子供を助けようとしたら誘拐犯と間違われて涙目になったが……

241 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 22:58:48.56 ID:ia9KYsou

今日、久しぶりに明るいうちに仕事が終わって
たまにはテイクアウトのピザでも買って帰ろうと思って
住宅街の中にあるピザ屋に寄ろうと歩いていた。

そこは住宅街と言っても道が広いので、
車は滅多に通らない代わりに結構スピード出す車も多い。

そこで3歳ぐらいの女の子が道端にしゃがんで
アスファルトから伸びた雑草を抜いて遊んでた。
母親らしい女の人は4人で輪になっておしゃべりに夢中。
そんな様子が近づいてくるのをなんとなく眺めながら歩いていた。

そしたら女の子が道路の反対側に何か見つけたらしくて
急に立ち上がって駆け出した。
同時に俺の目の端に原チャリが見えたもんだから
危ない!と思ってとっさに女の子を捕まえた。

そしたら輪の中から女の人が血相変えてすっ飛んできて
俺の手から女の子を引きはがしキッ!と睨んできた。

「いや、あの、そうじゃなくて」と焦った俺はしどろもどろ。
「あっち行ってよ!気持ち悪い!早くっ!」とか言われて
他の女の人たちも「きも」「ほんと危ないわね」とかボソボソ言ってた。

俺、自分でもキモメンだと思うけど、
キモメンなりに真っ当に生きてきたつもりなんだ。
母親の目の前で誘拐なんてしねーよ。
□リコンでもねーよ。
ただただ危ないと思っただけなんだ・・・。
犬みたいにシッシッって払われて、俺涙目。

結局晩御飯なにも買わずに帰ってきて卵かけごはん食べた。
まあ美味かったけどさ。



242 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:06:37.31 ID:rZznIQn6

お前はブチ切れていい。
清潔にしてたらそんなに気にしなくてもいいとは言われてるけど、
実際キモ面には生きづらい世の中だよな



243 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:10:02.82 ID:pW8ymT+h

よく助けてくれた



245 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:16:52.92 ID:ia9KYsou

>>242
>>243
レスありがとう。
分かってくれる人がいるだけで
俺、眠れそうだよ。



244 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:15:33.25 ID:N/OONU7z

こんな社会じゃ子供も守れないわな。嘆かわしい限りだ。



246 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:18:33.16 ID:ia9KYsou

244もありがとうな。



247 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/07(金) 23:23:10.49 ID:YdnPvoCs

どう思われたかじゃない。
あなたがどのような行動をしたかが重要なのであり
よく馬鹿な母親達関係なく女の子を助けたね
偉い。

今回は報われなくてもきっと誰かがわかってくれる。
今後も同じ事が起きたら助けてやってくれ。



***

641 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 22:53:23.27 ID:ZLRHXOud

先週の金曜日に子供を助けようとしたら
□リコンの誘拐犯と間違われて涙目になった241だが。

今日仕事の帰りにそこの近くを通ったら、
あの母親が俺を見つけてすっ飛んできた。
で、無茶苦茶頭下げられたよ。

あの時、様子を見てた人がいたみたいで、
俺が去ったあとで事情を聞いたらしいんだ。
謝らなければってずっと気になってたんだって。

そんで、ぐいぐい腕を引っ張られて近くのコンビニの前で
「ここ、動かないでくださいねっ!」って言われて待ってたら
「こんなものでお礼するのも失礼なんですけど、受け取ってください」とか言われて
1万円分のクオカードもらった。

いや、こんなのいいですって断ったんだけど、
娘助けてもらったのに、あんな酷いこと言って、
どうしても受け取ってもらわないと気が済まないとか言われて。
俺、あれからあの道怖くて歩けなくて、遠回りしてたんだけど
それもお見通しで探してたらしい。

なんか分けわかんなくて、
頭真っ白のまま帰宅して、また晩御飯買って帰るの忘れた。
そしてまた卵かけごはん食べた。
卵かけごはんって、どんなときでも美味いのな。
俺、卵だけは冷蔵庫から切らさんようにしとこ。



643 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 23:03:52.45 ID:jgm2X88z

おおっ!!
わかってもらえてよかったね!

これからも何かあったらお礼とか関係なく
そういうことやってあげてね



645 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 23:04:49.31 ID:ZLRHXOud

>>643
ありがとう。
分かってもらえたって、こんなに嬉しいものだと思わなかったよ。
相変わらずキモメンだけど、自信をもって生きていくよ。



646 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 23:05:13.39 ID:Zjzsxd6j

誤解とけてよかったね
卵もあってよかったねw



648 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 23:11:58.68 ID:cKglrmZ/

誤解が解けてよかった
見てくれてた人も良い人だ



649 名前:おさかなくわえた名無しさん2013/06/12(水) 23:13:04.78 ID:T+PlLeV6

こんな時間なのに卵かけごはんが食いたくなったw
スポンサーサイト

前方ダイビングキャッチ

昨日の夕方見かけた光景。 

ドラッグストアの駐車場で、二歳くらいの子が突然ママの手を振りほどいて走り出した。
ママはすぐ捕まえようとしたんだけど、足がもつれて転んだ。 
子供は猛然とダッシュ(なんであの年くらいの子はいきなり走るのか) 
その先には車道、時間的に切れ目なく車が走っている。 
離れたとこで見てた私もヤバいってぞっとした。 
立ち上がったママがギャーって悲鳴あげて猛ダッシュ。 
でも間に合わない……と思った瞬間! 

通りすがりの、いかにもホストっぽいお兄ちゃん(近くに繁華街があるから出勤前だったのか?)が、なんと前方ダイビングキャッチ! 
子供が潰れないように受け身取ってたけど、見たかんじ肩打ってた。 
で、取り乱しつつも泣きながらお礼言うママに「気をつけて」って言って子供渡して、さっさと歩いてった。 
少し離れた所にいた私にも分かるくらいにスーツが汚れちゃってたし、髪も乱れてたけど、あの瞬間のお兄ちゃんは世界で一番かっこよかった。

黒い六連星

引き出物と言えば、高校の時やった超短期アルバイト話。

割りのいいバイトがあるぜと先輩に言われ、俺と他数人は二つ返事で了承。
ブライダルスタッフである先輩がどうして俺たちラグビー部員を誘うのか、いまいち不明だったが特に気にしなかった。力仕事でもあるんだろうと。

当日、チーフっぽい黒木瞳似のおばさんより仕事の説明。何十枚もの人物写真を見せられる。
俺「…何すか?この人達」
瞳「今回の御両家の婚礼を、快く思わない方々です。
もし現れたら……タックルとかで、ヨロシクね!(はあと)」


ホンマに来るとは思わなんだ、18の冬。今となってはいい思い出だ。
ジェットストリームアタックを6人がかりでやったりしたっけな……

式はいわゆる「身内だけで慎ましく」ってやつで、20~30名の小規模なもんだった。 
事情は詳しくは聞かされなかったが、先輩曰く「奪還婚」で、新婦側の親族が強烈に反対してたらしい。 
多分、両家とも結構な資産家だと思う。何故なら撹乱の為か、大部屋を幾つも抑えてたから。 

式が始まって少しすると、高級車に乗ったオッサンオバサン連中が押し掛けて来た。 
ヤクザ…ではないと思う。少なくとも見た目は普通だった。 
「会場はどこだ。通せ」「では招待状を」「我々は親戚の者だ」「お引き取り下さい」 
前半は正規のスタッフがやりあってて、俺達の出番はなかったが後半、どんどん人数が増えて場が混乱してくると、徐々に前線が押し込まれてきた。

俺達の持ち場は会場の扉の真ん前、つまり最終防衛ラインであり終盤は頭に血の昇った連中がどさくさ紛れに切り込んできたが、なんとか死守した。 
一人、若僧がスタッフ用の搬入扉から会場に侵入しかけてたんだが、ギリギリで気づいたラグビー部総員によるジェットストリームアタックをくらいボロ雑巾みたいになってた。

結局、会場は守りきった…が、この話にはオチがあった。 
実はこの式自体、囮としての偽装式で新郎新婦はもちろん親族も偽物。 
本物は遥か遠方で同時刻にしっかり式を挙げていた。 
ちなみに、偽親族の中で唯一新婦の父親だけは本物で、囮役を努める為に娘の結婚に立ち会うことを諦めた、漢の中の漢。
テレビ電話で新婦と話ながら泣き笑いしてた。

以上、高校時代の思い出話でした。

60年以上無事故無違反で表彰されたおじいさん

以前海外で60年以上無事故無違反で表彰されたおじいさんが秘訣を記者に聞かれ
「自分以外の人間はすべて気が狂ってると思いながら運転する」と答えてた
狂ってるから通行人はいつ飛び出してくるか分からないし、いつ前の車が急ブレーキをかけるか
いつ目の前の自転車が斜め横断するか、いつ対向車が合図なしで右折するかもわからないんだ
みたいな気持ちで油断しないで運転するらしい
それ以来シートベルトしめた後に「運転中に見える人間はみんな頭がおかしい」と呟いてから運転するようにしてる

じいちゃんの大切な薔薇が盗まれた

じいちゃんは、定年退職後バラの手入れに第二の人生を見いだした。
朝から晩まで、庭中に置いてある100株以上のバラの鉢の世話に明け暮れている。
時々品評会などにも出品し、好成績をおさめているらしい。
消毒などで近所の人たちにご迷惑をかけることもあるので、じいちゃんはバラが咲いたら惜しげもなくあちこちに切り花として配る。
通りすがりの人がほめただけでも、じいちゃんは花束にしてバラをプレゼントする。
近所の公民館、幼稚園、グループホームなどへも寄贈している。
病院のロビーにも欠かさず届けているので、受付の人や先生ともなじみとなり、じいちゃんは風邪をひいてしんどくなって近所の病院にいくと特別に待ち時間なしにしてもらえたと、嬉しそうに話していた。
じいちゃんのバラは大好評で、地域をあげてじいちゃんを応援してくれる。
窃盗の多い地域だけど、じいちゃんの鉢だけは誰も取って行くことはなかった。
今までは・・・。

じいちゃんはバラの盆栽にはじめて挑戦した。
何年目かの春、あまりに見事に咲いたので、地域の公民館の作品展に出品し、○○公民館祭芸術賞を受賞して、鼻高々だった。
まるでサクラのように古風に咲くバラの花は本当に美しくて、じいちゃんは地域の人にももっと見てもらおうと、玄関先に出しておいた。
月夜の晩には暗闇に凛として、それはそれは美しい花だった。

ある朝じいちゃんが玄関に出ると、鉢はなかった。
はじめて盗まれて、じいちゃんは呆然としていた。
鉢は近所の泥ママが持っていっていた。
泥ママの近所の人がみんなで「この花は○○さんちのじいちゃんが咲かせたものだ」
「なぜじいちゃんとつきあいのない貴女の家にあるのか?」と口々に尋ねたらしい。
泥ママは泣きながらつい魔が差して盗んだことを白状し、近所の世話好きママに連れられてわが家まで謝りにきていた。
じいちゃんは、「その鉢はこの人にあげたものだ」と言い張り、鉢を受け取らなかった。

付き添いのご近所ママが帰ったあと、じいちゃんは泥ママと長い時間話をしていた。
泥ママはお金がないわけではなく、仕事と浮気に夢中で家庭を顧みない夫と、育児疲れでぼろぼろになっていて、美しいバラに目を奪われてしまったと、泣きながら告白したらしい。
じいちゃんは泥ママに改めてバラの鉢をプレゼントし、じいちゃんの庭で一緒にバラの手入れをしようと提案した。
泥ママはその後改心してじいちゃんに師事してバラの育成を学び、泥ママの家はご近所で有名な第二のバラ屋敷となった。
花の咲き乱れる泥ママの屋敷には園芸好きの人たちが出入りするようになり、孤独で引きこもりがちだったかつての泥ママはすっかり明るくなって、浮気ざんまいだったご主人も泥ママのところに無事帰ってきた。
このスレ的には「餌付け乙」ともいえるじいちゃんの行動だったが、餌付け後に責任持って最後まで面倒見られるのなら餌付けもありなのではないかと思った出来事だった。

ヤバ!女の子が襲われてる!?

我が家の裏手は行き止まりの堤防と小さなグランドで日中は通り抜けや散歩の人達も多くて、それなりに賑やかだけど、夜中になると灯りも人通りも殆どなくなります。

十年くらい前、深夜に寝ていたら堤防に乗用車が乗り入れたらしく、派手なドアの開閉音で目が覚めたところ若い女の子の声で「誰か…ムグ(口を塞がれた感じ)」という悲鳴もどきと何人かの男性がグランド横の草むらに誰かを引き摺っていく気配があって
「ヤバ!女の子が襲われてる!?」と旦那と焦ったものの、深夜に助けに飛び出す勇気もなく、だからと言って今から110番ではもう間に合わないかも!という状況で、どうしよう?どうしよう?とアワワ(゜Д゜≡゜Д゜)としながら、ふと勝手口に両面テープで取り付けている開閉チャイムにアラーム音機能もあった事を思い出して、引き剥がしてアラームにスイッチを入れてから草むらに向けて、めくら滅法で放り投げた。

実際問題、その開閉チャイムは数年来スイッチを切ったままで電池が生きているのか、アラーム操作もあやふやな状態だったけど、見事に「パーーピーー!パーーピーー!」と結構な音響で鳴ってくれて男達が慌てて車で逃げていって、彼らが去ったの確かめてから恐る恐る懐中電灯を手に様子を見に行って女の子を保護したよ。

涙でぐちゃぐちゃでガタガタ震えてたが、倒された時の擦り傷程度で無事だった。
友人達との飲み会帰りに、人通りの無い道でいきなり車に押し込まれて押さえ付けられたままここまで運ばれたとかで、警察へ通報を勧めたけど本人が嫌がって彼女の希望を聞いてタクシーを呼んだらそのまま帰っていった。

こっちも狼狽えていたので彼女の名前も住所も聞かずじまいだったが、その子も「改めてお礼に伺います」なんて言いながらそれっきりw
でも、後日に自治会長に顛末を話したら、速攻で堤防に夜間点灯のライトが設置されたので、まぁ良かったかも?(*´ω`*)

母に夫婦円満の秘訣を聞いた

うちの両親はまぁ家族って言う贔屓を抜きにしても仲がいい。
前に一度母に夫婦円満の秘訣を聞いたら、とにかく喋ることだって。
それもどちらか一方じゃなくてお互いに。

自分は特に両親が他人に比べてお喋りだと思ったことはなかったんで意外だった。
むしろ公共の場でのお喋りは他の家よりも厳しく怒られてた気がするし。

でも夫婦二人になるととにかく喋りまくるらしい。
休みの日とかで私や妹が外で遊んで家にいない時なんか、それこそ5~6時間は平気で二人でリビングのテーブルでお喋りしてるとか。

二人が付き合ってた時も、一度遊園地にデートに行って、お昼にフードコートで喋り出したら閉園までずっと喋ってて、これじゃお金のムダだから次からもう大学の空き教室か公園で十分か、ってなるほど楽しく喋りまくってたとか。

そんな話せる話題ってなんなの?って聞くと、覚えてないような本当にくだらない話だって。
(ちなみにこの前はアイロン台の足の耐久度で3時間程度話してたとかw。特に父は熱弁してたらしい)

でも、楽しいんだってさ、そういうの。なーんかいい夫婦だなーって思った

のび太名言集

もう少し上手くなってから練習したほうが…

わかるようになってから勉強しようかな

せまいままで広くできないの!? 

いねむりしながら、おきていられるくすりをだしてくれ 

家をでないで、家出する道具はないかしら

つりなんてひきょうな遊びはきらいなんだ。むじゃきな魚をエサでだましてつりあげるなんて

いっそ川へ身投げしようかと……思ったけど泳げないからやめた

勉強して発明するんだ。勉強しなくても頭のよくなる機械を

なぜだ!! なぜおかしはたべるとなくなるのだ!! 

もしぼくがいなくなったら…。ぼくは絶滅するんだ!!  

わかった! そのぬすんだやつが犯人だ 

この快感をぜひしずちゃんに

いっしょにつくらない?赤ちゃん!

転んだだけなのに地元の防犯に協力してしまった

私はただ転んだだけなのに地元の防犯に協力してしまった、という体験。

社会人になって実家から2つ離れた市にアパートを借り職場まで自転車で通勤していた。
ある日、自転車が走行中に壊れて歩道脇の土手に転げ落ちた。
スリ傷だらけになったが骨は折れておらず、ただスーツはボロボロになりストッキングも破れた。

人通りの少ない県道だったので自力で起き上がり、壊れた自転車を放置することもできず押して帰ることにした。
しばらく歩いていると、強姦されたと勘違いした近くの店のおばちゃんが出て来て警察呼ぶ?お母さん呼ぶ?と労ってくれたがそもそも強姦なんてされてない。
強姦されるような顔じゃない、体型g(ry
壊れた自転車を見た交番のおまわりさんまで登場。
私の横を車で通り過ぎたドライバーが「女の子がひどい恰好で歩いている!」
と通報したらしく探しに来たそうだ、だがそもそもレイp(r

壊れた自転車を説明して納得してもらって帰宅したが、その後、パトロールが強化され強制わいせつ犯が逮捕された。
被害届は出ていなかったが、実はそういう変態がいたらしい。
私は関係ないのに、私の姿を見た人が勝手に誤解し、噂が噂を呼び、地元の実力者みたいな人が県警のえらい人とかに治安が悪くなったとねじこんだそうな。
2年前に仕事を辞めて引っ越したけど、店のおばちゃんには最後までよくしてもらった。
わいせつ犯もいたけど、のんびりしたいい町だったな。

お花の心でお話しましょう

バス停で数人の園児と一緒になる事がある。
私はバス停のベンチに座っていたから子供の会話が聞こえてきた。
その中にひどい言葉を言う子Aがいた。
シネ。ぶっとばす。ばか。お前なんかしらねぇよ。そんなことばっかり言う子だった。
園児の中の一人Bが、Aの肩に手を置いて

B「Aちゃん、ばかって言っちゃダメ。みんな悲しくなるでしょ?言ったひとはもっと悲しくなっちゃうでしょ?だから言ってはだめなのよ」

A「しらぇねぇよ、しねよ。3秒後にしねよ!」

B「Aちゃんは悲しいの?お花の心でお話しましょうってお母さん、いうでしょ?おこってても、一度種からお花が咲くまで待ってからでしょ?」

A「・・・」うつむいてBに抱きつく

B「お花のこころ・・・」Bの肩をぽんぽんしてた。

Bくんはいい家庭に育っているのではないかと思う。
今日から私もお花の心でがんばろう!と素直に思えました。

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR