ないない

うちの1歳4ヶ月娘。
テレビでバスケの試合を見てたら、ボールが画面から消えた瞬間、テレビの裏をヨチヨチ覗きに行った。
しばらくテレビの裏を探したあと、振り向いて「ないない」と涙目になった。
可哀想になったのか上の子(7)が、半日ボール遊びに付き合ってた。
スポンサーサイト

しゅいません

数年ぶりにバスに乗った。
自分が乗った次の停留所で親子が乗ってきた。
男の子は2〜3歳くらいでバスに乗る時に「おにぇがいちまーっしゅ!(お願いします)」と運転手さんに言って、
通路を挟んで私の横に座って靴を脱いで、窓の外を見てた。
しばらくして

男の子「あ、しゅいません」

母親「どうしたの」

男の子「ばっちい。しゅいませんでした」

と言いながら靴下を脱いだw

母親「靴下はいいよー」

男の子「ばっちいから」

母親「もーw靴だけでいいってw」

男の子「(私に頭を下げて)しゅいませんでした」

靴下を両手で顔の高さに持って頭を下げる姿がかわいかった。

窓開けてまで両手でバイバイしてくれたバスもあった

高校の前を毎朝通って登園なんだけどそこの生徒が普段からみんな優しい。
小さい子がいるからって歩道でもなにかと気を使ってくれる。

今朝は課外授業かイベントかで観光バスがたくさん止まってた。
車好きのうちの子は何にでもバイバイするので観光バスにもバイバイした。
そしたら各車両の子たちがバイバイし返してくれて、窓開けてまで両手でバイバイしてくれたバスもあった。

子供は大喜びで、バイバイしてくれたー!と嬉しそうにしてたんだけど、私は学生たちがたった一人の子供につきあってくれた気持ちが本当にありがたかった。
子供産んでからうっかりするとすぐ泣きたくなるから困る。

めだまぽーん

二週間ほど前の朝、満員電車に乗ってたら、後ろから肩を突かれた。
振り返ってみてみると、そこに完全に見た目やくざな兄ちゃんがいた。
180以上ある身長に、坊主頭、ひげを生やして、目つきのこわい兄ちゃん。
何人か殺してるな、って感じの兄ちゃんだった。

一瞬で頭が真っ白になって、私は固まった。
ところが、やくざはちょいちょいと私の腰の辺りを指差す。

で、そちらを見てみると、お尻を撫でまわされてる女子高生がいた。
私と同じ生物とは思えない、可愛い女子高生だった。
私の胸くらいまでしかない、小っちゃい女の子が、泣きそうになって、俯いてる。
(どういうこと?痴漢を止めろってこと?)
正直、意味がわからん。

で、私は動けなかったわけなんだが、そんな役立たずな私を押しのけて、やくざの兄ちゃんが、痴漢の腕をがしりと掴んだ。
痴漢は、何かどこにでもいる感じの中年のサラリーマンだった。

やくざ「えらいことしてくれてんなあ、お父さん」(ほんとにこう言った)

痴漢「え?え?」

やくざ「痴漢はアカンで。そこらに貼り紙あるやろ?」

痴漢「あ、あの…」

痴漢、しどろもどろ。無理もねえよ

やくざ「言い逃れはきかんで。証人もおる」

で、私の方を見るやくざ。
正直勘弁してくれと思いながら、私はコクコク頷いた。

その頃には、私、やくざ、女子高生、痴漢を囲むように、何か二メートルくらいの人垣ができてた。
さっきまで私の腹のぜい肉にカバンを押しつけてたおっさんとかも、向こうの方で、立ったまま寝たふりしてたw

で、痴漢は認めたわけなんだが、その途端、やくざはとんでもないことを言い出した。

やくざ「実はこいつ、俺の妹なんや」

リアルに噴きそうになったw
その場にいた全員、(ねーよ!)と思ったと思う。

が、図々しいことを言い出すやくざの勢いは、まだ止まらない。

やくざ「どうする?」

痴漢「え?」

やくざ「とりあえず、この後は当事者間で話し合うべきなんやろけどなあ」

わざとらしく女子高生を見るやくざ

やくざ「妹は無理みたいやし、俺が代わりになるわ。お父さん、俺と話しよか」

痴漢「…」

痴漢は泣きそうだった。というか、泣いてた。

あれよあれよという間に痴漢は名刺だの免許証だのを取り上げられて、次の駅でやくざに引きずられていった。
残された私は、ほとんど放心状態になってたw
一人のサラリーマンの人生が終わる場面を見てしまった衝撃は、すごかったです。
で、腰が抜けかけてる私に、女子高生が「すいません…」と言ってきた。

正直ホッとして、私は

「あ、うん。大丈夫やった?」

女子高生「はい」

私「怖かったねえ」

女子高生「すいません…」

私「うん?」

女子高生「あの、兄がご迷惑をかけて…」

その日一番の衝撃発言を、女子高生が口にした。

女子高生が何を言ってるのかしばらく理解できなかったけど、何か、やくざはほんとに女子高生の兄だった。

後から女子高生から事情を聞いたところによると、こういうことらしい。

この四月から、女子高生はあのサラリーマンにずっと痴漢されてた。
乗る電車を変えても狙ってるように、ほとんど毎日なので、怖くなってやくざ(お兄さん)に相談したそうだ。
で、警察沙汰とかにして事を大きくするのは怖いという妹のため、やくざ(お兄さん)が一肌脱いだらしい。

その後は、しきりに恐縮する女子高生となぜか連絡先を交換して別れたんだが、その日の夕方に、女子高生から電話がかかって来た。
出たら、やくざだった。

やくざ「あの、今朝はご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」

私「あ、いえ、どうも、フヒヒ…(誰だよ、お前)」

やくざ「よろしければ、一度お会いして、改めてお礼をしたいのですが」

私「い、いえ、フヒ」

遠慮したんだが、どうしても、ということなので、妹ちゃんの方とだけ会うことになった。

で、この日曜日に妹ちゃんとお茶をしたんだが、この時に事情を聞いた。
ただ、痴漢がどうなったかは、妹ちゃんも教えてもらってないらしい。

やくざ(お兄さん)の話とかも、色々と聞いた。
お礼のことを私があまりにも遠慮するから、やくざは「怖がらせてしまった」と落ち込んでるらしい。
ちなみにやくざは、私と同い年だった。
しかも、国立理系の大学生、超インテリだった。

で、あまりにも妹ちゃんがやくざの話を楽しそうにするから、
「お兄さんのこと、大好きなんやね」と私が言うと、
妹ちゃんは「そんなことないですっ」と言った後で、慌てて、
「あ、そうじゃなくて、大好きだけど、普通に大好きなだけです。特別じゃないです」と言い足した。
かわいすぎて、死にかけた。
あんな妹が実在するとは。
何とかして、妹ちゃんに「お姉ちゃん」って呼ばれたい。

以上です。
色々と衝撃的な事件でした。

あれっ!?破っちゃっていいの!?

2歳半息子、鬼とかお化け大嫌いなビビり

私が鬼のパンツを歌うと合いの手を入れてくる

私「オニ~のパンツはいいパンツ~すごいぞ~」
子「しゅごないぞ~」
私「すごいぞ~」
子「しゅごないぞ~」
私「100年~たっても破れない~」
子「やぶっちゃったもん!バリッ」
私「あれっ!?破っちゃっていいの!?オニ泣くよ??」
子「……」

子「なおした!もうなおしたよ!シール(多分セロハンテープのこと)貼った~」

あ~かわゆ
でも、その後の歌詞も全部否定系かぶせてくるよw

可愛い猫のキーホルダー

うちの実家、ナビにも道路が標示されないような田舎なんだけど、今のような観光シーズン、たまに迷い込んでくる人がいて、幅の狭い田舎道なので、脱輪して水路に落ちるのが結構いるらしい。 
んで、そのたびにご近所のじいさまやばあさまがトラクターを出して引っ張り上げてるんだそうだ。 
中には礼も言わず走り去る無礼者もいるらしいが、うちのママンはお礼に可愛い猫のキーホルダーをもらったと自慢げに見せびらかしてくれた。 


どこの製品か解らないけど、ギコ猫のキーホルダーだった。 
2chねらがこんな田舎に来て水路に落っこちたのかと思うと、ちょっとワロタw 

連休中のできごと

親戚の集まりって和むな
おじさん、おばさんは、いつまでたっても子ども扱いしてくれる 
「これも食べなさい。」とか「大きくなったなぁ。」とか 
40過ぎの良い大人が言われる事ではないw 
まぁ、いいや

のしって何?(´・ω・`)

今しがたのできごと。

めったに私(娘)の部屋までこない父がそーっとドアあけて
「…のしって何?(´・ω・`)」
チャットしてたら相手が「のし」と使ったらしい。

私「ほら(手を振る動作)」
父「(´・ω・`)?」
私「手を振る動作に見えない?」
父「…”のし”… …?(´・ω・`)」
私「半角で」
父「のし… ノシ… Σああ!」
私「しょっちゅう使ってるよーw」
父「Σそうなの」

ちょwwwwwwwww
謎が解けて嬉しそうなのと自分に分からなかったことがちょっぴりショックだったっぽい父になんだか萌えたwww

美術館で風船をあげるアルバイトをしていたんだけど

美術館で風船をあげるアルバイトをしていたんだけど、一人の幼女が近づいてきたから風船を手渡したら「風船なんかいらないもん(`・ω・´)」と言ってきた。

でも少し経ってから俺のとこに戻ってきて

「やっぱりいる…さっきはごめんね(・ω・`*)」って言ってきたのでなでてあげたwかわいいw

夜中に男が踊り狂う事案

つい先日酔った母親がポロリとこぼしたんだが。
15年前、親父がストレス発散&体型改善のために夜の川原で踊っていたら警察に通報されて、警察に取り囲まれたが全く気づかず川原に向かって一心不乱に踊っていたんだそうだ。
で、後ろから声掛けられてビックリして悲鳴を上げながら川にダイブ。
そしてずぶ濡れのまま事情聴取。

母とその時の警官の一人が知り合いで色々聞けたんだそうだ。

翌朝その事を親父に言ったら顔真っ赤にして寝室にUターン。
50過ぎた大の男が妙な声出しながら布団に頭突っ込んでジタバタするレアな光景を拝めました。
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR