横っちょに三人並んで貨物列車待ってた。

お道具のお三宝がないので探したら長女が飴玉のようにカランコロン口の中で転がしていた。
眩暈がする。

あ…れ…?

今日通学のとき駅に傘忘れた。気付いて取りに戻ったけど、忘れた場所にはもう傘がなかったので駅員さんに忘れ物の傘届いてないか尋ねてみた。
傘は届いていたみたいで、持ち主確認のための質問(傘の色とか模様)をされて、小さな書類に名前も記入させられた。
傘を返すとき駅員さんはニコッとして「親切なオジサンが届けてくれたんですよ~」と言っていた。

…私が傘を忘れたの、女子トイレなんだけどな(´・ω・)

酔っ払いが千鳥足で歩いていた

先日の午後十時過ぎころ、電車を降り帰宅しようとしたら、前を酔っ払いが千鳥足で歩いていた。
ドリフのコントを思いだし、微笑ましく眺めた。
しばらくすると酔っ払いの前から、首輪をつけていない三毛猫がトコトコと歩いてきた。
酔っ払いが
「お~~迎えに来てくれたのか~」
と三毛猫を抱き抱え、また歩き始めた。
迎えに来る猫か…。うらやましい…。
そんなふうに思ってると
「本当にお前は賢いな~。黒毛も可愛いし………三毛…? ………誰だ、おまえ!?」

缶コーヒー吹いた。
その後、
「まあ、いいか。今日からウチの子だ!」
くそ! 幸せにな!

Aランクの上がSランクってどういうことだよwwwwwwww

Splendid
Amazing
Brilliant
Cool
Daibusugoi
Excellent
Fantastic
Great

つまりみんなすごいってことだよ

大御所は何をいっても許される

長嶋さん「この試合、一点でも多く取った方が勝ちです」

あっちゃんに声を掛けた

以前、あっちゃんに声を掛けたことがある。
町中で突然、ファンです、握手して下さいって普通のタレントなら嫌な顔して無視していくんだろうけど、あっちゃんは違った。
「いつも応援ありがとうございます」と笑顔で握手してくれた。
CDもDVDも買いましたと言ったら、「お財布と相談して買って下さいね。たくさん買って下さる人がいらっしゃいますけど、いつもそういう話を聞くたびに心配してしまいます」て言ってくれた。マジ天使だった。
あっちゃんを叩いてる奴に、俺は声を大にして言いたい。
俺が言ってる事はまるっきりの作り話だと。

名字は?

1年生の息子が、新顔の友達を連れてきた。(黄砂が酷いので家で遊ばせてる)
今時めずらしく礼儀正しい少年で、自分から挨拶してくれた。
「こんにちは、はじめまして。ダ!健一郎です」
「こんにちは。…ええと、健一郎君。名字は?」
「ダ!健一郎です。名字はダ!です」
「…そう。よろしくね」
私ナメられてるのか?と悩むが、彼はいたって真面目。息子も
「ダ!健一郎、ドラえもんの日本旅行ゲームしようぜ」と至って自然。

ダ!健一郎君が帰ったあと、息子に
「あの子の名前、なんていうの?」ときいたが
「ダ!健一郎だよ」
「そんな名前、あるワケないでしょ!先生はなんて呼んでるの?」
「知らない。別のクラスだし」(知っとけよ!!)
1年生の名簿を見たが当然「ダ!」は載ってない。誰だったんだ…orz

ナンパされた

今日喫茶店で紅茶飲んでたんだけど、白人のお姉さんに「席となり良いですカァ??」
みたいな感じで日本語で話しかけてきてくれた。
ちょうど、バイト先で嫌なことあったし気分転換がてら話してたけど、どうやらナンパ?だったらしい。
とりあえず、笑顔で誤魔化したけどショートカットだったし化粧はリップくらいしか塗ってなかったけど私女です・・・orz
良い人だったし、美人だったけど自分のあまりの胸の無さに泣いた。

免許の更新

免許を更新したら、指名手配犯から遺影っぽく進化した。
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR