青森大空襲に遭遇したじーさまの話

372 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2011/11/30(水) 12:22:27.19 ID:???
うちのじーさまの話。
通信用員として青森で勤務中に青森大空襲に遭遇。
これほどの大空襲の経験はなく、戦死も覚悟したところで立ち上がったのは、
東京や大阪などから転属してきた他の将兵。
彼らは普段から、大空襲を戦い抜いたと豪語してたそうで。

「俺たちはもっとデカイ空襲を生き延びた。まかせろ!」と言うので
さぁ、敵機に一矢報いんと思いきや
その東京の将兵ども一目散に逃げる逃げる。

なぜ逃げるのかと聞いたら
「高いところおるんは弾もあたらん、真下に居たら死ぬだけだから、とりあえず逃げてから考える」
「さぁ壕におっては蒸されて人間点心なるぞ!はよ出んか」
「一度落ちた所にゃ、まず二度落ちん。着弾箇所めがけて走れ!」

言われた通り逃げたら隊のほとんどが生き延びたが、釈然とせず、問い詰めたところ。
「生き延びて戦える時に戦う。生存もまた戦い。退き際見誤るは将の恥」
と笑っていたそうな。

祖父は今日までその教えを守り、引き際を極めたギャンブラーになりました。
今でもたまに寿司食わしてくれます。

通信隊はその後、欠員補充のため、
飛来する艦載機を小銃と機銃で迎撃する
無茶な命令を受けて奮闘するも、それはまた別の話。


373 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2011/11/30(水) 12:28:04.07 ID:???
>>372
乙です。
大阪の第八連隊みたいに、都会出身者が多い部隊はそんな感じで合理的だよな。
地方と都会、どっちが良いとかじゃなくそういう雰囲気もいいものだね


376 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 10:12:05.61 ID:???
>>372
別の話もよければ頼む


378 名前:372[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 16:07:42.04 ID:???
なんか需要があったので。

通信兵として青森にいた祖父。
大空襲後も、毎日のように米艦載機が飛来。
対空戦闘要員が足りず、祖父の居た通信隊も防空戦闘に駆り出された。
対空兵装が不足し、部隊に与えられたのは三八式、九九式短、訓練用木銃、あと重機関銃が少し。

戦闘なんかやりたくない通信隊の面々。
身を隠しながら戦いたくても
空襲後の焼け野原に遮蔽物なんてない。

そこで編み出されたある妙案。
内容は背中にトタン板を背負って、艦載機が向かって来たら亀のように丸まって身を隠すもの。
空襲後、周囲もガレキまみれなので、最初のうちは偽装効果抜群だったという。

しかしこの作戦、残念すぎる欠点があった。
・トタンを背負ってると風に煽られてロクに走れない。
・ひっくり返ると自力で起きれない。
・周囲のガレキが片付けられるとかえって目立つ。

周りからはどん亀呼ばわり。

最終的には背負うのではなく、盾のように改造したものの、
艦載機が来なくなって間もなく終戦。


ちなみに、木銃を渡されたのは新兵。
命令は「力の限り敵機を威嚇、罵倒せよ」
竹槍よりひどい。


379 名前:372[sage] 投稿日:2011/12/05(月) 16:18:45.52 ID:???
田舎だからなのか、祖父から聞く話は
帝国陸軍らしからぬギャグ話や怪談ばっか。
八甲田山の亡霊(笑)事件とか、好きな米軍機トーク事件とか、カニ料理で小隊全滅事件とか

でも空襲の話は文献で見聞きする以上に凄惨だった。
スポンサーサイト

俺は電車の中で飲み食いするのは嫌いなんだよ

俺は電車の中で飲み食いするのは嫌いなんだよ。
基本的に「食べる」と言う本能の行動を見られるのが嫌なんだよね。
でも唯一食べた事があった...

ある日、電車で座っていると、7-8歳の女の子を連れた母親が少し辛そうに立っていた。
母親は妊娠中でお腹の子供もだいぶ大きくなっていたようだ。
当たり前だけどそんな母親に俺は席を譲った。
母親は「すみません、助かります。」と席に座った。
女の子が「ママ!良かったね」と言った後に俺に「おにいちゃんありがとう!」って言った。
俺は「どういたしまして。」と答え外の景色を眺めていた。

しばらくすると裾を引っ張られる感触があったので下を見ると、女の子がアメをとりだして「どうぞ。」と俺に渡してくれた。
取り敢えず「ありがとう」と答えてアメを受け取った。
すこし経つと「おにいちゃんアメ食べないの?嫌いなの?」と聞いてきた。
母親が「これ、駄目でしょ。すみません。ご迷惑をかけて」と俺に謝ってきた。
俺は貰ったアメを口に入れて「おいしいよ。ありがとう。」って女の子に向って言うと
女の子は嬉しそうに、そして恥ずかしそうな顔をして母親の膝に顔を埋めて足をバタバタさせていた。
母親も「気を遣って頂きありがとうございます。」とお礼を言ってきた。

あのアメは今までで一番美味しい味がした。

1万円を募金した小学3年生

324 名前:なごみ[sage] 投稿日:2011/12/13(火) 22:25:16.04 ID:AiJE2JLp0
3年ほど前かな?

ユニセフ募金やってた。
で、グループの女の子(小学3年生)が、10000円札入れたの。
みんなが「どうしたの?」
「半年前道で拾った。で、きのう(警察から)返ってきたんだけど、自分のお金じゃないから、募金する」

うるうる来たぜ。

で、その後、道に封筒が落ちてたんで拾った。(それがなんと12月25日)
中には、給与明細。
○○様。12月分(15日勤務)68000円。中に入ってたのは6万円。交番に届けたわ。

先の女の子の話がなかったら、がめてたかもしれない。


325 名前:なごみ[sage] 投稿日:2011/12/13(火) 23:33:55.92 ID:Hv6aPuve0
三年前ということは、もう結果が出てるんだよね?
無事落とし主の手に戻ってた?
ろくまんえん落としたら、自分なら気絶してるかもしれない。


328 名前:なごみ[sage] 投稿日:2011/12/14(水) 16:34:08.83 ID:pcSuefqs0
>>325
二日後に、お礼の電話がありました。(警察が落とし主に教えて良いかって言うんで、良いって言った)
お礼したいって言ってたんだけど、「子供いるか?」って聞いたら「いる」って言うんで、
その子になにか買って上げなさい。って言って電話切った。
何度も何度も「ありがとうございます」って言われたw

現生7万拾った

現生7万拾った。
いや正しく言うと、拾ったのを届けてくれと頼まれた。
宝くじ一等二倍ならたまには夢でも見るか、と出かけのついでに買いに行ったら、売り場の前で知らない兄ちゃんが「コレ落ちてたんですけど」と現金差し出してきた。
私のじゃないですよ、と言ったら、なにやら今から急ぎの用事らしく
「すみませんけどコレ警察に届けてもらえませんか?お願いします!」と走り去ってしまった……

いや待て待て待て待て!お前は私がネコババするとか思わんのか?そもそも財布に入ってるならともかく、現金落ちてたんだよ?そのまま黙って貰っちゃえばいいじゃん!!なんで私に託したの!?
もし私が兄ちゃんだったらネコババしてたかもしれない様な、盗っても仕方ないとか思っちゃう最低な人間なんだよ私は!

もちろんあんな爽やかな兄ちゃんに頭下げられた以上、ちゃんと警察に届けた。
お礼も断って(元々拾ったのは私じゃないし)、持ち主が見つからなかったら被災地に寄付してくださいと言ったら、対応してた警察が被災地出身者だったらしく
涙ぐんで「僕の両親や友達も震災で~この町の人は皆優しい人が~」みたいな事言い出して、なんか凄い良心が痛んだ。
私全然関係ないから……いい人なのはあの兄ちゃんだよ……もうやめてくれ……
こんなに心が荒んだのは久しぶりだよ。
一人クリスマス以上に辛かった。

信心深い和尚と無学な猟師

昔、京都の山寺に、教養もあり、徳も積み、仏教徒としてもきわめて信心深い和尚がいた。
近傍の村人からも、たいそう慕われていた。

そんな村人の中に、一人の猟師がいた。
ある日、その猟師が米を持って和尚の所にやって来た。

和尚曰く。

ここ数日、夜になると、普賢菩薩が象に乗ってやってこられるのじゃ。
これも、長年に渡る修行と黙想の功徳だと思っている。お前も、今夜は寺に泊まり、普賢菩薩を拝むとよい。

猟師は、そんな尊いお姿を拝めるのなら、是非、拝見したいものだ応える。

だが、果たして、自分のような者に普賢菩薩の姿が見えるものかどうか、やや不審に思い、寺の小坊主に訊ねてみた。
すると、その小坊主も、和尚と一緒に、もう六回も象に乗って現れる荘厳なお姿を見たのだいう。

猟師は、小坊主にも見えるのなら、自分も見てもよいと思い、夜を待つことにする。

堂の廊下に和尚と小坊主が坐し、戸外に向かって、熱心に念仏を唱える。
その背後に、猟師も静かに座る。
夜の静寂の中に、普賢菩薩の到来を待つ。

夜の闇が深まった頃、それはついに現れた。
小さな白い光が現れ、近づくにつれ巨大な光の柱となった。
六本の牙のある雲のように白い巨像に乗った普賢菩薩が、眼前にそびえたったのである。
和尚は、その偉容に手を合わせ、一心不乱に念仏を唱える。

するとその時、どうしたことだろう、和尚の後ろにいた猟師が、弓を取って、すっくと立ち上がり、その普賢菩薩像にねらいを定め、ひょうと弓を引いた。
放たれた矢は、菩薩の胸に深々と突き刺さったのである。
その刹那、雷鳴のような轟が走り、光はすっと消え、深い闇と静寂が残るばかりだった。

当然、和尚は烈火の如く怒った。
お前は何という罰当たりなことをするか。
畏れ多くも、普賢菩薩様に弓を引くとは・・・。

猟師はと言えば、落ち着きはらった様子でこんなふうに応えた。

和尚様、どうか、お気を鎮めて、私の話を聞いてください。
和尚様は、長年修行をお積みになり、お経の研究をなさってこられた方なので、そういう方に普賢菩薩のお姿が見えるのは当然です。
でも、この私は、無学な猟師で、生き物を殺めることを生業とする殺生な身の上。
そんな私に、そもそも、普賢菩薩のお姿が見えるはずはないのです。
なのに、私には、その姿がはっきりと見えた。
ということは、あの見えた物は、偽物にちがいない。何かの化け物であり、きっと禍をもたらすものにちがいないと思って、弓を引いたわけです。

日の出になり、和尚と猟師は、その普賢菩薩が現れたあたりに行ってみた。
血だまりができていて、そこから、点々と血痕が山の中に続いていた。
その血痕を追いかけていくと、猟師の矢に射抜かれた大きな狸の死骸が横たわっていた。

ラフカディオ・ハーンは、最後に、こう結んでいる。

「和尚は学問のある信心深い人だったが、狸にやすやすと騙された。ところが、猟師は無学で不信心な男だったが、しっかりとした常識をもっていた。この生来の才知だけで、危険な迷妄を見破るとともに、それをうち砕くことができたのである」

死のうと思って深夜に車で山奥へ行った

死のうと思って深夜に山奥まで車で行って、車の窓にガムテ貼ったりしてたら、車が近づいてきてるのがわかったから咄嗟に隠れてこっそり顔だけ出したら、パトカーと警察官が見えて、どうしようかと思って考えてたら、懐中電灯で顔照らされて、何も言わずにいたら間に合ってよかったと一言だけ警察官に言われ、それでも黙ってたらあったかい缶コーヒーを手渡された。(11月上旬だった)

説教くせえことは言わんよ、そこまで追い詰められたもんに何を言ったって意味がないことくらいわかっとるからな
ただ、それに最後くらい立ち向かってみてからでも遅くないんじゃないか
あんたを追い詰めたものが何かはわからんけど、わしらで解決できることじゃないんだろう?

缶コーヒーを両手で持ったまま俯いて聞いてたら涙が出てきて、そのあとはみっともないくらい鼻水も垂れ流しながら泣いた。
少ししてガムテを取ってる間に、こんな時間にこの道に曲がる車は、だいたいこういうことを考えてるだろうと思って後ろからこっそりついてきたんだとその警察官が教えてくれた。

エンカウンター湾の由来

オーストラリア南部にあるエンカウンター(出会い)湾の名は、当時は殆ど未知の大陸だったオーストラリアへ英仏両国がそれぞれ派遣した探検家、イギリスのフリンダース艦長とフランスのボーダン艦長がここで偶然出会ったことに由来する。

当時はフランス革命戦争・ナポレオン戦争と英仏の争いが絶えなかった時代。互いの船に敵国の旗を見て最初は身構えたが、こんな地の果てまで来てドンパチすることもないやね、そうだねお互い学術調査が目的なんだしね。ということで浜辺にテーブルを置いて食事しながら歓談モードに移行。その後何もなかったように西と東に分かれてそれぞれの航海を続けたという。

外人さん二人に声を掛けられた

以前外回り中に外人さん二人に声を掛けられた。何かと思えば宗教勧誘。
「神様シンジマスカ」「今幸せデスカ」「ワタシタチハ・・・」。
色々こちらの情報を聞き出そうとするのだが、どうにもぎこちなく歯切れが悪い。
必死なのは分かるのだが、多分これでは引っかかる人は皆無だろう。
そしてどことなく元気無さそうなのが気になった。

ちなみに当時仕事は求人の営業。経営者の話を聞き、どのような人物が何人欲しいかということを細部に渡って聞き出すのが必要なため、ヒアリングに関して言えば相当自信があった。
・・・なので、逆にこちら側が色々聞き出した。

名前から年齢、出身国から日本に来ての期間、いつ入信したか入ってみてどうだったか。
兄弟構成から彼女の有無(二人とも男)、帰国予定と今現在抱えている悩み、将来の展望。
最近この宗教に疑問を感じだしたらしい。それは俺に言うべきでは無いと思うんだが、どうも気を許したらしく、いずれは母国に帰り医者になりたいということだった。
最後「話して気が楽になったよ、ありがとう」と感謝された。

頑張れよ、マーカスとステファン。
早く日本食に慣れろよ。

父親がバイク乗り

うち、父子家庭なんだけどさ… 父親がバイク乗りでさ…

高1の時、原付免許こっそり取ったら、なぜか、父親に速攻でバレて、
「バカ! 原付は危ないんだよ! 金貸してやるから中型取ってこい!」
そして、半帽なんて認めないと、アライのジェットを渡される。

バイク3ない運動の高校だったが、
父親は「法律で許可してるもの、高校で禁止するとか意味不明」とバッサリ。
バイト禁止の高校だったが、
父親は「若い頃のバイトは社会勉強だ。採用する側が決めればいい」と鼻で嗤う。

中型取ってZ250FT買おうとウキウキしてたら、
「バカ! ガキは任意保険が高いんだよ! 共済で小型しか許さん!」
任意保険だけの金額聞かされて意気消沈…

発売したばかりのRZ125にしようかな?と考えてたら、
「バカ! ガキが2stなんて維持できるか! 最初は中古の4stオフだ!」
そして、4日後、父親が中古1万kmのXL125Sに乗って帰宅。

その後、教習所費用+XL125S代金の計24万円を月々5千円の48回ローンを父親に支払い続ける。
XL125Sは、その後、6年間乗り続けて10万km達成。

就職が決まってから試験場に通い詰め、5回めで大型限定解除。
初給料が出たその日にゼファー750の購入。
ゼファー納車後、父親に一泊ツーリングをプレゼント。
ZEP750とGS750で修善寺行って、一緒に温泉に入ったっけ。

その後、俺は2000年にGSX1100S(FE)に買い換え、今も乗り続けてる。
父親はGSのパーツも出なくなったし…と、10年前にスカイウェイブ650に乗り換えた。
今も年3度は父親とツーリングに行く。

来年16歳になる俺の息子が
「バイク乗りたい」って言ってくれたらいいなあ。

男子「先生、結局枕詞って何なんですか?」

高校のときの古典の授業中の会話

男子「先生、結局枕詞って何なんですか?」
先生「うーんとな……機動戦士」
男子「ガンダム」
先生「それや」
男子「なるほど!」


つまり魔法少女も美少女戦士も全部枕詞。
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR