パパ、ランドセルってどこに売ってるの?

今は中3の長女が小学校に上がる前の話。

我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と道路を隔てたところにある。
団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ遊びに行っていた。

嫁に言わせるとある日から小学校2~3年ぐらいと幼稚園と思われる姉妹が遊びに来るようになった。
物怖じしない性格の長女は姉妹が気になったのかガンガン話しかけたらしい。

姉妹の妹は長女と同じ年だったから次第に仲良くなったが、姉の方は全く打ち解けなかったらしい。
嫁が道路ですれ違い、声をかけても無視されたと言っていた。

そんなある土曜日、嫁は幼稚園の謝恩会の打合せだと朝から不在、子供を遊ばせ、テレビを見ているとピンポ~ンとチャイムが鳴った。

子供が出てみるとなにやら話し声。出てみるとその姉妹だった。
うちの長女がいきなりこう聞いてきた「パパ、ランドセルってどこに売ってるの?」と。

そりゃ、デパートとかさそういうところだよと答えると姉妹に「デパートだって」と伝えた。
何の話だ?と聞くと姉妹の妹が再来週には小学校入学なのにランドセルが無いのだそうだ。
それを親に話したら、買って来いといわれ、3万円を渡されたそうだ。

これから二人で行くのか?とオレが聞くと二人で黙ってコクリとうなずいた。
ちょっと待てよ、小学校入学なんて一大事を姉妹二人で何とかしろなんて・・・と思いが沸き起こり、おじさんがついていこうか?と聞いた。
すると我が家の長女がそれが良いよと言い出した。
姉妹の姉は大丈夫です、二人で行けますというが、3万円握り締めているのを見たら、もう切なかった。

結局、我が家の子供二人と姉妹を連れて、近所のイトー○ー○ドーへ。

赤いランドセルを購入し、帰りにマックへ行ったが、姉妹の姉は一度もニコリともしなかった。
家へ戻ると最後に小さな声で「ありがとうございました」と言って、走り去っていった。

夕方、嫁が帰ってきたので、その話をした。
すると嫁が「それでパパ、そのまま帰したの?」と聞いてきた。
「そうだけど」と答えると「これだから無神経は困る、小学校に入る準備は大変なんだ」
と説教をされた。

次の日、子供を連れて嫁が姉妹の家を訪ねた。
すると、やはりランドセル以外は何も準備が出来ていなかったらしい。
嫁がパパ、世の中には困った時にはお互い様という言葉があるよねと聞いてきた、あぁ、あるねと言うと嫁がニヤついたのを今でも覚えている。

すると、嫁は一人も二人も一緒とウチの長女と姉妹の妹の分の二人分の入学準備をした。
上履きだの手提げ袋だの、結構出費したみたい。
いざとなれば、パパのお小遣いから引くんだからとあまり気にせずやったらしい。

入学式当日、長女と姉妹の妹は二人手を繋いで小学校の門をくぐった。
その日の晩、ピンポ~ンと不意の来客。
嫁がなにやら話していると思うと、パパちょっと来てと。呼ばれるままに出て行くと作業着を着た男性と姉妹がそこにいた。
男性は姉妹の父親かと思ったが、違った。おじさんに当たると言う。
ざっくり聞くと男性は姉妹の母親の弟になるという。
姉妹の両親は父親と母親が相次いで病死。
引取先が無かったので自分が引取ったが、仕事が現場ばかりで家に戻れなかったと。

封筒を出して、すいません、お世話になりましたと言う。
おや、これは!と思うと嫁がピシャリ!
こんなことしてもらうようなことはしてません、最低限のことをしただけですと言って断った。

帰りしな、長女がご飯食べに来なよ、パパがさ、仕事とかウソついてお酒飲んで帰ってくるからいっつもパパの分だけ余るんだよ、捨てちゃうのもったいないからさと話し掛けた。
それからは姉妹の姉も道ですれ違うと挨拶するようになった。
オレが家に帰ると5割ぐらいの確率で姉妹がウチで夕飯食べてた。

そんなことが3年程続いたある日、家に帰ると長女と3歳違いの長男が今日はお姉ちゃん荒れてるよと言う。

なんで?と思うと泣きながら何かを叫んでいる。
嫁がそんなこと言っても仕方ないでしょ?となだめているが、一向に収まらない。

嫁に近づき、あの絶叫の原因は何だ?と聞くと姉妹が引っ越すというだ。
おじさんが結婚が決まり、姉妹が居ても良いという相手だそうでその人と暮らすために引っ越すのだという。

今まで本当に姉妹のように暮らしていたので寂しかったのだろう。長女の悲しみや寂しさは人一倍だったと思う。

引越しの日の朝、おじさんと姉妹が挨拶にやってきた。
姉妹から我が家の家族4人それぞれ宛に手紙をもらった。

後で読んでねと言われたので姉妹が出て行ってから読むことにした。

手紙を読んで涙した。

生まれて初めてお父さんとお母さんが居るような気がしました
うれしかった、一生忘れません、
大きくなってお嫁さんになる時は絶対来て下さいと
書いてあった。

子供にパパ泣いているとからかわれたが嫁も人目をはばからず号泣していた。

姉妹の姉は高校3年生、妹は中学3年生。
姉の方は推薦で大学に入るそうだ。
奨学金ももらえると喜びの電話が昨日あった。
妹は長女と同じ高校に行こうと約束しているらしいが、ウチの長女の方が出来が良くないらしい。
スポンサーサイト

郵便局の駐車場が雪だらけだった

郵便局にバイクで行ったら、道は平気だったけど郵便局の駐車場が雪だらけで、何とか停めたけどすげえ怖かった。
俺だけじゃなくチャリの婆さんも困ってたので手伝ってあげた。

ふと見たら、配達車や赤カブの置き場はきちんと雪かきしてある。
これはいかんだろと思った。だから受付の人にやんわりと言った。

用事済ませて帰ろうとしたら、おっさんと若いの二人で駐車場の雪かきしてたので、俺もスコップ借りて3人で雪かきしながら途中でふざけてゲラゲラ笑ってたら、偉そうな人が出てきて怒られた。3人とも。
偉そうな人は、怒ってる最中で俺の顔見て一瞬「こいつ誰だ」って顔したので、絶対気づいたと思うが、最後までトーン下げずに押し切って去っていった。

帰りに立ちゴケした。

高校生の時から十年以上年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。
ありきたりな感じの干支の印刷に差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言
「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめでとう!私も頑張るよ!」とか添えてある。

ただ、私はその相手の事を全くと言っていいくらい知らない。
中学の時に同じクラスだった事はあったが高校は別だし、多分中学でも話した事無かったと思う。
不思議なのが、「彼氏と仲良くね!」の時に私に彼氏がいた、
「合格おめでとう!」の時、私がある資格試験に受かっていた、という点。
適当に書いたにしては、私の私生活と妙に合致する。

更に不思議な点、というか不思議通り越して怖いのが、私は大学入学時に実家を出て他県で一人暮らしだったのに、大学生の間はその年賀状が、実家ではなく一人暮らしのアパートの部屋に届いていた点。

これが異性からなら警察にも行っただろうけど、女が女に年賀状送りつけるくらいの事で警察はなあ……と今まで放っている。返事も出してない。
他に何か実害があるわけでもなく。

ちなみに中学の同窓会に行った時、本人が見当たらないので周りに聞いたら、本人と同じ高校に行った中の数名が辛うじて名前と顔を覚えていたくらいで、高校の後の動向は誰も知らなかった。

暗い路地で、若い女性が変なオッサンに絡まれてた

会社の帰り、暗い路地で、若い女の人が変なオッサンに絡まれてた。
おっかなかったけど放置できないから「ちょっと…何してるの」と近寄って声掛けたら「んだぁゴルァア!」っと怒鳴られた。
はいすいませんと言ってダッシュで逃げたくなったが、女の人は涙目でこっちを見てるし
「いやあのね…ダメよそういう事しちゃ」とガクブルしながら言ったら
「うっせー!」とか何とか喚きながら腕を振り回して向かって来た。
ヒエエ!と思い、咄嗟に身を庇おうとした所、足が変な具合に、絡まるようにおっさんの足に当たっておっさんスコーン♪と、マンガみたいに転んで電柱に頭ゴン★
うお~~とか唸って頭押さえてるのを尻目に、女の人の手握って走って逃げた。

そのまま駅前まで2人で手繋いで戻り、駅前交番に駆け込んだ。
最近あの辺に変質者が出没すると、通報を複数件受けていたそうで多分そいつだ!ってな事で、おまわりさん達は張り切って出掛けて行った。
まあ、スーッとするってほどじゃないけど、私にはかなりの武勇伝かな。
当方、30代前半のオバサンですし。

日本が戦争に巻き込まれたらどうしますか?

「ロシアがせめてきたら?」
陸自「戦車でひき殺す」
「中国がせめてきたら?」
陸自「ブローニング単射でヘッドショット」
「韓国がせめてきたら?」
空海「上陸すらさせない」

「日本が戦争に巻き込まれたらどうしますか?」
屈強な在日米軍「アキバは我々が死守する」(大真面目)

実話です

軽自動車だから軽油でOKだと思ってたってバカ

48 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/12/02(金) 11:44:22.24 ID:5UwcU5Rv0
>>9
軽自動車だから軽油でOKだと思ってたってバカがいた


69 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/12/02(金) 11:48:37.89 ID:PNCXUJAM0
>>48
合ってるよ。

普通自動車…レギュラー
軽自動車…軽油
ハイブリッド車…ハイオク
重機…重油


77 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/12/02(金) 11:50:51.11 ID:MoS0fLYk0
>>69
忘れてるぞ

原付…原油

私の暗記方法

私の暗記方法

安易でも強引でもいいので語呂合わせをたくさん作る。
さらに、覚えにくい横文字は気持ち悪い絵にして覚える。
するとそのうち、絵にしなくてもぱっと頭で思い浮かべられるようになる。

例えば世界史の「ディオクレティアヌス」って人物を覚える時は、
「出遅れたせいでお尻に何か刺さってる人」を描く。
同様に「テオドシウス」は「手に何かしらの怖い模様を書いてやたら脅してくる人」を描く。

そこから始まって、例えば「ディオクレティアヌス」が「専制君主制」を始めたなら、
「出遅れたせいでお尻に何か刺さってる人」が教壇に立ってくしゃみをしている絵を描く。
こうして文にすると本当にひどいけど、自分にだけ分かればいい。
ただあくまでも勉強のためのイメージ作りなので、絵に時間を割きすぎちゃうぐらいなら
他の勉強法を試すべきかも。

ちなみに、世界史だと最初の方は「お尻に何か刺さってる人」ラッシュ。
例えば「ユスティニアヌス(すごく甘ったるい声で『揺すってね?』を連発する
お尻に何か刺さってる人)」とかもそう。ここは一人一人根気よくお尻に刺していこう。

ごめん、至極真面目に書いたつもりだけどもっと全うな答えもあったはずなので

春には二重の桜が咲く

夕方過ぎくらいに結構ご高齢なおばあちゃんと中学生か高校生くらいの男の子が歩いてたんだ。
おばあちゃんは片手に杖、もう一方の手はお孫さんとがっちり手を繋いでいた。
仲いいなーとちょっと和んでいたらすれ違いざまに会話が聞こえてきた。

祖母「もうすぐ受験だけどこんなこと(多分散歩の事)してていいの?」

孫「ちゃんと勉強してるし気分転換にちょうどいいからいいの」

祖母「そうなの?」

孫「俺おばーちゃんと散歩するの好きだからおばーちゃんは気にしちゃダメ。春になったら一緒に桜見に行こうね(近所の川沿いに綺麗な桜並木がある)」

思わず振り返ったら孫が自分のマフラーおばあちゃんにかけてあげてて、孫のいい子っぷりに仕事の疲れが吹っ飛ぶくらいになごんだ。

いつの間にか私の訃報が広がってた

いつの間にか私の訃報が広がってたことをさっき知った。

ちょっと前に同じ町内で歳の近い方が不幸な亡くなり方をして、葬儀は家族だけでひっそり行ったことは知ってたけど、その方と私が同じ名字(町でかなり多い姓)、似たような職業(私が黒猫社員なら向こうは飛脚社員みたいな同業他社)だったことから勘違いされて、同級生の一人が
「名無しさん亡くなったんだってよ」と親類から聞かされお悔やみ行っていいものかどうか…と話し合いが持たれていたそう。

今さっき、コピーとるためにコンビニに行ったら、中学の同級生と鉢合わせて本当に((((゜д゜;))))って顔された。

「な、名無し、さん?」
「そうだよ」
「え、あ、足…生きてる?死んでない?」

いや死んでないよ人違いだよ!とこっちもびっくりしたし、連絡してきた子には訂正メールを回すようにお願いして帰ってきたけど。

今帰宅して気付いた。
喋ることに忙しくてコピー機に鉛筆画(18禁)の原本忘れてきてる…orz
今からもう一回コンビニ行ってくるけど店員気付かないでー!

一単語の英語に訳すことができない語

ドイツ語のSchadenfreudeは「他人の不幸に喜びを感じること」という意味で

一単語の英語に訳すことができない語としてよく引用されるが

近年日本語では「めしうま」という言葉が人口に膾炙したことによって直訳が可能になった

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
どこかで見たことのある話を載せていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
FCオンライン
現在の閲覧者数:
MMOタロット占い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR