オートバイで走りながら泣いた事ありますか?

オートバイで走りながら泣いた事ありますか?

数年前、オートバイが故障したタイミングで仕事の人間関係が拗れて鬱病に。
休職、投薬治療、副作用で布団からでれない日々が続きました。
フラッシュバックと副作用が地獄で、深夜に奇声を発しながら壁殴りしていました。
壁殴りする奴って本当にいるんだなぁ・・・

体に薬がなじみ、精神状態も薬のおかげで落ち着いたように見えるようになった頃。

夏になっていました。
季節感すら無なる日々だったようです。

それでもバイク修理する気力はなく。家族の理解はあれど、居づらい日々。
医者と家族に約束をし「温泉の近くにテント張ってやまごもりしてくるわ」

「一週間に一度は病院に行くのに帰宅する事」
「一日一度、生存報告と現在位置を報告する事」
「薬はまじめに飲む事。薬の影響で眠くなったり心が不安定になったら寝る事」

条件付けて許可を出されると鬱病患者はその通りに動く傾向があります。
例えば「明日は病院に行かないといけないし、今日死ぬと迷惑かけちゃうな」といった具合。

そんなこんなで軽トラの荷台をバイクのリアシートに見立ててパッキング。

昼寝しつつ、ゆっくりゆっくり移動しつつ。
なにせ時間は沢山あるんで、焦る事はありませんでした。

平湯にいって山と温泉の往復、下呂のタダ湯に深夜入浴。
最初は林道の奥でテント張りっぱなしにしておくつもりでしたが日がな一日ラジオと読書と温泉だけでは飽きてしまい・・・。

自重しようと思っていましたが結局軽トラで、普通のツーリングをしてしまっていました。
もちろん道の駅各駅停車で昼寝したり間食しながらですが。

軽トラの荷台にテントを張ると具合が良い事を発見し、結局は道の駅で車中泊?になっていきました。

オートバイの場合、道の駅なんかで寝ていれば誰かしら似たような事をしている人から声がかかります。
そういうノリで突発宴会になる事はとても楽しいのです・・が。
その当時の僕は「帰るまで誰とも話したくない」というめんどくさい心境でしたし、実際話しかけられても避けてきました。

車中泊の人々は他人との関わりを避ける傾向にあるので、なんとか孤独であることを貫けて気が楽でしたが・・
まぁ、軽トラにテント張っている怪しい奴が居れば、好奇心旺盛なオジサンは話しかけてくる訳で。

ある朝、とうとう軽トラの荷台に木造の立派な座敷を作った渓流釣りのオジサンに声をかけられました。

めんどくせぇ・・と、さっさと話を切り上げるつもりでしたが軽トラ車中泊談義が盛り上がり。

いつのまにやら昔みたいに、旅人との出会いを自然に楽しめている自分に気がついたのです。

エレベーターの密室も怖くて乗れなくなったし、人の多い本屋にすら行けなくなった僕が。
電車なんかとんでもない。コンビニ行くのも一苦労だった僕が。
旅先で知らない人と楽しく話している事に気がついたのです。


そんなこんなで病院と山の往復だったのですが八月も終わりのある日、次の通院は2週間後となりました。
通院の間隔が開いてきたという事は、どうやら回復に向かっているようでした。

2週間も予定が開く。思えば日本一周を終えてから連休もなく働いてきたのです。
病気療養中に旅するという後ろめたさはありましたが・・・。

医者には「おまえさんは散々あそんできなさい。おみやげよろしく。」と言われたので堂々と再び旅に出る事にしました。

国道425を完走し、和歌山港から徳島。国道439を走り午後1時。
四国カルストがあんまりにも奇麗。
家族にメールで「ここをキャンプ地とする」という宣言をし。
昼間から砂利駐車場に車を止めて夕焼けを待っていました。

目の前の細い高原の道をパッキングしたバイクが走っていきました。
何台も。何台も。

「オートバイにのりたいなぁ・・・」

一年間、故障したまま、ホコリをかぶった自分の愛車が頭をよぎりました。

四国カルストの道をバイクが一台、また一台走っていくたび再び、オートバイへの気持ちが目を覚ましていくのが解りました。
仕事ごときで疲れて、バイクにも乗らなくなるような生き方を望んだか?

夕日が沈み、星が出て、回りには誰一人もおらず。
叫んでみた。思いっきり。

今まで我慢して、愛想笑いして、頑張ってきた。
ぶん殴りたくなる気持ちを押さえつけて、理不尽に頭を下げる事が社会人だと思ってきた。


我慢するのはもうやめよう。

帰宅して馴染みのバイク屋に部品を頼んで、自室にバイクを引っ張り込んでエンジンを降ろし。
フロントフォークもなにもかも外して修理を始めた。

一週間で僕のオートバイは完璧な状態に戻ってくれた。

薬が効いている自覚はないけれど、どんな影響があるのか解らないからいつもよりゆっくり走る事、いつもより短距離で済ます事、三時間で帰宅する事を胸に刻み家を出た。
ちょうどエンジンも腰上を全部あけたので「ナラシ」という縛りがあって丁度よかったように思える。

ゆっくり大事に、散歩のように走りました。
昔は毎朝通った峠の頂上で事情を知っているバイク繋がりのツレに電話をした。
ツレとはオートバイに乗れなくなってから疎遠になっていましたが。

「オートバイに復帰したよ~。ただいま~」
「おうwwwおかえりwwwww長かったなwwwww」


帰り道。田んぼの真ん中のまっすぐな農道で。
気持ちのいい道です。交通量の少ない夏の田んぼ道。

声を上げて泣きながら走りました。

オートバイに乗っているのがうれしくて仕方が無かったのです。
泣いた後は大声で笑いました。

端から見ると、なんて気持ち悪かった事でしょう。

オートバイと一緒に壊れた僕は、オートバイと一緒に復活しましたという話でした。

ナラシが終わった頃には復職。
仕事もなんとか人並みに回るようになり休日は走り回り、投薬も終わり、通院も終わり。

療養中のフラッシュバックより、断薬のが辛かったのは計算外でしたが・・・。


長文御免。
オートバイっていいよね。
スポンサーサイト

やっと戦争が終わった

祖父が戦争の時に相当な修羅場をくぐり抜け、しかもその事が本になって出版されてたことに衝撃受けた。

祖父が満洲にいたことは知ってたんだが、シベリア行きが確定してしまい友人と逃亡したのは知らなかった。
なんでも2~3日は友人たちと逃亡生活を過ごしたけど、人数いると目立つからということで別れわかれに。
祖父は一週間(祖父の感覚では)ぐらい彷徨い、やっと船に潜り込んで日本に帰国したんだって。
逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯わけてくれたりしたから、祖父は中国には足を向けられないと言っていた。

何より衝撃だったのは、祖父はあまり戦争の事を話さなかったんだけど、話すようになったキッカケが、逃亡中途中で別れわかれになった戦友から、今も元気であるという手紙が先日届いたから。
相手方が長い間かけて、祖父の無事を信じて祖父の消息を探し続けてくれたらしい。
手紙読みながら普段泣かない祖父が、号泣して膝ついたのに驚いた。
祖父が泣きながら「やっと戦争が終わった」と呟いたのが心に残った。
じいちゃん、すげえドラマ。

友人Aは事故で失明、大恋愛で結婚した愛妻も看病の途中癌で急死した

俺の中学時代からの友人にAという男がいる。大学時代に不釣合いなほど可愛い女性と知り合い、大恋愛の末23歳で結婚した。

幸せだったある日、事故に巻き込まれ怪我をして、失明をした。 角膜移植をすれば目はある程度見えるようになるらしいが、同時に別の特殊な手術も必要なことと、 その事故で片腕を無くした精神的なショックからか、角膜移植を拒否していた。

嫁さんは献身的に世話をしていたが、Aは目が見えないもどかしさや突然目を失ったことの怒りを嫁さんにぶつけることしかできず、 たまに俺が見舞いに行くと、嫁に申し訳が無い、早く離婚したい、嫁はまだ若くて可愛いから俺より良い男がいるはずだ、と泣いていた。

Aは一旦退院し、リハビリ通院を続けていた。 そんなある日、また別の不幸がAを襲った。
Aの嫁が仕事から帰る途中倒れ、病院に運ばれたのだ。 検査結果、リンパに癌があることがわかった。 即手術をすることになったが、その日から逆にAが嫁の身の回りの世話をするようになった。

目が見えないながらも、看護婦さんや介助の人に手伝ってもらい、なんとかこなしていたらしい。 俺はちょうど仕事の山場でなかなか見舞いにいけなかったが、嫁さんの手術が終わってしばらくしてから一度見舞いにいった。 すると、そのベッドには昔の見る影もないほど輪郭の崩れた嫁さんがいた。

どうもリンパの手術の後、物を食べることができず首や頬あたりの筋肉を一切使わなかったため弛んでしまったらしい。 ブルドックのように垂れた頬と異様に太った首。 顔に出していないつもりでも、俺の驚きに気づいたのか嫁さんは「いっきに100歳くらいのおばあちゃんになったみたいで、恥ずかしい」と笑ってみせた。

「でも、Aクンに見られてないからいいの。不謹慎かもしれないけど、Aクンの目が見えなくて良かったって思うの。 もし、私が死んでもAクンのなかではキレイなころの私をずっと覚えていてもらえるから」 笑いながら、でも、眼の端にうっすら涙をうかべながら彼女はそういった。

このとき、俺は知らされなかったが、癌が他にも転移していて、もう手の施しようがない状態だったらしい。 数ヶ月後、彼女は病院でAに看取られながらこの世を去った。

彼女は生前、医者と相談しもし自分が死んだら角膜を旦那に移植して欲しい、と言い残していた。 Aは悩んだ。 悩みに悩んだ末、移植を拒否した。 通夜の日、ひさびさに酔っ払ったAの隣に俺はいた。 Aは涙をぽろぽろこぼしながら「嫁さんの気持ちもわかるんだ。痛いほどわかるんだ。 でも、あれだけ迷惑をかけた嫁の目を貰うわけにいかないんだよ。 それにな・・・何より、嫁の顔に傷をつけたくないんだよ。

知ってるか?眼を取ったあと、義眼をいれるんだよ。 ニセモノの眼であいつあの世でどうやって生活するんだよ。 眼が見えないのは俺だけで充分だよ。 嫁にはこれ以上苦労をかけられないんだよ・・・」 何度も繰り返しそう言っていた。

それから数年たち、Aは別の人から角膜移植をうけ、視力は一応回復していた。 今年の春も、二人で桜を見ながら酒を飲んでいた。 そして「あの時、嫁さんの目をもらっていれば、この景色は嫁さんにも見えていたんだろうかなぁ・・」とつぶやいていた。 「未だにあの時の選択が正しかったのか、間違っていたのかわからない」と。

大人になったのに、又親を泣かせてしまった虚弱体質な俺。

半年前からずっと太ももの付け根が痛かった。
しかし仕事が忙しく、ようやく病院にいって検査したら、 
「骨に腫瘍があるね」そう言われた。 
レントゲンを見たら股関節の部分に腫瘍があるのが、はっきりわかった。
あんまりにもそれが大きいのを見て「こりゃ助からないな」と直感した。
そのくせ「ふーん、そうですか」とあっさりした台詞しか言えず、なんでこんなに冷静なのか、どうして取り乱したりしないのか不思議だった。

そのとき俺は「死ぬ」ってことを受け入れてしまっていた。
とにかく緊急手術が必要、と診断されたから、家に連絡の電話をした。
そして事情を淡々と話していたら母親が泣きだした。
「なんであんたみたいないい子が。あたしが変わりたい」ってめちゃくちゃに泣きながら言われて、絶句した。

代わった父親も「嘘つくな!」って怒鳴りながら泣いているのがわかった。
そのとき、ようやく俺も泣いた。泣くことができた。
死ぬことが嫌で泣いたんじゃなくて、親を泣かせたことが情けなくて泣いた。

昔から体が弱くて、喘息の発作をしょっちゅう起こしていた俺を抱えて病院に駆け込んでくれたこと。
アレルギーがひどい俺のために、いちいち別に料理を作ってくれたこと。
気弱なせいで俺がいじめられていたと知ったときに学校に怒鳴り込んでくれたこと。
いつも俺を抱きしめて「かわいそう、かわいそう」と泣いてくれたこと。

ずっと感謝してきた。だから俺もできることは何でもやって、早く元気になろうって思ったから、高校くらいからは風邪一つひかない体になった。
「人間健康がいちばん」と笑顔で言う両親を見ると親孝行してるような気持ちになって、
訳もなくうれしかった。

なのにまた泣かせることになった。もう子どもじゃないのに泣かせてしまったことが悲しくてたまらなくなって、顔をグシャグシャにして、
「ごめん」って謝りながらボロボロ泣いた。

そのあと病院に両親がやってきて、みんなでまた泣いた。
「死にたくないよ」って泣く俺を、父と母は泣きながら抱きしめてくれた。
その時これ以上泣かせたくないと思った。ようやく「死にたくない」って心の底から思えた。

手術は半日かかった。治療やリハビリは何度も投げ出したくなった。
でも親を泣かせる辛さやみじめさよりは、マシだと思ったから歯を食いしばれた。
そして、この間「もう再発の危険はない」と言われた。仕事にも復帰したし、脚も前みたいには動かないけど、軽い運動ならできるくらいまで回復した。

一人じゃ頑張れなかった。
親がいてくれたから、まだ生きることを神様に許してもらえた、そう思う。

ありがとう。

彼女の指輪

友人Aとその彼女。 
その友人が結婚することになり、結納も済ませ結婚式の日取りも決まったある日。 
友人から彼女が亡くなったと連絡が来た。 
俺にはなにを言っているのか、理解できずしばらく放心。 

他の友人達とも連絡をとり、葬儀に参列したんだけどもAはずっと号泣しっぱなし、立つこともできず側にいる人に支えられてた。
彼女が出棺され、いよいよ最後の別れってときになり 
「最後に顔を見てやってください」と彼女の親が言い棺があけられた。 
そのとき、Aが「全部開けてくれ」とでかい紙袋もって彼女の側に来た。 
紙袋から出てきたのはウェディングドレス。 
Aは彼女にウエディングドレスを着せてあげました。 

もちろん本当に着せることはできないので乗せただけでしたが、二人でつけるはずだった指輪を自分と彼女の指につけ、ドレスの上に一枚の紙。半分だけかかれた婚姻届。
Aは参列者全員に向かって
「結婚式はできなかったけど、今ここにいる人たちが僕たちの結婚を証明してくれる。俺の妻はこいつしかいません」
と言って泣き崩れました。
その場にいた参列者もドレスを着た彼女を見て号泣してた。俺も。

お骨を拾うとき、一緒に見慣れない物が混じってました。
丸いボールのような金属物。
彼女は生まれつき骨に障害があったらしくその金属物は彼女の関節だったと。
なんども手術受けていたということでした。
何度もAとその彼女には会っていましたが、まったくわからず病気であることすら俺は知らなかった。
Aは手で彼女の遺骨を壺に入れていたのですが、ハッとした顔でどこかにいきました。
しばらくして戻ってきたのですが、Aの指には自分の指輪と真っ黒に焼けた彼女の指輪がつけられてた。
彼女を偲んで、みんな集まった席で彼女の親が
「あの子、自分はいつ死ぬかわからないから結婚は絶対にしないって言ってたのにA君と会ってから、それでもいいって言ってくれたAくんに本当に感謝してた」
「私も結婚して幸せになれるってはしゃいでたのに、安心しちゃったのかねぇ・・・」
Aは泣いてましたが
「約束したんです。彼女としか結婚しないって。大丈夫です。必ず幸せにしますから。」
って彼女の両親の前で言ってた。

そのA今も独身のままで、彼の部屋には彼女の写真と指輪が二つずっとおいてある。

俺には絶対に忘れることのできない記憶。

産まれてきた子供のある臓器に異常が

ここ最近いろいろあった。産まれてきた子供のある臓器に異常があり、このままだと命に関わり、手術をするしかないこと。
出産翌日に、いきなり医者からそう説明された。子供が産まれた喜びを感じる間なんてなかった。子供の世話をしても、
子供の病気のことが常に頭から離れず、この頃は嫁と喧嘩ばかりしてた。
手術は成功した。出産で疲労困憊した体に鞭打って、嫁は入院している子供の世話を本当によく頑張った。
子供も無事に回復してきて、やっと親子仲良く暮らせると思ったときに、今度は俺。

風邪引いて病院に行ったところ、いきなり心臓に異常発見orz。自覚症状無しの重症。このままだと命に関わり、手術をするしかないといわれる。手術しないと余命1~2年くらいだが、幸い手遅れではないとも言われた。
打ちひしがれて帰宅し、嫁に事情説明。嫁もへこむかと思ったら、

嫁「手遅れになる前に見つかったんだよね。ラッキーじゃん。きっと手術は成功するよ、大丈夫!」
と励まされる。で、手術は成功して、胸に縦30センチくらいのキズは残ったけど、俺は生きてます。
子供も、今後長期間での経過観察は必要だけど、今では本当に元気な子です。
前振り長いけど、子供と俺を支えてくれた嫁に、心からの感謝を込めて「愛してる」と言ってみた。

子供を寝かしつけた夜。

俺:「あー。ちょっと話があるんだけど。座ってくれる?」
嫁:「何?改まった話?」
俺:「まぁ、とりあえず座れ。」
嫁:(嫁座る。)
俺:「まぁ・・・その・・・なんだ」
嫁:「なんか泣いてない?手術怖かったんだよね~(茶化す)」
俺:「んなこたーない。」(立ち上がって嫁を背中から抱きしめる)
俺:「今まで苦労ばかりかけてごめん。今まで俺と一緒にいてくれて本当にありがとう。俺はこれからも、ずっとずっとお前と一緒にいたい。一緒にいさせてほしい。前よりも今の方がずっとずっと大好きだ。心の底から愛してる。」
嫁:「・・・」
 
すごく優しい目で見られて、優しく抱きしめてくれて、優しく何度もキスされた。
その後も、しばらく抱き合ってた。相手のことを本当に愛おしく思える、とても幸せな時間だった。
言葉では返してくれなかったけど、お互い気持ちが通じ合っていることがわかって、本当に嬉しかった。

これからも色々喧嘩したりするだろうけど、このとき感じた気持ちを忘れずに嫁と子供と人生歩んでいこうと思う。

海上自衛隊の第一術科学校

江田島にある、海上自衛隊の第一術科学校には「教育参考館」と言う施設がある。
ここには山本元帥や東郷元帥、ネルソン提督、旧海軍縁の品々が展示されているんだが、ここでの体験談。

夏の昼下がり、ここには観光客も訪れるんだが、施設が施設だけに見学時間や時期によっては全く人が居ないことがある。
俺は自衛官だったから案内も着かず、同期と二人で見学してた。
ある部屋を見て廻っていたとき、背後から黒い袖をした誰かに袖口を引かれた。
思わず振り向いたら、夏ばなのに黒い冬制服姿の男が次の展示室に入っていくところで、不思議に思って後を追ったんだけど、無人…

周りを見回して納得したね。
そこは特攻隊員の遺書の部屋だったんだよ。

他にも沢山このての経験はあるし、体験談も聞いたけど、恐怖心は無いね。
英霊と言っても、先輩後輩の仲だしな。

僕にはお母さんが二人います

息子は旦那の連れ子で、息子が小学生の時に自分が生まれた時のエピソードを親に聞いたり感想を書く宿題が出た。その時に、

僕にはお母さんが二人います。
生んでくれたお母さんの顔も声も知りません。
今のお母さんにこの宿題を見せるのは嫌です。
お母さんが悲しむような気がするからです。
でも今のお母さんと一緒に住むようになってからは沢山の思い出があります。
生まれた時のことはわからないけど、お母さんが一番大好きです

って書いてくれたんだよね。
今反抗期真っ只中で、これを見せたら何言うかわからないけど本当に嬉しかった。
いつ読んでも涙が出てくる。

ミ○ドのスクラッチカードをくれた

生まれつき身体が弱く、ちょっとの発熱でも、小児科医療先端の大きい病院へ受診しなければならなかった。
調子がよくても月に何回か定期検査があった。

父は働き盛り。その為バス、電車を乗り継ぎ、片道2時間弱の母と二人の通院。(母免許なし)

検査につぐ検査で、私は嫌がり、痛い、もう行きたくない、とどうしようもない子だった。

その日は検査が長引き、夕方すぎに病院最寄りのバス停へ。
バスがあまりこない時間帯で、くたくたで近くのミ○ドへ。

当時ミ○ドではスクラッチカードの点数を集め景品がもらえた。
何故かその時の景品がどうしても欲しかった私。だだをこねた。

それに加えて今日も痛かった、病院なんてもう嫌、なんで自分ばっかり、と母を余計に困らせていた。

まばらな店内、近くにいたご老人の方が、あと何点足りないのかな?小さいのに注射頑張ってえらかったね!
とスクラッチカードをくれた。

するとまた違うおばさんたちも、すでにカードを集めてくれていた。

採血だらけで腫れ上がった私の腕を撫でて、頑張ったね頑張ったね!て褒めてくれた。

点数はすぐに集まり、カウンターで景品と取り替えた。
母は周囲へずっと頭を下げ、お礼を行っていた。

たまに出先で福引きなんかを見かけると、母は嬉しそうに20年前のこの話をする。

なるべく福引き券は、ちょっと枚数がたりない人に声かけて譲っています。

ママのおもちゃ、投げたりしてごめんなさい…

3歳の娘が、週末の公民館での開放プールを楽しみにしてる。
プールは一人に一つ玩具持ち込みOKなので私も娘に玩具を…
ケチなのもあるがプールの為だけに買うのも何だしなぁと、家にある小さいペットボトルで、いわゆるゴミ玩具を作った。
ゴミ玩具とはいえ私なりに手をかけ、ビーズを中に入れたりして可愛らしく作った。
娘もとても気に入った様で、お風呂でもそれで遊んでいた。
で週末プールにそれを持っていった娘、楽しく遊んでいたのにどこぞのギャルママに
『何それ?手作り?ダサいね~、あんたのママ買ってくれないの?ダサイダサイ…』
と言われ。娘はキョトン…。しかもそのギャルママの子までが、ダサイダサイ騒ぎだした。

娘は無視して私の方にやって来たが、その子がついてきて、ダサイダサイ連呼。
娘は半泣きになって、自分の玩具をプールの外に投げ出してしまった。
娘はその日、今まで無い位におとなしくなって、何も話したがらなかった。
私は少々心が痛かったが『新しい玩具買いにいく?』と聞いた。
しかし娘は無言で、首を横にふった。

そして夜、娘が『ママのおもちゃ、投げたりしてごめんなさい…また遊んでいい?』と言った。
嬉しかった。
プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR