夏休み中、複数の万引き犯を捕まえた

夏休み中、複数の万引き犯を捕まえた。
近所の学校で流行っているのか、
「死んで詫びます」と言うガキが3組ほどいたらしい。
そのたびに店長は
「そういうのは生きてる価値のあるやつが言うことだ」
「君の死が、なぜ詫びになるの?」
「君は何回、生き返ったんだ?」
皮肉がキツすぎませんか、店長。
スポンサーサイト

土方だったジジイの昔話

土方がらみでウチのジジイの武勇伝。
高度成長期末期の昔話。

とある突貫現場工期が押していたので、ジジイに建設会社の現場監督から応援要請。
ジジイは職人総動員で何日も徹夜して、柱やなんかをなんとか作り上げて納めた。
ところが、支払いの話の段になって、監督が「客から金をもらっていない」「赤字現場で金は無い」とかのらりくらりと支払いを拒む。
ジジイからしたら相手は若造、立場もわかると、現場事務所で紳士的に話し合いをしていたが、監督が「下請の分際でしつけーんだよ!おめーら出入り禁止だ!」とキれた。
ジジイ、「わかりました。それでは結構です。」と。監督の目の前で、脇に座っていた職人の番頭に、
「ウチは手を引く。全部撤収な」と指示。

番頭はその場にいた手下に総動員指令。現場に納めた自社の納品物全部を回収。
どうしたかって、完成間近の建物の、自分達が納めた柱やなんかを根こそぎ切り落とし、トラックに載せて搬出。
建築会社の担当社員達が飛び出してきて体を張って止めに入ったが、サラリーマンと職人では腕力に雲泥の差。
見る見る血染めになる打ったばかりのコンクリート床。
同じように支払いを拒まれていたほかの下請業者も悪乗りして搬出に協力w。
あっというまに丸々1工区分を解体、撤収してしまった。

監督は裁判だなんだと息巻いたけれど、番頭の「うちの若いモン、監督さんの自宅に送ろうか?」でぐうの音も出なかったそう。
ジジイは、監督が現場資材を水増し発注して自宅を新築したことを知っていた。

直後、建設会社とジジイの間で何やら話がまとまり、未払い分は全額支払い、監督島流しで手を打ったと。
その後、ジジイと職人は更に徹夜して、超突貫で同じものを作って納めて話が丸く収まったとのこと。
結局ジジイにしてみれば改めて作った分金が掛かったが、建設会社には請求せず、自分の儲け全部放り投げて下請に払ったとのこと。
職人たちは自分達の面子が立ったと大喜びだったそうです。

女性の井戸端会議ってすごい長いしうるさいよな・・・

毎日毎日マンションの入り口前で、幼稚園の子供連れたママたち4~5人がでかい声で井戸端会議していた。
ちょうど幼稚園バスがマンション前に止まるようで子供たちを迎えにきた時に、そのまま立ち話をしているようだった。
子供はマンション前でキーキー奇声をあげながら追いかけっこしたり、大騒ぎ。
とにかく子供の奇声がうるさいし、ママたちの笑い声もかなりイラつく。
しかも子供がお菓子のゴミをポイ捨てしているのに、話に夢中で全く親はみていない。
これがずっと続いていて、幼稚園に苦情を入れたりしていたが一向になおらない。

この状態が3か月続いたある日、子供のキーキー声とママたちのバカ笑いの声を聞いたらブチっと我慢の限界を迎えた。
窓を開けて
「うっっるさいんだよーー!!!!毎日毎日キーキー騒ぐ子供と、悪口三昧のアホ親の声きかされて!!!響いてないとでも思ってんの!?全部丸聞こえですからー!○○の奥さんが鼻につく話何回してんだよ!!ただの嫉妬のくせにうぜー!
子供がアホみたいに騒いでも注意の一つもできないクソ親のくせに!!!
子供のゴミのポイ捨ても注意しろや!!お前らみたいな親がいると迷惑なんだよ!!!!!消えうせろおおお!」

と、思いっきり叫んだ。
顔は出さずに叫んだから誰が叫んでいるのかはわからなかったと思う。バレててももういいけどw
ママ達は逃げるように解散して、それからはバスが来てもさっさといなくなるようになったから叫んで後悔はしていない。

原付に乗ったDQNが歩道を走ってきた

昨日のコト。
二人乗りの原付がこっちに向かって歩道を走ってきた。自分は避けずにそのまま真っ直ぐ歩いていたため、私とぶつかる直前で相手が避けた。
「オラぁ!」「ぶっ殺されたいのか!」と原付の二人はこっちを睨みながら罵声を浴びせつつ、そのまま電信柱に突っ込んで行った。
避けなくてごめんなさい。

爺様のところにオレオレ詐欺が掛かってきた

去年亡くなった爺様の話。

爺様のところに「俺」から交通事故を起こしたとの電話。
相手が妊婦で事故のショックで流産。示談金にウン十万振り込んでくれってありふれたオレオレ詐欺。
それを聞いた爺様、一喝。

「このバカ孫がぁ!これから母親になろうとする人の幸せを奪っておいて何が示談じゃ!
腹ぁ切って詫びんかい!ワシが介錯してやる!その後ワシも腹切って詫びるわい!
今どこじゃ!刀持って今から行くぞ!」
相手は慌てて電話切ったそうな。

爺「どんなに耄碌しても孫の声は忘れんわい。ちょっとからかってやったんじゃ。わっはっは」
俺「じゃあもし本物の俺が事故起こして電話してきたらどうする?」
爺「さすがのワシでも可愛い孫に腹切れとは言えん。猟銃貸してやるからそれで詫びろ。腹切るよりゃ楽じゃろ。」
俺「・・・・・・・」

お洒落でユニークで大好きだった爺様の武勇伝でございました。

元旦那はDV男

私の修羅場と姉の武勇伝。

二年前の話なんだけど元旦那はDV男で毎日殴る蹴るされてた。流石に離婚しようと思って話し合いしても無駄。
その当時は本当に頭が回らなくて誰にも相談しなかった。
そんな時偶然街中で姉の親友(以下A子さん)と遭遇。
A子さんに痣の理由聞かれるも答えられずにその場は逃げた。
姉は仕事で県外に出ていて忙しいから大丈夫だろうと思っていた。
でもその夜、姉から電話がかかってきて痣の事を聞かれた。
姉の声を聞いてたら安心してしまって、全部話したら次の日車で三時間以上かかる所から仕事の有給を使って来てくれた。

姉は元旦那と話すと言ったので二人で元旦那の帰りを待っていたら旦那帰宅。
そっから姉がいきなり旦那に一言。
「妹が大変お世話になりました。離婚させるのでww」
と本当に笑いながら旦那は姉と二、三回あった程度だし姉の見た目を見て(147センチの細身体系)キレた。
姉を殴ろうとしたので、私が止めようとしたら姉が元旦那の髪つかみ壁に押し付ける。旦那と姉は20センチ以上の差があったので元旦那が引っ張られる感じになっていた。その後髪を掴んだまま顔面にグーパン元旦那は鼻血大量にだす。

そのまま姉の命令で元旦那両親召喚。
元旦那両親は元旦那の姿見て呆然。
姉いきなり土下座をし
「お宅の息子さんは口で言っても分からない相手には暴力だと言っていたようですので私も暴力をさせていただきました。妹は私にとってはとても可愛い子ですので身体に痣を作っているのは見過ごせませんので離婚させていただけないでしょうか?勿論息子さんの治療費はこちらでお支払いさせていただきます。」

私な姉無双からここまでポカーン(゚Д゚)
元旦那両親は
「悪いのはこちらだ。治療費は受けとれない。慰謝料はこちらが払う」
と完全同意。
そのまま姉が何故か用意してた離婚届にサインをし姉は何故か大人しくなった元旦那つれて病院へ。結局治療費だしたらしい。

これが私が体験した修羅場と姉の武勇伝。
修羅場の中心人物の筈なのにずっとポカーン(゚Д゚)としてただけだけど姉には感謝しっぱなし。
姉が主夫してくれる旦那さん捕まえたのと私も再婚するので思い出に投下。

兄貴の趣味

兄貴の趣味の話。

最近新しいデジカメを手に入れご満悦。
家の近所にはバス停。
待ち時間に( ゚Д゚)y-~~し放題の、各校高校生。
制服フェチでもあるため近所、沿線の制服は網羅。

『現代の若者』的いい感じの(喫煙)写真撮る。
コンテストに応募するための許可申請で学校へ送る。
高校生あぼん。

ライフワーク1年と半。
近所のバス停を利用する高校生激減。
バスの本数激減。
俺超迷惑。←今ココ

華麗なる対応

そこそこ混んでる電車にて。
バッグを座席に置いて大股開いて陣取ってるおっさんがいた。
みんな迷惑そうな視線は送るけど我関せずな空気。
駅について乗ってきた客に高校生くらいの男の子2人とお婆さんがいた。
男の子たち、ツカツカとおっさんのとこに近づいてバッグをどかして

「おばーちゃん!ここ空いとるで!座りー!」と勧める。

おっさん「俺のカバンになにする!」と逆切れするも

男の子A「なんや、このバッグ切符買うとるんか?」

男の子A「なあ、バッグくん、キミ座席に座る権利あるん?切符買うたん?」

男の子B「んーん買うてへんよ(バッグ抱えて裏声で)」

男の子A「切符買うてへん言うてるで?網棚においてええやろ?おっちゃん?」

おっさん(ぐう・・・無言)

お婆さん男の子たちに御礼言いながら席に座る。
一連の流れが漫才みてるみたいで華麗な対応にトキメイた30歳♂

地毛がけっこう茶髪で校門の生活指導で引っ掛かった

地毛がけっこう茶髪で高1の時に校門の生活指導で引っ掛かった。
翌日に地毛である旨の親の手紙と子供の頃の写真を持って行ったが指導の先生に
「最近の親は小さい子供に染めさせたりするから何の証明にもならない」と鼻で笑われた。
茶髪の部分を切るか黒にするよう言われたが、そもそも染髪自体が校則で禁止なので納得がいかない。

なので翌日、肩まであった髪をスキンヘッドにして登校した。
「先生の指導どおり切ってきました!」
もちろん即指導室行きで、生活指導、学年主任、担任、はては教頭まで揃いぶみだった。

こちらとしては染髪は校則で禁止と明記されてるので茶色の部分を全部切っただけ。
これから生える髪が茶髪なので、茶髪が禁止ならば3年間ハゲで過ごしますと言った。
生活指導の先生には生意気だとビンタされた(体罰はちょっとと、さすがに教頭にたしなめられてた)

ムカついてたら入学式に校長の海外の姉妹高と初の短期交換留学の計画があるという話を思い出して
「この高校は黒髪しか許さず、これからやってくる留学生が生まれつき金髪でも赤毛でも
黒髪に染髪するよう指導するのでしょうか?そう指導する予定があるなら私も真っ黒にします」
って言ったら全員黙った。

結果、茶髪は今後生えてくる髪を随時見て地毛と判断されたら染める必要はないと言われた。
だが暫く坊主頭のままで出歩き、理由を聞かれる度に茶髪の地毛を信じてもらえず学校の指導でこうなったと答えてたら私立の女子高なのに恐ろしい指導をすると一部で噂になった。

翌年の入学の保護者向け説明会で『生徒指導で女の子なのに坊主頭にさせるのは本当か?』と質問まで出たと聞いた時は少し笑った。

新入社員だった頃飲み会でセクハラを受けた

新入社員だった頃飲み会でセクハラを受けて衝撃だった。
テレビの中だけじゃなくて現実の社会で?それなりの地位の人なのに?子供もいるのに?
こんなことが許されるの?マジで?って思った。

配属されたところがやたらと飲み会の多い部署で2次会は必ず部長お気に入りのスナックだった。
この部長が自称飲むと記憶を無くす人で
「え?セクハラ?酔ってて覚えてないなー、あっはは」
毎回これで誤魔化していた。
でも毎回スナックのチーママ?っぽい人と女の先輩がさりげなく引き離してくれた。

あー今日のはサイアク!って日にやっぱり先輩が来てくれた。
「ぶ~~ちょう♪」
「おお、先輩君!」
先輩は綺麗な人だったので部長大喜び、先輩に触ろうとした。
振り払う先輩、そして満面の笑みで言った。

「も~う♪そういう事するから女子社員から嫌われるん・で・す・よ♪」

「想像してみてください、部長がもしも若い女性だったらハゲててデブで気持ち悪い中年のおじさんに触られて気分良いと思いますか?」
「大体この状態をおうちにいる娘さんに見せる事、できますか?」

硬直する部長を置いて(この間も満面の笑み)先輩は私の腕をつかんで別の席に移動した。
その際チーママにアイコンタクト送ってチーママが部長の元に移動。
「部長さぁん♪触るなら わ・た・し・で・しょ♪」
と部長の腕にすがった。
「おおう、そうか」とあっさり笑顔に戻った単純な部長。

「…先輩、酔ってますか?」
「ん?今日車だから飲んでないよ。飲んでないから言えちゃうのかもね、酔ってる時は逆にセーブしちゃう」

しばらくしてチーママが来た。
「困ったら目配せしてね、私達ってこんな時の為にいるのよ。若くても年配の方でも、来てよかったって気分にさせて帰すのが仕事なの(笑)その為にお給料はに貰ってるんだから頼ってね。職場の飲み会って仕事の相談の時もあるから、割って入るタイミングが難しいのよねぇ」
 
先輩は部長のツケでフルーツ盛り合わせ3個を勝手に注文した。
(解説するとフルーツ分の料金がチーママのポイントになるらしい)
素晴らしい連携プレーだった、これの大人のギブアンドテイクかと思った。
器だけがゴージャスだったけどフルーツはちょっぴり。これで一つ5千円以上するんだよと先輩が教えてくれた。

翌日先輩は会社に着くなり真っ先に部長の元に行った。
「部長~、昨日に限ってだけっ!記憶あるんですか?(笑)」
「記憶ないんだ~」と引きつった笑みで部長が答えた。
「そうですか~、フルーツご馳走様でした(笑)」

先輩は「こんな会社辞めてやる!」って状態だったので英断したらしい。
なんだかんだで辞めるのを止めた。
後にその度胸を買われたのか出世までした。
スナックの女性をちょっぴり尊敬するようになった。
プロってかっこいいね。
先輩の話だけど胸がすーっとしたのでこちらに書いてみた。
部長のセクハラはこれ以降沈静化しました。
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR